トリュフ尽くしメニュー@イタリア・アルバ

2011/10/11
イタリア北部の町・アルバでは10月に「白トリュフ祭り」が開かれます。その時期に合わせて、トリュフメニューを出しているというレストラン Osteria dell arco へ、ランチに行きました。要予約です。

こちらがお店の外観。開店時間は12時30分でした。ウロウロしていたら、店員さんが出て来て「きょうは予約で満席だよ」と言ってました。
オステリア・デラルコ外観

こちらがお昼のトリュフメニュー。イタリア語なので、辞書を片手に読みました。40ユーロ。
トリュフメニュー接写


一皿目。この地域の白トリュフメニューのひとつ、牛のタルタル白トリュフがけ。
トリュフメニュー②

白トリュフの香りはそんなにしません。塩・オリーブオイル・胡椒でほんのりとした肉の旨味、さっぱりとした印象。肉自体の食感を残すため、スジを残した切り方をしています。


二皿目。クリームとチーズのソースのニョッキ、黒トリュフがけ。
トリュフメニュー①

チーズは濃厚で、ニョッキはさっぱり。黒トリュフの香りが活きていて、バランスがとてもよい。

お昼のトリュフメニューは以上...ですが、「これで終わりなの?」という感じだったので、アラカルトから追加で注文。このお店の目玉メニューを頼みました。それがこちら、白トリュフの茶碗蒸し。25ユーロ。
白トリュフの茶碗蒸し1

中には半熟卵とチーズ。なぜ器の中にありながら、卵が半熟なのか不思議。これをスプーンでグリグリとかきまぜると、こうなります。
白トリュフの茶碗蒸し2

とにかく濃厚1 チーズと塩味しっかり。白トリュフは負けちゃってるけど、土の香りが立ち上ります。

最後にデザート。グラッパのアイス。大人のスイーツです。甘さが上品なり。
グラッパのアイス

濃厚さの中に、トリュフのもつ香りが入ってきます。そのハーモニーの良さが面白い。ただ、今年の白トリュフは去年より元気がないというのが残念でした。でも、この町ならではのトリュフの季節を味わう、とても良い経験ができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ココ・ファーム・ワイナリー収穫祭2009@栃木・足利

2009/11/14
栃木県足利市にあるココ・ファーム・ワイナリーのワインは、沖縄サミットや洞爺湖サミットの晩餐会で使われるなど、とてもおいしいことで知られます。天気予報はあいにくの雨でしたが、その収穫祭に行ってみることにしました。

ココファーム2009収穫祭1


収穫祭では、新宿から直行バスが運行されていますが、完全予約制。気がついた時は締め切りを過ぎ、しかも満席でした。ということで、電車で向かうことに。北千住から東武伊勢崎線の特急「りょうもう」で1時間あまりで足利市駅に着きます。駅前で待機する収穫祭シャトルバスに(ひとり300円)乗り換えます。駅からおよそ30分ほどかかりましたが、車内でワイナリーの成り立ちや歴史を紹介するビデオが流れていて、それを見ているうちに着きました。このワイナリーは知的障害者の自立支援施設「こころみ学園」によって運営されていることでも知られています。

シャトルバスを降りてから会場受付まで、5分ほど歩きます。このとき、雨はあがっていましたが、道はかなりぬかるんでました。こういうときは長靴で行ったほうがいいかもしれません。

受付で入場料2,000円を支払うと、収穫祭記念ワイン1本(白・赤 選べます)と、ワイングラス、それに栓抜きが渡されます。これだけで赤字になっちゃうんじゃないかと心配になるほど。
ココファーム2009収穫祭記念ワイン


さらに進むと、目の前にドーンとワイン畑が広がり、すでにビニールシートを敷いて盛り上がっているお客さんもいました。
ココファーム2009収穫祭2


子供連れの姿もちらほら。そのためか、フード類も充実していました。その場で軽く調理して出してくれます。
ココファーム2009収穫祭3


収穫祭記念ワイン(白)を飲み始めると、これがとても美味しくてビックリ。口当たりがスッとして、ほのかな酸味と、上品な甘さ。素晴らしい。1本開ける前に他のレギュラーワインも1杯500円〜でいただけます。

美味しいワインでご機嫌になってきたら、何と空までいい感じに!坂の上のボトル型風船も気持ち良さそう。
ココファーム2009収穫祭4


天気がよくなって、Saigenjiのライブもかなり盛り上がりました。酔いも手伝って、テンションが上がります。いやー、楽しい!
ココファーム2009収穫祭5saigenji


お土産には、ワインの他に、スモークチーズとしいたけ。どれも味わい深くておいしかったです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

衝撃の十円寿司@今治

2009/05/10
しまなみ海道への旅の前夜、検索サイトで「今治 名物」と入力したところ、今治では有名!?な十円寿司というお店があることがわかりました。しかも一貫10円!親指大の握りで、一皿単位でも250円。不景気とはいえ、こんな安いお寿司は聞いたことがありません。果たして2009年5月の時点で営業しているのか、住所を調べたうえで、カーナビ頼りで向かってみることにしました。

すると、今治市の中心街から車で5分ほどのところに、伝説の店はありました。
十円寿司外観


テンションを上げて、ガラガラっと玄関を開けると、カウンター8名分とお座敷12名分の席がある、こぢんまりとした昔ながらの居酒屋のようなレイアウト。ここで老夫婦が脇目もふらずにお仕事をされていました。どうやら、お忙しい様子。

「いらっしゃい」とも声をかけていただけないまま、カウンターに空いた席に着席します。目の前には、お品書き。おおっ!本当に10円だ!
十円寿司お品書き


すると、おばあちゃんがにこやかに「何にする?」と声をかけてくれました。早速、十円寿司一皿とお吸い物、それに今治名物の「せんざんき」をオーダーしました。

それほど待つことなく、十円寿司一皿がやってきました。本当に25貫あります。写真上部の割り箸と対比すると、一貫あたりの大きさが推測できるのではないかと思われます。
十円寿司一皿


ネタはタコ、イカ、シマアジ...これらを、ハケで醤油をつけて、召し上がります。これが、一貫10円とは到底思えない充実ぶり。ネタの食感、ふんわりしたシャリとの相性、トータルとしての味わいは通常サイズに劣るものではありません。お吸い物とあわせて食べきると、ほとんどお腹いっぱいになってしまいました。

そこに、さらに今治名物の「せんざんき」。何が出てくるのかと楽しみにしていたら、意外にも鶏の唐揚げが出てきました。普通の唐揚げと違うのは、揚げる前にタレにつけて味つけすることと、一個あたりの大きさが大きいこと。確かに、一口では入らない大きさです。先ほどの十円寿司とは対照的。
せんざんき


こちらは食べてみると、最初甘めで、そのあとピリッとスパイシーになります。十円寿司一皿と合わせたため、お腹いっぱいになりました。

もう少し時間があったら、お店の老夫婦に、いつから、どんなきっかけで十円寿司を始めたのか、聞いてみたかったのですが、その後にやってきたお客さんが持ち帰り分とあわせて大量発注をしたために、てんやわんやになってしまい、聞くチャンスを逃してしまいました。残念!

寿司に関しては、おそらく全国一のコストパフォーマンスです。伝説のお店に行くことができて、しみじみ「よかった」と思いました。

老夫婦が細々とやっていらっしゃるお店なので、大人数がアポなしで押し寄せたりすると、お気の毒なような気がしました。少人数で出かけて、サクッと食べて席を立つのが、いい食べ方ではないかと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

営業時間たった2時間のうどん@谷川米穀店

2009/04/18
午後3時40分の、こんぴら歌舞伎に先立って、せっかく香川に来たからには、と3度目のうどん巡りをすることにしました。きょうの目的地は谷川米穀店。メジャーなガイドブックにも掲載される有名店ですが、営業時間が午前11時〜午後1時と短く、しかも日曜定休なので自分にとっては土曜の2時間しかチャンスがありません。ロケーションも、他のうどん店からは離れた山間部にあります。

坂出でレンタカーして、カーナビの指示通りに運転すること、およそ50分。午前11時43分時点で、当然のことながら、長蛇の列ができていました。天気が良くて、待ち時間も苦にならなそう。
谷川米穀店前の行列


土曜日は正午までに並ぶこと、と「麺通団」のガイドに書いてありましたが、実際に店の方が「営業終了」の大きなうちわを持って最後尾についたのは、12時15分過ぎでした。これが、お店の営業時間を示す看板です。要するに、本業はうどんではなく、お米を売ることだから、ということのようです。
谷川米穀店:営業時間の看板


結局、ひたすら待つこと1時間余り、ようやくいただくことができました。「小」で120円。ねぎとしょうゆと、青唐辛子漬けを少々。
谷川米穀店のうどん小


うどんは、つるつるしながらも、プリプリっとした心地よい弾力感が素晴らしいです。途中で酢をかけてみたら、さわやかさがぐっと増して、さらにおいしくなりました。これなら3杯はいけちゃうかも。

営業時間の短さ、辺鄙なロケーションが客を集めるかと思ったら、そうじゃない。今までいただいた讃岐うどんのなかでも、トップクラスのおいしさでした。また行きたいな。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ウニの食べ放題!?

2009/02/06
北海道・羅臼から直送されたバフンウニを、文字通り心ゆくまで味わうという豪快なイベントが、麻布十番の焼肉店(!)で行われました。会費はひとり3,500円。今まで、一食に大量のウニを食べるのは、漁師町のウニ丼以外には記憶にありません。いったい、どういう会になるのでしょう?

この焼肉店の元オーナーで、今は栃木県佐野市のイタリアンを経営している、Mさんの友人・知人を中心に、参加者はなんと78人!

席に着くなり、まず出て来たのが、板に乗ったウニ。ひとりに一折りあります。右側のは特にボリュームがあるので、これひとつで3人分。と言っても、かなり多い。
羅臼ウニ祭り1


これをごはんに載せていただきました。しょうゆ、わさびとのコラボが最高です。ふだん、ごはん一口にウニをちょこっと載せるのが普通ですが、今回はごはんとの比率が1対1くらいの感覚です。どーんと豪快な漁師メシが出て来たような気分です。ここで早速、日本酒を発注。

これとあわせて、殻つきホタテをいただきました。これまた大きくて、しかも香ばしいのです。

続いては、殻つきウニです。こうやって集合体で見ると、タワシのバーゲンセールのようですが...
羅臼ウニ祭り2


はさみで切って、中を覗くと、実がしっかりと入っていることがわかります。
羅臼ウニ祭り3


この殻つきウニを、ひとり6個以上はいただいたでしょうか。でもまだ「おかわり」が残ってました。参加者からは、賞賛と、どよめきの声が上がってます。オーナーは「ウニはまだまだあるぞ!俺は他人にはできない、でっかいことをやるんだ!」と意気軒昂でした。

北海道のウニは、淡路島のものと比べると、味が強くてまったりとした印象があります。ところが、産地で2日前に獲れ、直送されて来たばかりのバフンウニは、その特色が少し薄れてすっきりした感じがしました。プリン体の許容値をオーバーして通風になるのではないかと、少しビクビクしていましたが、その後も特に兆候や問題はありませんでした。

それにしても、こんな贅沢なイベント、おそらく二度とないのではないかと思われます。誘っていただいたオーナーに感謝です。ごちそうさまでした。

*このバフンウニ、「佐野プレミアムイタリアン」の通信販売サイトで購入できるということです。オーナーから「宣伝をヨロシク」ということでしたので、URLもつけときます。
http://www.sano-pi.com/store/index.php
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT