浦和レッズとACミランの違い@FIFAクラブW杯:横浜

2007/12/19
サッカーの世界クラブ選手権、決勝戦と3位決定戦の2試合が続けて行われました。ACミラン対ボカ・ジュニアーズのガチンコ対決に加えて、日本で最も人気のある浦和レッズが参戦するということで、2試合とも満席。貴重でユニークなダブルヘッダーを見に行くことができました。そこで見たのは、日本のチャンピオンと世界チャンピオンの間に横たわる、容易には越えがたい「壁」でした。

クラブW杯2007:3位決定戦キックオフ

席は西ゾーンの2階席の24列と上のほう。席の幅が広く、前の列との高低差もあって、非常に見やすかったです。全体のフォーメーションを見るには非常に良い席でした。

以下、決勝戦と3位決定戦を見ての感想を箇条書きで記します。

★3位決定戦:浦和レッズvsエトワール・サヘル
・結果は2対2でしたが、試合自体は単調に見えました。
・数的有利が作り出せるわけでなく、決定的なパスが出るでもなく、圧倒的な個人技で抜き去っていくわけでもないため、ハラハラ感を感じませんでした。
・個人のボールキープ力が今ひとつでした。2〜3人に囲まれると、あっという間に取られてしまいます。
・レッズは選手交代がないため、こう着状態になった試合をどう打開するかが、見ているほうからわかりにくいように感じました。案の定、結果はドローでPK戦にもつれこんでしまいました。

FIFAクラブW杯2007:3位決定戦PK

・その保守的な試合運びは、2ゴールを挙げたワシントン選手が監督批判をしながら離日したのがうなずけるような内容でした。

FIFAクラブW杯2007:3位決定戦結果

・レッズサポーターの応援は素晴らしかったです。この声援で動かない選手は、どのチームに行ってもダメではないかと思えるほどです。

浦和レッズのサポーター


FIFAクラブW杯2007:決勝前座イベント

★ACミランvsボカ・ジュニアーズ
FIFAクラブW杯2007:決勝

・パスが速く、トラップの精度が高い。糸で引くようなパスが出ていました。
・0対0でも緊張感を感じました。というのも、あと少しパスが通れば決定的なチャンスになるというところにパスを出そうとしているのがわかります。それが紙一重でカットされて通らない。そういう緊張感によって、目が離せない展開になるのです。

FIFAクラブW杯2007:決勝キックオフ

・ボールを持った選手が2人〜3人のディフェンダ−に囲まれても、ボールキープを続けられました。選手個人の局面打開力が高く、戦術もそれをベースに組まれていました。

・結局、4-2でACミランが勝ちました。
FIFAクラブW杯2007:決勝結果

・中でも。MVPに選ばれたカカの実力は群を抜いていました。ステップが細かくて、しかも走るスピードが速い。ボールキープ力も高いので、ペナルティエリアに入ると、ディフェンダーが2〜3人で囲まないとシュートに持ち込まれてしまいます。しかし、逆に周囲にパスを出されると、それで決定的なチャンスを迎えました。準決勝で戦った浦和レッズはこのパターンで点を取られました。ボカ・ジュニアーズの3点目の失点は、カバーが少なくてカカの個人技にやられていました。4点目の失点は、準決勝のレッズの失点と似たパターンです。

FIFAクラブW杯2007:決勝 ボカ側スタンド

・ボカ・ジュニアーズのサポーターも非常に熱のある応援ぶりでした。本当に地球の反対側から来たのかな?両手をテンポ良く挙げるところなど、ドイツでアルゼンチン戦を見たときの雰囲気と同じ。南米らしい熱さを感じました。

FIFAクラブW杯2007:決勝 ボカ側スタンド2

やはり、決勝戦と3位決定戦のレベルの違いを痛感しました。個人の高い能力をベースとした戦術、見ごたえがありました。ブラジルではボールを持ったときの体の動きを「ジンガ」と呼ぶのだそうです。重心を落として、体を揺さぶる動きのことです。サッカー少年のポテンシャルは、足の速さでも、キックのうまさでもなく、「ジンガ」の良し悪しで判断されます。カカの動きを見て、他のボカ・ジュニアーズの選手と比べても圧倒的な「ジンガ」の良さを感じた観客は多かったのではないかと思います。

FIFAクラブW杯2007:決勝 ミランのセレモニー

この大会は、サッカーの本場、ヨーロッパや南米から離れているため、ファンやメディアの視線の厳しさが和らぎ、ともすればコンフェデレーションズ・カップのようなエキシビションマッチのようになってしまう可能性があります。

この大会が日本で行われることは、とても貴重で、すばらしいことだと思います。が、「本物のガチンコ世界一決定戦」を見るには、日本のサッカーファンがサッカーを見る目を肥やし、大会を盛り上げ、選手に緊張感を与えていかなくてはいけない、と思いました。その意味で、レッズが3位に入ったことは素晴らしいことです。Jリーグのチームが毎年アジアチャンピオンになって大会に出場しつづけ、ACミランが社交辞令ではなく本気で「やばい」と思えるサッカーができるようになってもらいたいものです。

それにしても、16時から5時間30分、体の芯から冷えました...

FIFAクラブW杯2007:決勝 セレモニー


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

暑い!熱い!世界陸上で特等席体験@大阪・長居陸上競技場

2007/08/27
「世界陸上、やってるな」と思っていましたが、大阪に暮らしていて、あまり大会が盛り上がっているとは思えず、しかも連日の猛暑、まったく行く気がしませんでした。ところが、友人から「きょうのVIP席、チケット2枚あるんだけど」と話を聞いて、急きょ行ってみることに。もらったチケットはなんと5列目!かなりの良席です。テレビで見るのとは大違いの数々に、戸惑ったり驚いたりの連続でした。

世界陸上1

競技開始は19時30分。しかも最初の競技が、日本人アスリートとして数少ないメダル候補・室伏広治選手が出場するハンマー投げ決勝ということで、急いで競技場へ足を運びます。ところが、最初に入ろうとしたゲートで入場拒否。「このチケットは入口が違います」。急いでVIP席のゲートに回り込むと、再び「このチケットは入口が違います」...どーなってるの? 会場を回り込んで、競歩のように早足で歩くこと15分、やっと正規のゲートを見つけました。駅からゲートまでの全体的な案内図がないまま、たらいまわしにされて汗だく、かなりフラストレーションがたまりました。

急いで席に向かうと、そこには空席にちゃっかり座る外国チームのスタッフの姿。「ここは僕の席です」と言って、丁重にどいていただきました。その席は、なんと前から5列目。前の列はスポンサー接待の席らしく、白髪の紳士と、スーツ姿の営業マン、秘書らしき女性らが一列に整然と座ってました。ゴールラインが目の前にあります。こんな感じ。

世界陸上・女子100m準決勝

会場の半分は空席が目立ちます。あれだけ事前に宣伝がされていたというのに...世界陸上を9日間するよりも、阪神タイガース9連戦や、高校野球の方がお客さんが入るのではないかと思うのです。関西人には、馴染みのないスポーツに金をかけて見に行くほどの甲斐性というか、好奇心がないのでしょうか。誘導はイマイチ、客は入らない、これでは五輪もサミット招致もうまくいかないはずです。それとも、ただただ暑すぎるのか...

世界陸上・空席目立つ会場

席についた時、すでにハンマー投げは始まっていました。室伏選手が投てきのサークルに入っていくと、会場には大きな声援と拍手がわきおこりました。室伏選手は胸板も厚くて、他の選手と遜色のない立派な体格ですが、自分の席からはかなり遠くに見えました。

世界陸上・室伏投てきの瞬間

結局、室伏選手は6位に終わりました。勝ったのは、ベラルーシのイワン・チホン選手。ハンマーを投げた直後に叫ぶ姿が印象に残りました。「行けー!行ってくれ!」と叫んでいたのでしょうか。勝利への執着を感じさせました。

表彰式。振り袖姿のコンパニオンが先導したり、メダルを運んだりします。彼女らも暑いだろうな、と思うのですが、この振り袖の趣味が非常に悪いのです。エメラルドグリーン、黄色、赤...普通の和服では考えられない、どぎつい色ばかり。和服本来の奥ゆかしい、上品な色が一切出てきません。世界に向けてアピールすべき場面で、これでは逆に日本文化の否定ではないかと思います。着物業界は怒らないのでしょうか。

世界陸上・ハンマー投げ表彰式

この日の競技は、ハンマー投げ、女子3000m障害、男子1500m準決勝、女子400m準決勝、男子三段跳び、男子10,000m、女子100m準決勝&決勝でした。どのタイミングでトラックを見ればいいのか、フィールドを見ればいいのかわからないまま、競技が進行していきます。場内のアナウンスは響いてよく聞こえません。馴染みのない客が見やすいような工夫は、必ずしも充分ではなかったように思います。

それでも、テレビでは見られない面白さが随所にありました。一番顕著なのは、選手の体格です。たとえば、男子10,000mのアフリカ人選手のひょろっとした体、動物に例えるとキリンみたいです。
世界陸上・男子10,000m出場選手たち

女子400mのジャマイカの選手の足の長さに注目!
世界陸上・女子400m準決勝スタート前

彼らに比べると、日本のトラック選手の間には、努力だけでは埋めがたいような、遺伝子の違いを感じざるをえませんでした。まるでサラブレッドやチーターが、柴犬と競争しているような感じなのです。走り方も実にしなやかでリズミカル。体のバネを感じさせます。上半身の揺れや、体の上下動がなく、脚力が見事に推進力に換わっていました。写真は女子400m準決勝。最後尾が日本の丹野麻美選手です。

世界陸上・女子400m準決勝

見ていて面白かった競技は、男子10,000m、男子1,500m、女子100mです。

男子1,500mは、見ていてすごい迫力とスピードです。しかも集団での競り合いが激しい!選手たちの上半身がたくましいのは、競り合いで負けないためなのでしょう。ラスト1周に入ったところで靴が脱げる選手も。

男子10,000mは、トラックを25周するわけですが、最後の3周の駆け引きが実に激しいのです。5人の先頭集団から、まずケニアの選手が仕掛けます。本命のエチオピアの選手2人がついていき、3人に。続いてエチオピアの若手が仕掛けて、エチオピア勢2人のデッドヒート。最後はベテランのベケレ選手が、まるで1500mの選手のような猛スピードで後続を振り切りました。「どこにそんな力が残っていたの?」というほどの速さ。驚きを通り越して笑ってしまいました。

世界陸上・男子10,000mスタートライン

女子100m決勝は大激戦! 5人が同着したようにも見えました。いったい誰が勝ったのか、見ている誰もがわからず、選手たちも電光掲示板を見つめて、会場はしばし時が止まったよう。競馬の写真判定待ちのような感じです。結局、勝ったのはジャマイカのキャンベル選手。ウイニングランで近づいてきたときに見えた、足のたくましさ!すごい迫力でした。

世界陸上・女子100mで優勝したキャンベル選手

競技が終わったのは午後10時40分。前列の接待席は、ハイライトの女子100mを見ることなく帰っていきました。オッサンがそろいもそろって、何を見に来たのでしょうか。実にもったいない。

世界陸上の特等席は、発見がたくさん、運営に対するツッコミもたくさんでした。実際に行ってみなければ知らなかったことばかり。ともあれ、チケットを譲ってくれた友人に、感謝、感謝です!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ドイツW杯から帰国

2006/07/10
この日、13日間の決勝トーナメント観戦旅行を終えました。結局、準々決勝2試合、準決勝2試合、決勝の計5試合を観戦しました。ヨーロッパで開催されるワールドカップはやはり違う! 街やスタジアムの雰囲気、選手のコンディション、サポーターの集まる数も多く、その盛り上がりなど、すべてが4年前と違いました。

試合で印象に残ったのは、やはり優勝したイタリアの守備。準決勝では、ドイツを相手に1対1でことごとく勝ち、ボールを持ち込まれても見事なカットで絡めとります。首の皮1枚での勝利に見えますが、ドイツ戦やフランス戦では決定的なチャンスはほとんど与えず、地力に勝っているように見えました。

フランスも、センターバックの強さが印象に残りました。両サイドを広く開けていましたが、ブラジルは広い両サイドよりも中央突破を図りました。サイドから攻撃しても、結局真ん中ですべて止まってしまいました。ただ準決勝のポルトガル戦でPK1発での勝利など、決定的なチャンスを生み出す力という意味では、必ずしも満足の出来る内容ではなかったと思います。

1発勝負の決勝トーナメントは、ディフェンス力と一瞬の隙を突く決定力がモノをいうことがわかります。逃げ切りを図ったアルゼンチンがドイツに追いつかれてPK負け。ポルトガルはディフェンスに力があったものの、FWパウレタの決定力がなくて敗退。ブラジル、アルゼンチン、スペイン、イングランドは、選手の能力を充分に引き出せない戦術や選手交代により、持てる力を出し切れずに敗退したように思います。それも一発勝負の重みでしょうか。日本代表も、オーストラリア戦での戦略が相手より劣っていたために敗れ、クロアチア戦では決定的なチャンスでFWが外して引き分け、ブラジル戦はディフェンスの集中力が前半最後の一瞬に切れたために後半崩れてしまいました。

現地で印象に残ったのは、観客のブーイングです。あの指笛は耳が割れるようなノイズになります。テレビで見るとヒューヒューという風のような音になりますが、あの音は技術的に拾われない高い音域なのかもしれません。特にドイツ戦で地元の観客が対戦国の選手やレフェリーに浴びせたブーイングは痛いほどでした。ああいうのがホームアドバンテージなのだと痛感します。日本代表の試合はまだまだホームの怖さが足りません。

サポーターの応援も見事でした。共通のフレーズが何通りもあって、街中でもスタジアムでも誰かが始めるとそれに呼応して広がる。街に応援の歌やかけ声がこだまします。突然大声を出してもそれを拾ってくれる人がいるし、それを受容する雰囲気がある。日本代表のユニフォームを着て街を歩けば、自分が日本人だというアイデンティティになり、それがもとで気軽に声をかけられます。サッカーを媒介にして気軽に会話が広がりました。まさにワールドカップというお祭りなのです。ああいう面白さは現場に行かないとわからないですね。

4年後、再びワールドカップに行くかどうかわかりませんが、やはりヨーロッパで行われる大きなサッカー大会は、本当に面白いです。日本では、日本代表が敗退すると、ワールドカップの視聴率がかなり下がりました。世界最高のサッカーを見ようという人はまだまだ少ないようです。日本ではヨーロッパ並みに楽しく観ることは、まだまだ難しいと思います。2年後、スイス・オーストリアで行われるヨーロッパ選手権には、チャンスがあれば行きたいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

W杯観戦(5)決勝:イタリアvsフランス@ベルリン

2006/07/09
決勝当日、朝からベルリンは両国のサポーターで一杯でした。ブランデンブルク門の前の"Fan Festa"や、街の中心部の広場やオープンカフェには、ユニフォームを着て、さらに国旗を身にまとったり、フェイスペインティングをしたサポーターが、同志を見つけては「アレ・レ・ブルー!」「イタリア!イタリア!」などと気勢を上げていました。ドイツ人も自国のユニフォームを着て街を歩いていましたが、表情は穏やかで静かでした。

ちょうど僕のホテルのすぐ近くに、イタリア代表の宿舎となったホテルがありました。
試合開始1時間半前、ホテルの前に青いバスがとまり、その周りをサポーターが囲んで、選手が出てくるのを待っていました。さらにその周りにはテレビの中継カメラが3台。イタリアでは決勝直前特番が放送されているようで、カメラの前にレポーターがスタンバイしていました。いよいよ選手やスタッフが出てくると、「行け!」「がんばれ!」などと声援があたりにこだましていました。

イタリア代表の出発を見届けた後、追いかけるように決勝のオリンピック・スタジアムへ向かいました。この日だけは、日本代表のユニフォームを着ていきました。このワールドカップに日本代表も出たんだよ、とアピールしたかったからです。すると、ユニフォームはアイデンティティを示すため、チケットを探し求める日本人に次々と声をかけられました。

スタジアムに着くと、いつもより観客の入りが早いことに気がつきました。やはり決勝戦。Official Fan Shopの前には、お土産を買い求める観客が、いつもよりも多く並んでいました。

席について気づいたのは、準々決勝、準決勝と、自分の近くに座っていた人たちが、やはり自分の周りにいたことです。メキシコ人、オーストラリア人、そして準決勝で立ちっぱなしだったドイツ人もやはりいました。僕が持っていたTSTというパッケージは、同じパッケージを買った人と隣り合わせになるようにできていたのです。自分の席からは、ピッチの一部が細い柱で見えなくなっていて、これで定価600ユーロ(9万円)はひどい、とため息が出ました。

試合開始前には大会テーマソングを歌うアーティストのライブと、パフォーマンスがありました。その直後に国旗・選手が入場してきて、決勝ならではの厳かな緊張感はそれほど感じられませんでした。強いてあげれば、両国の選手の列の中間にワールドカップのトロフィが置かれていて、それを横目に選手が入場したこと。これで選手たちは発奮するだろうなぁ。

試合は、ディフェンシブな展開が予想されましたが、前半7分にフランスがPKのチャンスを活かして先制すると、前半19分にイタリアがセットプレーからヘディングシュートが決まって追いつく、というアクティブな展開になりました。これはいいぞ!

しかし、その後ディフェンスが固まってくると、決定的なチャンスはそれぞれ一回ずつ。イタリアはフリーキックからのゴールがオフサイドでとり消されたもの、フランスはジダンのヘディングシュートがバーをたたいたもの。時間を追うごとに、イタリアはどんどんディフェンシブな布陣になっていくように見えました。

延長後半、問題の場面を迎えます。突然、イタリアのディフェンダー、マテラッツィが倒れて、ボールがアウトオブバウンズになると、GKブッフォンが線審に猛然とダッシュしていきました。そのジェスチャーからは「お前はあの一瞬を見ていなかったのか? それをなぜ主審に言わない?」と問いつめているように見えました。主審と線審が協議を終えると、フランスの大黒柱、ジダンにレッドカードが出されました。あまり激しく抗議することなく、ジダンはピッチを去ります。

フランスのサポーターや、準決勝で敗れたイタリアに反感をもつドイツのサポーターからは激しいブーイングが起こりました。会場には大きな画面があって、試合の映像が見られるようになっていますが、PKやレッドカードの判断要因となるプレーは再生されません。それを見たサポーターが判定に激しい不服を訴えるのを防ぐためです。

しかし、今回はそれが見事に逆に作用しました。退場したのがフランスの英雄だったからです。「あのジダンが退場になるような行為をするはずがない!」フランスのサポーターはそう信じていました。観客としてはボールの動きに注目しているため、後にテレビで見た、マテラッツィへの胸に激しく頭突きする姿を目撃した人はかなり少なかったはず。ですから、何の説明もなくレッドカードが出されたことに、激しい不信感が表明されたわけです。

ひとり多いはずのイタリアでしたが、ボールを持つたびに激しいブーイングにさらされました。前線に上がる人数も少なく、攻撃は迫力を欠きました。逆に大黒柱の抜けたフランスが積極的にボールを支配していました。間もなく試合はタイムアップ。PK戦は、イタリアが5人決めたのに対して、フランスはひとりバーに当てて外してしまいました。キック一発の差でイタリアの優勝が決まりました。あまりにも歴然とした明暗が、ほんのわずかな差で決まったことに不自然な印象を抱きました。でも、この守備的な大会で優勝したのがイタリア、というのは、象徴的なようにも思いました。国内リーグの八百長騒動で揺れる彼らには、実力を証明する場が必要だったのです。

ワールドカップのトロフィが、イタリアのキャプテン、カンナバーロに手渡されると、高額なチケット代の元を取り戻すかのように、大量の紙吹雪が舞い、屋根からは花火が吹き出しました。スタンドからは、あまり花火を見ることができず、その花火がテレビ向けであることに気づきました。トロフィを持ってウィニングランする選手たち、そこに"we are the champions", "aida"といった、優勝にふさわしい音楽が流れ、セレブレーションは最高潮に達しました。

やがて観客はスタジアムを去り始め、少しがらんとした感じになると、急にワールドカップが終わったんだな、という感慨に包まれました。祭の終わりのさみしさです。近くにいた観客と記念撮影して、残ったお土産を買い、帰路につきました。

街では、こんなに来ていたのか!と驚くほど多くのイタリア人が集結していました。目抜き通りには大きな国旗を掲げ、クラクションを鳴らす車が集まり、スーパーのカートに乗って歓声を上げる女の人もいました。イタリア代表の宿舎前には、選手たちの帰りを待つサポーターが「世界一だ!」「イタリア万歳!」などと歓喜の声をあげて、何度も国歌を歌っていました。陽気なイタリア人にセレブレーションはよく似合っていました。

4年前の日韓大会に比べて、このドイツのワールドカップは、結果的にも試合の内容面でも、充実していたように思います。決勝トーナメントに入って、ドラマティックな同点劇や逆転劇がほとんどなかったのは残念でしたが、スタジアムの雰囲気、選手のコンディションは明らかに良かったように見えました。とにかく、長期間ワールドカップを見ることができて、本当に幸せでした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

W杯観戦(4)準決勝:フランスvsポルトガル@ミュンヘン

2006/07/05
ドルトムントからミュンヘンへ、ICE特急でおよそ6時間もかかります。着くとすでにもう夕方。ホテルに荷物を置き、雑用を済ませると、ほどなくスタジアムへ向かいました。

スタジアムは中心街から地下鉄で15分ほどのところにある、アリアンツ・アレーナ。今ドイツで最も強いバイエルン・ミュンヘンのホームスタジアムだけあって、予算をかけてつくられた印象です。東京ドームを平べったくしたようなモコモコとしたフォルムが、青い空に浮かんで美しく見えます。夜にはライトアップでまた違った表情を見せます。今まで見た中で、最もモダンなデザインのかっこいいスタジアムです。さすが芸術と文化の街、ミュンヘンですね。

スタジアムの最寄り駅の前には、ポルトガルに敗退したイングランドのサポーターや、フランスに敗退したブラジルのサポーター、およびその友人らが、準決勝のチケットをさばこうと、点在していました。試合開始直前に購入できたという人に話を聞くと、チケット代は最も高いカテゴリー1の席で、定価400ユーロのところ、最安値で200ユーロで売られていたということです。会場の外で試合開始前の国歌斉唱を聞く段階くらいになると、ダフ屋が焦って安くするそうです。

この日の席は、1階席16列目。ペナルティエリアの横で、選手の表情が肉眼ではっきりとわかるいい席でした。コーナーキックに向かうフィーゴやジダンを近くで見ることができました。ポルトガルの応援席が近くにあります。フランスのファンの方が多いように見えましたが、応援の一体感ではポルトガルが勝っているように見えました。感慨深かったのは、国歌斉唱。ポルトガルのサポーターは一斉にマフラーを頭上に広げ、誇り高く国家を歌います。テンポもよくて、歌い終わると意気が上がります。横で見ていてなぜか涙が出そうになりました。フランスの国歌も同様に気分が高揚します。日本の場合、君が代ではなかなかこういう気分にはなれないですよね。慶應大学みたいに、スポーツの応援歌だけは別、というわけにはいかないのかな?

フィーゴやC.ロナウド、デコといった中盤の攻撃陣がドリブルと華麗なパスワークでつなぎ、堅い守りのセンターバック陣が支える、これがポルトガルの特長です。判官贔屓な立場として、小国・ポルトガルを応援したい気分でしたが、いかんせんFWパウレタの決定力がありません。初戦のゴール以来、ノーゴール。彼が1トップでは、名将スコラリ監督でも難しいでしょう。結局、ブラジルを無得点に抑えたフランスの守備陣が、ポルトガルをシャットアウトするのは、そう難しいことではなかったのかもしれません。決定的なチャンスすらなく、ジダンがPKで決めた1点を、フランスが守りきりました。見ている方としてはスリルに欠けた展開で、ちょっと物足りませんでした。

まあでも、決勝がイタリア対フランスというのは、6年前の欧州選手権と同じカード。このときはフランスが勝ちましたが、今度はどうなるのでしょうか? この準決勝のようにPK1発で、あとは守りきる展開にだけはなってほしくないものです。そう祈りながら、美しいスタジアムを後にしました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT