第二次お木曵(川曵)@伊勢神宮

2007/07/29
伊勢神宮では、20年に一度、社殿から神宝まですべてを新しく造り替える「式年遷宮」が行われます。次回の式年遷宮は6年後、第62回。単純計算で1240年前から営々と受け継がれてきた、日本の伝統そのものです。

その20年に一度のビッグイベントに向けて、伊勢神宮とその周辺では様々な行事が行われています。「お木曵」は、社殿の建て替えの際に使われる御用材(御神木)を、地元の住民たち(神領民)が伊勢神宮に運び入れる行事で、去年が第一次、今年が第二次と、2度にわたって行われます。「お木曵」には「陸曵き」と「川曵き」があって、道路上を進んでいくのが「陸曵き」、伊勢神宮の横を流れる五十鈴川を進んでいくのが「川曵き」です。先週と今週の週末に行われるのは「川曵き」で、この日は一連のお木曵行事の最終日になります。一週間前には皇太子殿下が訪れ、実際に参加されたほどの行事。しかも次回見られるのは20年後!これは絶対に見逃せません!

「お木曵」のぼり@伊勢神宮

まずは、朝一番の近鉄特急で、9時に五十鈴川駅に到着。お木曵の開始は10時30分と聞いていたので、それまでに伊勢神宮を参拝していこうと思いました、通常の参拝順路は、外宮→内宮ですが、友人は「その前に猿田彦神社に行かないと」とアドバイスしてくれました。本当かな? とりあえず友人を信じて、内宮の近くの猿田彦神社にも立ち寄りました。芸能の神様や縁結びの神様などがいらっしゃいます。念入りにお参りしました。

猿田彦神社07.07/29

つづいて、外宮をお参りし、内宮に向かったのが午前10時30分頃。内宮の手前で渋滞発生。路線バスを途中下車して歩いていると、視線の先に人だかり。それはすでに始まっていたお木曵きを見ようという人たちでした。早速、近くまで行ってみると、御神木2〜3本をソリにのせて、それを2本の縄で数百人が「エンヤ!」という掛け声とともに引っ張っていきます。広がりがあって、迫力のある光景です。ソリが橋の下を通る時は、上の道路が通行止めになります。御神木に対する敬意が感じられます。

川曵き1@五十鈴川

御神木はいずれも太くて立派なひのきです。ソリの装飾や引っ張る時の踊り、掛け声などは、地区によって少しずつ異なります。それにしても重そう。ソリの前にたまる石をどけながら引っ張っていきます。

川曵き2@五十鈴川

川曵き6@五十鈴川

この日は合わせて5地区が川曵きに参加しました。一地区あたりの参加者は400〜700人とかなりの規模。参加者は老若男女さまざま。外国人男性の姿も見られました。

全体の進行はとてもゆっくりしていて、よく止まります。止まるたびに、曵き手たちはお互いに川の水をかけあっていました。この日はとても暑い日だったので、気持ち良さそうです。

川曵き3@五十鈴川

見どころの一つは、堰越え。ゴツゴツとした岩の上をソリが進みます。当然、岩に引っかかって止まったりするわけですが、梃子をつかって障害をよけていきます。

川曵き4@五十鈴川

午後2時をすぎると、ソリが次々と伊勢神宮に引き上げられていきます。坂道を一気に曵き上げていきます。

川曵き5@伊勢神宮

伊勢神宮・参集殿には、川曵きで運ばれた御神木が次々と置かれていきました。木には4桁の番号がつけられていて、どの場所に使われるのか、すでに決まっているような感じです。

御神木@伊勢神宮

曵き手たちのさわやかな表情が印象に残りました。次は20年後と思うと、感慨もひとしおです。考えてみると20年というのは絶妙な期間設定で、伝統と習慣が滅びないギリギリの長さなのではないかと思います。

20年後、自分は何をしているのか、世の中はどう変化しているのか、あるいは変わらないのか、いろんなことに思いをめぐらせながら、最後に内宮を参拝しました。

伊勢神宮・内宮


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

足つけ神事@京都・下鴨神社

2007/07/28
京都の夏はとにかく暑い! 日差しが強いうえに、盆地で蒸し暑いのです。そんななかで一服の清涼剤とも言える行事が、冷たいわき水に足をつける「足つけ神事」です。下鴨神社では「御手洗祭」(みたらしまつり)と呼んでいます。御手洗池の神様、瀬織津比売命(せおりつひめのみこと)が穢れを祓い除く神様であることから、土用の丑の日に神池(御手洗池)に足をつけ、御神水をいただくと、病気にかからないという言い伝えに基づいています。

みたらし祭@下鴨神社

下鴨神社を入って右手に御手洗池があります。その手前のベンチで靴と靴下を脱ぎ、お供え料200円を払います。

足つけ神事@下鴨神社

ゆっくりと坂を降りて池に入っていきます。わき水だけあって、水がひんやりと冷えて気持ちいいというか、足が冷えるほどでした。

足つけ神事2@下鴨神社


靴をビニールにいれて持ち運ぶほかにロウソクを持つので、手がいっぱいにふさがったまま、膝までつかっていきます。これが結構不安定なのです。そのままロウソクに火をつけて、お供えします。

足つけ神事3@下鴨神社

池からあがると、かなり足が冷えてるのがわかります。水気を拭き取って、靴下をはくと、少し感覚がなくなってるくらい。つづいて、御神水を一杯、いただきました。

足つけ神事4@下鴨神社

さらに、足の形をしたお札(200円)に名前と年齢を書き込んで、手水鉢に浮かべました。

足つけ神事5@下鴨神社

これで無病息災になるのかな? 逆に水虫が移ったりしないだろうかと、ちょっとだけ気になりました。それにしても、御手洗池の冷たさは、本当に心地よかったです。しばらくの間、その冷たい感覚が足に残っていました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

月に一度のお楽しみ@京都のくずし割烹「枝魯枝魯」

2007/07/25
大阪暮らしも長くなると、仕事終わりに京都に行って、おいしいご飯を食べて、終電で帰る。こんな楽しい時間の使い方を覚えるようになってきます。京都にいくと気分がなぜか高揚しますが、平日の夜はその高揚感が格別なのです。ましてや、おいしい割烹に行くとなれば、なおのこと。この日は、去年の暮れから毎月通っている「枝魯枝魯ひとしな」に行きました。

「枝魯枝魯」といえば、
・ひとり3,680円と、リーズナブルな料金
・それでいて、とても美味しいので、予約が非常に取りづらい
・毎月メニューが変わり、二度と同じ料理が出てこない
・従来の割烹にはない、新しい工夫がお皿ごとに見られる
・料理人の枝國さんは、某人気ドキュメンタリー番組の取材を二度断った、こだわりと気骨のある人。この秋からパリ出店のため移住してしまう。ということで、まさに旬のお店!なのです。

去年の暮れに友人と行って以来、毎月レギュラーの楽しみになっています。店員さんがめまぐるしく動くカウンター席に座り、その活気にふれると、元気をもらえるような気がします。

そんな長い前置きはともかくとして、今月いただいたメニューをずらっと以下に並べましょう。

1)
枝魯枝魯(1)07年7月


2)前菜の盛り合わせ。左はアジのフライに、もろみ味噌とマヨネーズのタルタルソースがかかってます。右は甘エビと南京のあえもの、モンゴウイカのおつくり、茄子の白みそ田楽、などなど。
前菜の盛り合わせ@枝魯枝魯2007年7月

3)鱧のお吸い物。自家製こんにゃく入り。
鱧のお吸い物@枝魯枝魯2007年7月

4)コウネのお寿司。コウネとは馬のたてがみのこと。ハバネロのしょうゆ漬けが載ってます
コウネのお寿司@枝魯枝魯2007年7月

5)鮎の塩焼き 右側の緑の調味料は、蓼(たで)酢
鮎の塩焼き@枝魯枝魯2007年7月

6)すっぽんのさつま揚げ すっぽんのだしがかかってます。
スッポンのさつま揚げ@枝魯枝魯2007年7月

7)番外メニュー:さんまのお造り(今年初!) 
さんまのお造り@@枝魯枝魯2007年7月

8)かつおのたたきとネギトロ 右は赤だし(トビウオのだしを使ってます)
鰹のたたきとネギトロ@枝魯枝魯2007年7月

9)デザート;(左から)カスタードソースのかかったきんつば、ボロボローネ(イタリアの洋菓子)、パセリとレモンのゼリー寄せ、チャイのパンナコッタ、トマトとチーズのアイスクリーム
デザート@枝魯枝魯2007年7月


この日は、スイスやアメリカから来たお客さんもいて、周囲のお客さんとの、たどたどしいけど和やかな会話が弾んでいました。このお店のオープンで活気のある雰囲気が、コミュニケーションを促しているように見えました。おかげさまで、自分もすっかり仕事を忘れてリフレッシュさせていただきました!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME