ニッポンのお宝ゾクゾク@奈良・正倉院展

2005/11/12
奈良で開催される展覧会だというのに、東京の主なターミナルでも大々的にポスターが貼られていた「正倉院展」。今年、主催が朝日新聞から読売新聞に移って、読売がかなり気合いを入れて宣伝した結果なんだそうです。その大宣伝につられて、奈良国立博物館に行って来ました。奈良の持つ歴史の重みを実感しました。つまり、奈良時代から平安時代にかけての歴史。京都が歴史の表舞台に登場する前の時代。日本文化のルーツはここにあるのです。

正倉院展は毎年10月末から2週間、奈良国立博物館で開かれます。例年、週末は大変な混雑で、万博のパビリオンのように、博物館の前には長蛇の列ができる、という話を聞いて、閉館間際に入場する戦術をとりました。とは言っても、様子は見てみたいと思い、午後2時30分に近寄ってみると、予想通りの混雑。入場までに40分は待つということでした。

その前に、まずは正倉院の建物を見に行きました。建物に入ることはできませんが、近くで見ることはできます。普段は平日の午前9時から午後3時、しかも土日祝はすべて閉まっているので、サラリーマンには非常に敷居の高いところですが、この正倉院展の期間中だけは、午後4時まで門が開いています。

これが見てびっくり、なかなかの迫力です。校倉造り、高床式の建物は、高さ14メートル、幅33メートル、奥行9メートルと大きく、巨大ログハウスといった感じ。これが黒に近い焦げ茶一色で建っているのは、迫力増幅効果がありました。建物は南・中央・北の三つに分かれていて、それぞれの扉に封印がしてあるということでした。これが奈良時代には出来ていたとは。正面一カ所からしか見られないのが残念でした。せめて周りを歩くことぐらいできればいいのに。

さて、肝心の正倉院展ですが、博物館の前の列がなくなった頃合いを見計らって入場しました。解説がないと、来た意味がないと考えて、写真の美しいパンフレットを購入。にわか知識でも頭に入れようと、前書きを読んでいたら、これが長くて、入口前でしばらく立ち読みのようになってしまいました。

今回、展覧会で展示される品数は69点。毎年少しずつバリエーションが変わるということですが、おおむね10年でほぼ一通りが見られる仕組みになっているそうです。

印象に残った宝物を挙げると、
○平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)
 8世紀に唐から伝来したもの。螺鈿や琥珀が散りばめられて、華やかです。
○木画紫檀き局(もくがしたんききょく)
 ポスターにも載っていた碁盤。側面の彫刻はギリシャやエジプトの壁画のようなデザイン。碁石を入れる引き出しが両サイドについていて、片側の引き出しを引くと、反対側の引き出しも飛び出すからくりが入っています。
○4種類の碁石
 マーブルチョコレートのような小さな碁石です。紺と赤の碁石には、枝をくわえて飛ぶ鳥の姿が描かれています。あと、黒と白の碁石は、透明感があって、とても昔の物とは思えない輝きがありました。


この日の展示品を見るのは、実にあっという間。普通は「きれいだねぇ」とか「よく残っていたね」という感想に終わってしまうのですが、ひとつひとつの宝物の価値を理解するには、歴史や文化に対する体系的な知識が必要なことがわかります。宝物が、その後、どのように変容していったか、つまり日本文化のルーツを探ることもできます。このへんに、京都にはない、正倉院展の奥行きの深さがあります。これは毎年見て、目を肥やす機会にするのがいいかも。来年も行かなくては。それにしても、あっけなく終わってしまいました。


※国立博物館の周囲では、正倉院展の期間に合わせて様々な特別公開が行われます。ということで、入場時間を午後4時半頃と仮定して、それまでの間、そういった特別公開のお寺などを回りました。

中でもオススメなのが、興福寺北円堂。一年のうち、正倉院展の期間でしか公開されないお堂です。建物が国宝なら、中にある仏像もことごとく国宝。まさにお宝満載なのです。中でも、無著・世親菩薩像は、日本の肖像彫刻の中でも最高傑作とされるそうです。年老いたお坊さんの像ですが、確かにリアル。表情が厳しくて、しかも知性を感じる。制作したのは、運慶・快慶という鎌倉時代を代表する仏師。あまり仏像に詳しくない人間が見ても、その迫力は印象に残ります。建物も八角形で優美な形をしています。

このほか、奈良国立博物館の常設展も、国宝や重要文化財の仏像が多数並んでいて、仏像の系譜がわかりやすく展示されていました。正倉院展が混雑しているときは、列に加わる前に、ここに寄ってゆっくりと見学するのもいいかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

茶道の本場の茶会に参加@大徳寺・孤蓬庵

2005/11/10
お茶の世界で大徳寺・孤蓬庵(こほうあん)の茶会に参加することは、セント・アンド・リュースでゴルフをすることに似ています。その理由ですが、大徳寺が茶道発祥の地であること、孤蓬庵は茶道発展の歴史と密接な関係があること、一般の人が拝観できない場所であること、お茶室をはじめとした建物・庭を含めた全体が重要文化財であること、などなど。そういう場所でお茶をいただく機会は、そう滅多にあるものではありません。当然、出てくる道具やしつらいも超一流のものばかり。ということで、かなり張り切って行ってきました。

今回、参加したお茶会は、江雲会と呼ばれるもの。午前9時半から30分間、法要が営まれたのち、お茶会が始まります。法要ではお茶席を主催する亭主2人が焼香していました。お寺でのお茶会らしい段取りです。法要が終わった直後、お茶会の行われる茶室の前にうわっと列ができます。別に具体的な指示があるわけではないので、毎年参加して段取りを知っている人でないと、こういう動きはできないです。椅子取りゲームのようです。その9割以上が和服姿のおばちゃん。ざっと150人はいたでしょうか。僕は最年少に近く、思いっきりマイノリティです。段取りもわからないので、もちろん最後尾です。

このお茶会では、薄茶席と濃茶席の2会場に分かれていました。僕はまず、比較的待ち時間の長い濃茶席に向かいました。でも最後尾。それぞれのお茶室に入る手前の部屋を「待合」と言うわけですが、そこに入るのにも30分はかかりました。おばちゃんたちは上品に着物を着ていても図々しいのがいて、素知らぬ顔で横から割り込んでくるのもいました。それに、待合いに狩野探幽らしき枯れた感じの襖絵があるのに、「正座ができない」と言わんばかりに足をくずし、気づかずに背中の帯を襖にこすりつけてしまいそうな人がいて、すんごい醜悪でした。

ただ、退屈になりがちな待ち時間では、由緒ある庭や手水鉢をゆっくり眺めることができました。ふだん拝観できないだけあって、庭は、整備されて本当に美しい! 孤蓬庵の庭は、赤土で水を表現していると言われます。奥の灌木を山に見立てて、琵琶湖に浮かぶ舟をイメージしているのだそうです。庭の手前の手水鉢は夕方になると、西日を反射して水面がきらきらと光り、それが茶室の天井に映る…この仕掛けがしゃれている!仕掛けたのは、庭園の名人、小堀遠州。孤蓬庵の庭は、晩年の名作だということです。

濃茶席は、奥の山雲床にありました。待つこと1時間半近く、ようやく待合に入ります。そこで道具の拝見&茶菓子・濃茶へとつながります。今回は静岡のMOA美術館が亭主を務めます。ということで、道具にこだわりが現れます。掛け軸に床の間の壁と同じ狩野探幽の絵をかけたり、利休にちなんだお茶杓が出てきたり。。

続いて、薄茶席へ。こちらの亭主は松尾流。松尾流は、江戸時代に生まれた、名古屋を本拠とする流派です。印象に残ったのはお辞儀の仕方。正座をして、両膝の脇に、手首を前に見せるように手をつくのです。茶室は、忘筌(ぼうせん)という12畳の茶室。ここに27人が詰め込まれました。照明がなく、お昼時でも部屋の中は少し薄暗くなっています。そこに、先ほどの手水鉢の水面を反射した光が天井にゆらめくわけです。床の間には、やはり狩野探幽の障壁画。掛け物は、松尾流の初代の書。寄付は二代目の描いた富士山のシルエットが掛かっていました。

お茶会に行って、庭→床の間→道具と拝見していくと、亭主(主催者)の演出意図が見えてくると言います。演出は、季節感の表現であったり、お茶室そのものの歴史に対する敬意の表れであったり、参加者に対する何らかのメッセージであったりと、時と場合によって違います。自分にはまだまだよくわかりませんし、道具にどれだけの価値があるかもわかりません。ただ、こういう演出がさりげなく出てきて、それをかみしめるのが、お茶会の面白いところ。わかりやすい説明はひとつもなし。自分で察しなさい、ということらしい。そのへんが禅の世界に似ていますね。

孤蓬庵というお茶に縁の深い場所でのお茶会は、茶道の知的な世界を堪能するのにベストの場所です。会場も天気も最高だったのに、僕にはあの図々しいおばちゃんたちがなんとも目障りでした。この人たちが日本の文化を支えているとは思えない。なんとかならんのかいな。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

京都・秋の特別公開めぐり

2005/11/07
京都御所の一般公開とあわせて、京都では「非公開文化財特別公開」と題して、ふだん拝観できない秘仏や絵画、庭園が10日間公開されます。今週末、かなり精力的に回りました。一カ所800円という拝観料は、文化財保護のためだとしても、結構キツい。というか、ボッタクリに近い印象すら受けることも。ということで、その拝観料が内容に見合ったものと思えるかどうか、全くの私見ですが、このブログでリベンジします。


☆大徳寺・聚光院
 千利休の墓や、利休好みの茶室「閑隠席」(重要文化財)のある大徳寺の塔頭。原則非公開です。狩野松栄・永徳親子による襖絵(国宝)も見られます。「閑隠席」の床柱は、聚楽第から移してきたと言われます。隣には「桝床席」があります。入口の形が全く違うのがよくわかります。地味でシンプルな中に思想が凝縮されています。特に茶道をやっている人、絵画にこだわりのある人には、見応え充分です。ただ、そういう興味のない人には割高でしょう。

☆大徳寺・黄梅院
 ここも原則非公開。公開されるのは、秋だけだということです。ここは聚光院以上に盛りだくさんでした。3カ所に分かれた庭園は、苔が青々としてとても美しいです。ここにも、千利休の師匠・武野紹鴎が作ったといわれる茶室「昨夢軒」があります。僕は閉門間際に飛び込むように入ってしまいましたが、時間があれば和尚と話せる機会もあるそうです。奥には1本10万円という立派な掛け軸が何点も売られていました。庫裏(=キッチン)は、妙心寺よりも古いのだそうです。ここは普通の人でも見どころ多く、オススメです。 

☆寶樹寺(ほうじゅじ)
 京阪・東福寺駅から北へ徒歩2分ほど。義経の母・常磐御前と3人の子の因縁を今に伝える寺で、それにちなんだ掛け軸2幅と秘仏1体が公開されてました。が、ネタはそれだけ。境内は狭く、展示物の数・質ともに、拝観料に対して少なすぎました。お茶を濁すかのように受付で数珠をいただきましたが、そんな物よりも、拝観料を半額以下にしてほしいと思いました。

☆龍吟庵(りょうぎんあん)
 東福寺の一番奥にある寺院で、これまたこぢんまりとしています。見どころは二カ所。ひとつは、方丈。日本最古の方丈建築ということで、金閣と同じ屋根が使われています。もうひとつは、昭和に作庭家・重森三玲によってつくられたという2つの庭。ふつう、枯山水の庭は白砂に波の模様が入るだけなんですが、西庭には黒い砂とコントラストを出して、稲妻や雲、龍が表現されていますし、東庭には貴船でとれたという赤い砂を使って、過去のイメージ(テレビ的にはセピア色です)が表現されています。こういう斬新な枯山水の表現は、極めて珍しいです。
 そういえば、最近、シャープの液晶テレビ「アクオス」のCMで、吉永小百合が「モダン山水の庭」の前でたたずんでいましたが、この庭は、龍吟庵の隣、東福寺の方丈庭園で撮影されたもので、同じく重森三玲がデザインしたんだそうです。確かにモダンな感じがよく似ています。ここは庭好きならいいかもしれません。あと、庭の好きな外国人には、カラフルでウケがよさそう。

☆東福寺三門
 東福寺ならではの巨大伽藍のひとつ。幅25メートル、高さ22メートルという大きさで、室町時代にできた日本最古(もちろん国宝)の三門です。ふだんは上がれません。手すりを頼りに、急な階段を上がっていくと、これがまた見晴らしがいいこと。任天堂がすぐ近くに見えます。京都市街を見下ろすような感じです。中央には、釈迦如来像がデンと座っていて、その周りに十六羅漢像が広がります。天井にも、今は色あせていますが、極彩色の画があって、女性の顔をして体が鳥、という天人の姿が描かれています。生きているうちに、この天人を見れば、極楽浄土に行けるという言い伝えがあったそうです。こういう三門に上れる機会は、南禅寺を除いてはほとんどないと言っていいので、よい機会でしょう。

☆知恩院三門
 幅およそ26.6メートル、高さおよそ24メートルという、日本最大の三門です。平成四年に修理を終えたばかりで、天井画は極彩色でした。ここも急な階段を上がっていきます。東福寺よりも知恩院の方が京都の中心にあるので、町に迫る見晴らしが得られます。二階の内部は、東福寺と同じように、中心に釈迦牟尼像があって、十六羅漢像が両脇一列に広がります。天井画の内容も、例の顔が女性、体が鳥、という天人が描いてあるところなどが同じ。違うのは、画家が狩野探幽をはじめとする狩野派一門だということ。ですから、龍が妙心寺や相国寺法堂の天井とよく似てます。
 三門をあえて山門と表記しないのは、迷いから開放されようとする者が通らなければならない門で、空門・無相門・無願門の三解脱門に例えられているからだそうです。つまり解脱したいと思っている人がいたら、三門を何度か歩いてみることをおすすめします。ちなみに僕は同じ日に東福寺と知恩院に行きました。あと南禅寺の三門に行けば、文字通り「三」冠王だったかも? いずれにしても、三門ひとつ上るのに800円って、かかりすぎじゃない?

☆智積院
 成田山新勝寺や川崎大師、高尾山の総本山にあたるという、大きな宗派・真言宗智山派の総本山。どおりで、他の寺に比べてアプローチが広くて看板が立派。ふだんは拝観料が350円なんですが、特別公開込みで800円。特別公開の部分だけで料金をとる他の寺に比べて良心的です。
 ここの見どころは、長谷川等伯一門の障壁画(桃山時代)や、堂本印象の襖絵(昭和)、当時を最も忠実に表現したとされる、一の谷合戦図の屏風(桃山時代)、などの絵画です。どれも構図がしっかりとしてわかりやすく、色もそれぞれの時代の特徴を表していて、面白かったです。堂本印象の襖絵なんて、和服にサンダル姿の女性とワンピース姿の女性が庭でお茶をしている絵ですからね。こんなポップな襖絵があるとは知りませんでした。それだけに、寺が美術館になった、と言っても過言ではないでしょう。小堀遠州作の庭園も、ダイナミックでいいですよ。


いやあ、よく回りました。この秋は合計16カ所で非公開文化財の特別拝観が行われたわけですが、その半分近くに行ったことになります。これだけ行くと、すごくいい勉強になります。絵画や庭園の歴史を知るにはもってこい。でも、やはり一カ所800円がかなりずっしりときます。万博ではないけど、年間パスでもあれば、いろんな場所を勉強できていいのに、と思うのでした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

京都御所の一般公開に行ってみた

2005/11/06
京都御所の秋の一般公開は、本日が最終日。雨にもかかわらず、すんごい混雑でした。不快指数のかなり高い参観となってしまいました。

京都の地下鉄で今出川駅から降りて3分。すでに駅から御所に向かって太い人の流れができていました。御所の入口に入ると、その流れはさらに太くなりました。そう、駐車場からたくさんの団体ツアー客がやってきたのです。

御所の中は白い玉砂利が敷き詰められていて、皇居や明治神宮のように、歩くとジャリ、ジャリという音がします。きょうは雨で時折小さな水たまりがありました。水は白濁して、それが靴にはねかえり、靴には白カビが生えたような斑点がつきます。御所の一般公開に行くときは、履きやすくて汚れてもいい靴でいくべきです。中に入れるわけではないので。

入口前で手荷物検査。ここでツアーの添乗員が消えて、団体客は自由行動に。たまげたのは、玉砂利だというのにキャスター付きのケースをゴロゴロと引きずる女の子がいたこと。おいおい、そこには何が入っているんだ。

雨で傘が触れあって、それでいて混んでいるというのにカメラを振り回すオッサン、オバチャン。カメラ優先なので、結果として傘がガンガンと周囲に当たります。そんないいショットが撮れるわけないじゃん。他の観光客がどんどんと構図の中に入ってくるんだし。でも人を押しのけて写真を撮ろうとするんだ。それより肉眼に焼き付ける方が先だろ。

とまあ、フラストレーションいっぱいのなかでの参観でした。
印象に残ったのは、庭園の美しさ。御池庭や御内庭の端正な感じは、桂離宮によく似ています。松の刈り込みの美しさや土橋のカーブなど、その造園技術はすばらしいです。あとは、紫宸殿などに見られる桧皮葺(ひわだぶき)の繊細さにも心惹かれました。こういうのは一般公開でないと見られません。

かえすがえすも、もっと人の少ないときにゆっくりと鑑賞したいと思いました。その美しさの意味を理解しようともせず、ひたすら写真を撮り続け、お土産を探し求める人たちにはうんざりしました。一般公開の意図が悪い方向に出てしまっているように思います。これから京都は観光シーズンを迎えますが、できるだけ団体客が来なくて、趣味のいい場所を見つけていきたいと思います...


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

唐紙「唐長」のシンプルモダンに学ぶ

2005/11/05
唐紙(からかみ)とは何か、自分は全く知りませんでした。千代紙の親戚だと思っていました。今回「唐長」(からちょう)の見学を通して、唐紙が襖や障子、壁紙などインテリアに活用されることを知りました。これが非常にモダンでかっこいいのです。なんと、ルイ・ヴィトンの原型とも言えるデザインもありました。

唐紙は、木賊色(とくさ)や萌葱色(もえぎ)などといった日本古来の色に、唐草模様のようなシンプルな模様が、単色か2色で乗っかります。京都の有名な料亭や湯布院の高級旅館などで必ずと言っていいほど使われていて。その模様を代々受け継いでいるのが「唐長」なのです。今回も伝統未来塾のカリキュラムに参加して、製造工程からアンテナショップまで見ることができました。

まずは、唐紙ができるまでを、修学院にある工房で見学。

材料はたったの三つ。版木(はんぎ)と、絵の具と、ふるい。絵の具は、顔料と雲母(キラ)とふのりと水を混ぜ合わせてつくります。ふるいは、取っ手のついた薄い曲げわっぱのようなもので、ガーゼが張ってあります。

作業は、ふるいに絵の具をまんべんなく塗って、版木にタッチするようにつけていく。版木に充分に絵の具がついたら、和紙を乗せ、絵の具が写るように和紙の上から版木をさする。色が付いたと判断したところで、和紙をはがして出来上がり。慣れればすごく簡単に見えます。でもその加減が難しいみたい。

ご主人(千田堅吉さん)「絵の具にのりがついているので、時間が経つとベタベタしてきます。そうならないように、刷毛で水を加えるわけですが、色が薄まらない程度にしなくてはいけない。絵の具が版木に充分ついたと判断するには、ふるいが版木にくっつく度合いを見ます。あまり集中しすぎても、注意が散漫でもダメで、淡々と作業しなくてはいけません」

唐紙で何よりも大事なのは、縦30センチ×横45センチの版木。この版木のデザインこそが、唐長の魅力の源泉です。版木を縦横につなげても切れ目のないようなデザインでなければならない。模様は目立ち過ぎず、さみしすぎず、飽きの来ないデザインでなければならない。版木に使われるのは、野球のバットにも使われる、ホウの木です。木としては柔らかく、傷みやすいそうですが、代々使われてきているということです。

唐長には、室町時代以来、650種類以上の版木があって、その半分以上が江戸時代に作られたものだということです。それだけの種類があるので、逆に新しいデザインをつくることはほとんどないといいます。中には丸と菱形の連なりで、ルイ・ヴィトンの鞄のような模様の版木もありました。これは歴史的に見れば、ヴィトンの方がパクリかもしれません。

ご主人「一連の作業は非常に原始的に見えるかもしれません。ただ、パソコンでやると、風合いが全く出ません。手作業ならではの味わいなのでしょう」

唐長の唐紙は、単色の背景にシンプルな柄。襖や壁紙など、インテリアで使われます。ショールームで実際に使われているところを見ましたが、とてもモダンでかっこいい。

ご主人「唐紙は、部屋の雰囲気をつくりだすものです。使い手次第で、どのようにでもなる。そのためには多色で目立つよりも、単色で一歩引いた感じの方がいいんです。その方が長持ちする。目立たないことは良いことなんです」

でも、紙で出来ていると言うことは、唐紙は風化してしまうのでは?

ご主人「そりゃあ、紙ですから、未来永劫つづくものではありません。でも曼殊院の襖は、唐長の唐紙を使っていますが、300年もっています。色も時代と共に変わっていきますが、それが新たな味わいを出すこともあります」

時代によって、流行り廃りがあると思います。現代のインテリアに合う、今らしい色は、どんな色ですか?

ご主人「打ちっ放しのコンクリートにも使える色ですね。炭・空・菜の花・柿渋などの赤銅色などは、今に合う色だと思います」

***

続いて、三条烏丸のサロンへ。ここは夫人(千田郁子さん)が運営しています。この店のインテリアは、明治時代から昭和初期の、ハイカラでモダンな空気に満ちています。シーボルトが来日した頃、長崎の洋館に使われた壁紙が使われていたり、キッチンの壁紙やワインセラーの奥など、暮らしの中にとけ込むような様々な使い方が見られます。

奥様はご主人との結婚の条件に「家業を継がないこと」を挙げていたそうです。それがご主人の突然の判断で、結局家業を手伝うことになり、それがやがて、唐紙の奥深さに触れて、唐紙の伝道師になっていく。今では「唐紙と出会って本当に良かった」とお話になっています。

このお店は、唐紙の世界にハマッた奥様の研究の成果が、形になって現れています。やはり、絶対に蛍光灯は使ってません。唐紙の作り出す味わいが出てこないからでしょう。やはりインテリアと蛍光灯の相性は、あまりよくないのでしょう。

このお店が面白いのは「入って来づらいのであれば入ってこなくてよろしい」と言わんばかりにいつも入口が閉まっていること。しかも、簡単に商品を売らない。物との出会いで衝動的に買うのではなく、じっくり考えた上で買ってもらいたい。そういう思想があります。確かに、650通りの柄と、色目があったら、組み合わせは数知れず。それを一瞬のうちに決めるのは、かなり難しいです。しかも大量生産ができないので、あせって受注することもない。

僕はふだん決してカレンダーを使わない人間なんですが、唐長のカレンダーは非常に上品でかっこよかったです。見学の後、2006年版をいただくことができました。

唐長の直営店は、京都市内に3カ所のみ。他には東京のセレクトショップなどでわずかにポストカードが売られている程度です。観光に来たとしても、和モダンのインテリアに興味があるなら、立ち寄ると様々な発見があるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT