牧歌的!山の辺の道ウォーク

2009/06/21
天理から、石上神宮を通って桜井市の大神神社に至る道は「山の辺の道」と言って、日本最古の道と言われています。およそ15kmの道には、古墳群や古刹、農地などが並び、昔からそれほど変わらぬ景色を楽しむことができます。

山の辺の道11遠景


石上神宮への参拝が想像よりもすぐに終わったことで、すぐに帰宅するのは惜しいと感じました。この日の天気予報は午後から雨でしたが、空を見上げると薄曇り。手元には天理駅でピックアップした「山の辺の道」の地図。天気予報を気にしておそらく誰も歩いていないであろうという予感もあって、行けるところまで歩いてみようと思い立ちました。

午後1時10分すぎ、石上神宮を出発しました。
山の辺の道1石上神宮


道端には歌碑があります。山の辺の道は、万葉集ゆかりの地であることがよくわかります。
山の辺の道2歌碑


農地の間を歩くところも。
山の辺の道3農地


やがて、夜都伎(よとぎ)神社に着きます。常駐の神職がいるわけではなく、ひっそりとしていました。
山の辺の道4夜都伎神社


全行程中、最も華やかだったところが、こちら。
山の辺の道5沿道の花


途中、山の辺の道を外れて、大和(おおやまと)神社へ行きました。692年、持統天皇が藤原京造営のときに、伊勢・住吉・紀伊の神とともに、伺いを立てたという、国家との関わりの深い神社です。参道からして立派な雰囲気。14時15分でした。
大和神社参道


こちらは、大和神社の拝殿。
大和神社拝殿


山の辺の道に戻ると、ここからは古墳が現れるようになりました。古墳の群集地帯らしく、緑が生い茂ってこんもりと小高い山はことごとく古墳でした。これは衾田(ふすまだ)陵。全長230mの前方後円墳です。
山の辺の道6衾田陵正面


山の辺の道7衾田陵


こちらは、燈籠山古墳。
山の辺の道8燈籠山古墳


つづいて、長岳寺(ちょうがくじ)。824年に創建された古刹で、平安初期に作られた鐘楼門は、重要文化財に指定されています。15時33分到着。
山の辺の道9長岳寺鐘楼門


これは長岳寺本堂
山の辺の道10長岳寺本堂


ラストスパートは、古墳ラッシュです、

まずは崇神天皇陵。
山の辺の道12崇神天皇陵


景行天皇陵。よくこれだけ前方後円墳がきれいに集まったものです。
山の辺の道13景行天皇陵


額田王の歌碑。「三輪山を しかも隠すか 雲だにも 情あらなむ 隠さふべしや」と読みます。三輪山の美しさをたたえる歌です。
山の辺の道14額田王の歌碑


この先の道を最後に、山の辺の道ウォークを終了しました。16時46分。最後は、足が結構しんどくなりました。天気予報では雨でしたが、幸運なことに最後には晴れ間さえ見えました。

山の辺の道は、文字通り山のすそを歩く道で、緑の中やアスファルト、古刹に古墳と、バリエーション豊かな景色を楽しみながらも、どこか牧歌的でした。古墳時代以降の時の流れに想いをはせて、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

山の辺の道15眺め

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

鶏は神の使者!?@奈良・石上神宮

2009/06/21
日本で最も古い神社のひとつと言われる、石上(いそのかみ)神宮。今まで行こうと思いながらも、なかなか機会がありませんでした。この神社のもつ歴史的な深みが感じられるのか、たまたま時間のできたこの日、行ってみることにしました。

石上神宮は天理駅から徒歩30分。公共交通機関を利用する場合、奈良交通のバスで「石上神宮前」で降りればいいわけですが、事前に調べてみたところ、日曜日に運行しているバス便は、なんとお昼の12時10分に出発する一本のみ! あと、楽をするなら、タクシーで行くしかありませんが、あえてバスの時間に合わせて向かいました。

バスを降りてから5分ほど歩いた鬱蒼とした森のなかに石上神宮はありました。雰囲気がありますね。
石上神宮1


上賀茂神社を狭くしたような境内に、鶏の鳴き声が響きます。春日大社にとっての鹿と同じように、神の使いとして放し飼いにされているようです。
石上神宮の鶏1


石上神宮の鶏2


こちらは楼門。国の重要文化財に指定されています。
石上神宮楼門


ここをくぐると、拝殿が現れます。拝殿の背後は禁足地になっていて、主祭神である神剣布都御魂(ふつのみたま)が埋められてきました。明治7年に、ご神体が掘り起こされて、大正2年に本殿が造営されました。ひっそりとした空気に包まれています。
石上神宮拝殿


楼門の正面の階段を上がると、摂社の出雲建雄神社の拝殿があります。これは今は廃寺となった内山永久寺の拝殿を大正3年に移築したもので、現在では国宝に指定されています。中央に一間の「馬道(めどう)」(=通路)を開く割拝殿の典型だということです。
出雲建雄神社拝殿


石上神宮は思ったよりも狭く、あっという間に廻ってしまいます。でも、豊かな緑に歴史を感じさせる社殿、神の使者として違和感なく歩き回る鶏...ユニークで厳かな雰囲気を感じることができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

2時間クイック松江観光

2009/05/24
ホーランエンヤの櫂伝馬踊りを見終えて、出雲空港に向かうバスの時間(16時05分@松江駅)までの2時間弱を、急ぎ足で観光してみました。

まず、向かったのは、松江城。全国に12ある天守閣のひとつで、国の重要文化財に指定されています。天守閣としては6番目に古く、1611年に出雲の領主・堀尾吉晴が完成させました。

松江城


内側を上がって行くと、5階が最上階。360度展望ができるのは珍しいのだそうです。こちらは松江市街を見下ろした景色。
松江城最上層からの眺め


城を降りた先に、フォトジェニックな景色がありました。時代劇の撮影ができそう。
松江城下の石垣の道


松江城の周囲を取り囲むお濠。とにかく余計な広告がないのが、風情をかもして良いですね。
松江城のお濠


歩いておよそ10分ほど、茶室「明々庵」(めいめいあん)に着きました。江戸時代後半に、茶大名として知られる松江第7代藩主・松平不昧(ふまい)好みに仕上げられた茶室が見られます。入口からのアプローチが美しく、アドレナリンが上がります。
松江・明々庵露地


明々庵は、茅葺きの厚い屋根が最も大きな特徴です。
松江・明々庵の茅葺き屋根


茶室は、至ってシンプル。
松江・明々庵にじり口


明々庵のすぐ近くで、抹茶をいただきました。入口で入場料を支払うときに、抹茶代を合わせて支払えばいけます。ほっこりとしました。
明々庵の抹茶


15分ほど歩いて、島根県観光物産館へ。ここでお土産を買いました。雑誌の手みやげ特集で紹介されていた「鮎うるか」を購入。後日、いただいてみたところ、日本酒のアテには最高でした。

松江駅前へはタクシーで移動。駅前の出店で名物「しじみカレー」をいただきました。普通のカレーライスにしじみの味わいが乗って、さっぱりとした味でした。写真を撮る暇もありませんでしたが、見た目は普通のカレーライスとほぼ一緒です。

一気に名所をまわってめまぐるしかったのですが、お城と茶室はとても落ち着く雰囲気でした。余計な広告や看板が視界に入らず、音声もBGMなどなく静か。松江の魅力は、こういう落ち着いた環境にあるのではないかと、短い時間ながら思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今が旬!しまなみドライブ

2009/05/10
ETC特別割引の恩恵をうけようと、しまなみ海道ドライブを実行することにしました。しまなみ海道は広島県尾道市から愛媛県今治市に至る、およそ60kmの道路です。瀬戸内海の島を渡りながら走るので、天気がよければ、その素晴らしい景色を堪能することができます。4月29日からETC特別割引が実施されたこと、天気予報が快晴であること、5月の週末に行われる今治の伝統行事「継ぎ獅子」が見に行けることなど、あまりにも良い条件が揃っていたので、朝イチで出かけることにしました。

新幹線の新尾道駅で、軽自動車をレンタカーして、今治へと向かいます。一般道からしまなみ海道へはすぐです。単線区間が長く、所々に追い越し車線が設定されています。思ったよりも道のアップダウンがありました。ときどき広がる、瀬戸内海の風景は、こんな感じです。
しまなみ車窓1


この海と緑のコントラストが素晴らしく、ふるさとでもないのに、なぜか郷愁を感じます。
しまなみ車窓2


およそ1時間余り、今治に着くと、普通車の通常料金が4770円と記載されていました。これが1000円!思わずニンマリしてしまいます。

今治では、5月の伝統行事「継ぎ獅子」を見物したあと、名物の十円寿司で腹を満たしました。これで充分満喫...と思いきや、さらにこの日ちょうど開催されていた「今治タオルフェア」にも寄ってみました。例えばスポーツタオルで200円と、激安ワゴンセールが連なっていました。これだけ安いと、必要もないのに思わず買ってしまいます。
今治タオルフェア


帰りは、大三島に立ち寄りました。インターチェンジを降りてすぐの道の駅から、多々羅大橋を見上げると、これが素晴らしい眺めです。
しまなみの風景:多々羅大橋


道の駅では「継ぎ獅子」が披露されるイベントが行われていました。背後の景色とあわせて、絵になります。
しまなみと継ぎ獅子1


しまなみと継ぎ獅子2


つづいては、大山祇(おおやまずみ)神社。四国唯一の大社で、日本最古の楠の原始林と、日本一の武具のコレクションが特長です。
大山祇神社の入口


境内を進んで行くと、樹齢およそ2600年という、楠の巨木があります。
大山祇神社:楠


根っこにも貫禄を感じます。
大山祇神社の楠の根元


拝殿は国の重要文化財に指定されていて、桧皮葺で端正なつくりでした。念入りにお参りです。
大山祇神社の本堂


このあと、日本一のコレクションを誇るという武具を拝見しようと、紫陽殿・国宝館を見学しました。源頼朝や義経の甲冑、日本刀の名刀などが展示されていました。なにせ、国宝や重要文化財の指定を受けた武具のおよそ8割が、ここに保存されているというのです。なぜ、この地に武具が集中したのでしょう?

再び、しまなみ海道に乗って、本州へ。帰りは福山に向かいました。新尾道だと、新幹線が「こだま」しか停車しませんが、福山は「のぞみ」や「ひかりレールスター」が停車するので、アクセスが良いのです。行きも福山で降りられれば、さらによかったかもしれません。福山に着いたのは、午後6時過ぎでした。

しまなみ海道を一度は渡ってみたいと思っていましたが、瀬戸内海の景色、期待通りの素晴らしさでした。良い機会に渡ることができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

まったり八丈島

2009/05/03
ゴールデンウィーク前半、八丈島に行ってみることにしました。特にこれといった観光名所があるわけでも、ユニークなイベントが行われるわけでもありませんが、島独特の寿司が食べられること、それほど混雑しないこと、飛行機の予約が取れたことで決断しました。

八丈島へは、東京から船と飛行機で行くことができます。船だと半日かかるのに対して、飛行機はわずか45分。それでいて運賃はそれほど大きく変わりません。ゴールデンウィーク後半は、飛行機がほぼ満席でした。それから、島内の足はやっぱりレンタカーが一番です。旅の前に予約マストです。

さて、今回は目的意識のない旅なので、写真ベースで振り返ってみましょう。

まずは、登龍峠展望台から見た、八丈富士と神湊(かみなと)港。
八丈富士と神湊港


島料理、その1:ブド(海藻)の煮こごり。すんごい磯の香り。
ブド


島料理、その2:明日葉の天ぷら。明日葉自体のもつ苦みが、いい感じに和らいでいます。
明日葉の天ぷら


島料理、その3:岩のり焼き。マヨネーズ醤油との相性はバッチリ。
岩のり焼き


島料理、その4:トビウオのくさや。意外といけました。
トビウオのくさや


島内5カ所にある温泉のうち、最も気持ちがいい(と思われる)のが「みはらしの湯」。見事な眺めです。
みはらしの湯


左右の風呂は、一日おきに男女が入れ替わります。2日連続で来れば制覇!
みはらしの湯2


旅のメインの目的は、独特の「島寿司」を食べることでした。その最大の特徴は、しょうゆ漬けにしたネタの下に、わさびではなく、洋ガラシが使われることです。
島寿司:洋ガラシ


しょうゆ漬けのお寿司。ネタは左上から、かつお、鰆、トビウオ、岩のり。
島寿司:梁山泊1


島の中心「あそこ寿司」でいただいた「島寿司」。
島寿司:あそこ寿司


手前の海苔巻きの中に入っていた「きつね」。歯鰹のことで、マグロのように見えることから、地元ではそのように呼ばれるということです。左下は金目鯛、左上はトビウオ。ネタに食べ応えを感じます。大将が電話に出るときに「はい、アソコです」と言ったのを聞いて、ふと寿司を食べる動きが止まってしまいました。

日中の暇な時間帯に立ち寄った、古民家喫茶「中之郷」。
古民家喫茶「中之郷」1


つぶされそうな古民家を見事にリノベーションしました。ほっこりしながら、読書しました。
古民家喫茶「中之郷」2


2泊3日の間、惚れ惚れするほどの良い天気に恵まれました。雨がよく降る八丈島では珍しいことだそうです。よかった、よかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT