美しい!ニッポンの刺繍工芸@長艸刺繍工房

2007/10/27
日本人の多くが、経済成長や現代の便利な生活の中で忘れ去ってしまったことが、京都には残されているように思うことがあります。それは何かをハッキリということは難しいのですが、だからこそ京都に行くとホッとする気分になったり、厳粛な気持ちになったりするのだと思います。この日、伝統未来塾の「長艸刺繍工房の世界」の授業にも、その「忘れ去ってしまった何か」の断片があったように思います。

長艸刺繍工房外観

長艸(ながくさ)刺繍工房は、京都・西陣でいま最も旬な京刺繍の工房です。京刺繍は、能装束や、懸装品、緞帳、調度などを華やかに飾るものですが、長艸刺繍工房は和装の範囲を超えて、2002年にはパリコレのオートクチュールに登場するなど、ヨーロッパにも注目されています。今回の授業では、ご主人の長艸敏明さんに、現在の活動と、京刺繍の世界の一端をうかがいました。以下、授業のメモです。

*****
現在の仕事の柱は、三つ。

1)国宝「天寿国繍帳」の修復
「天寿国繍帳」は日本最古の刺繍として知られます。飛鳥時代につくられた旧繍帳と、鎌倉時代に模造した新繍帳を、江戸時代に合わせて1面の繍帳にしたものです。聖徳太子が往生した天寿国の様子を表現したものです。興味深いのは、飛鳥時代の刺繍の方が、鎌倉時代のものよりも、色が鮮明に残っていることです。これは、飛鳥時代の技術は渡来人が持ち込んだもので、強い撚り糸で刺繍されているのに対して、鎌倉時代は刺繍が日本で浸透した結果、平糸で刺繍したほうが色が鮮やかであることを重視した形になっています。鎌倉時代の刺繍は糸が腐食することを考えられていないため、結果として強い糸が使われた飛鳥時代の刺繍の方が鮮やかに残っているのです。
 このように、工芸は出来上がったときを頂点として、時の経過とともに劣化していくものです。これに対して、民芸は使うほどに味が出てきます。「馴染む」という言葉の方がピッタリくるかもしれません。
 復元にあたっては、刺繍の技術だけでなく、素材のことを知っていなくてはいけません。もちろん、繍帳ができた当時の歴史や、完成に至る経緯なども知っていないといけない。

2)小袖の復元
 刺繍が面白いのは、室町時代の終わりから江戸にかけて。慶長・寛文・元禄時代が、衣装としては面白い。桃山時代の刺繍を研究すると、生地の中に和紙が入っていることもあるのです。慶長時代の刺繍には撚り糸が残っています。
 刺繍は、世界中にそれぞれの形で残る工芸です。日本の刺繍が、諸外国と異なることは、大まかなところと細かなところが同時に発揮されることです。例えば、中国の刺繍なら、繊細なのはどこまでも繊細。大ざっぱなのは最初から最後まで大ざっぱ。日本のは、バランスがいいですね。細やかな国民性なのでしょうか。

長艸刺繍:下がり藤

3)能装束のひとつ、かずら帯の制作
 はちまきのように、額に巻いて、後ろに長く垂らす帯です。帯に描かれる刺繍文様の数は、着物と同等か、それ以上になることもあります。刺繍文様ひとつ仕上げるのに、1日かかるものもあります。胴箔の上に刺繍をしたり、文様ひとつ1日1万円だと計算すると...かずら帯は数十万円することもしょっちゅうです。
 刺繍は「主」ではなくて「従」です。刺繍そのものをすごいものにすることはなくて、着る人に合わせて、その人がさらに映えるようなものをつくります。それも、お客様の想像を超える、よいものをつくらなくてはいけません。長艸は卸や問屋を経由せずに、お客様と直接話しながら、商品を制作・納品・アフターケアまで行います。
 お客さんの想像を超えるためには、「箱」(引き出し)をいっぱい持っていなくてはいけません。職人は絵が描けなくてはいけません。糸や布のことだけでなく、紙や木のことも知らなくてはいけない。能装束をつくるなら、その装束がどのような場面で使われて、役者がどのような動きをするかを知っていないと、いいものはつくれません。いろいろな勉強を重ねなくてはいけないので、職人が一人前になるには、若いうちに始めないとダメですね。大成するのは「箱」をたくさん持とうとした人です。言われたことだけをやってきた人間とは大きな差が出てきます。最近は、男性よりも女性の方が忍耐力があって、いい職人になりますね。
*****
長艸刺繍:もみじ

作り手の気概が伝わってくる授業でした。工房の中にあった刺繍は、大胆な構図と鮮やかな色が印象に残ります。冒頭で述べた日本人が忘れてしまったことの断片は、卸や問屋を介在させない勇気、幅広い教養と知識を活かした商品、顧客との長い付き合いにみられるように思いました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

激しい提灯の叩き合い!提灯祭り@網干・魚吹八幡神社

2007/10/21
秋祭りダブルヘッダーの後半は、兵庫県の網干(あぼし)で行われる「提灯祭り」。ふんどし姿の男たちが提灯を激しくたたき合う「提灯練り」で知られます。姫路周辺のお祭りは、灘のけんか祭りのように、勇壮で豪快なものが多く、今回もビジュアル的に激しいものになりそうです。

祭りのハイライト「提灯練り」は午後7時スタートです。ところが、午後6時、JR網干駅に降りてみると、祭りの華やぎが全くありません。祭りは本当にやっているのか...不安になりながらタクシーに乗り、魚吹(うすき)八幡神社に向かいました。タクシーで近づけたのは会場から数百メートル離れた場所。臨時バスくらい、運行してくれてもいいのに。


午後6時半、祭りのメイン会場の神社の楼門前に近づくと、デコトラのように、イルミネーションで彩られた3基の神輿が視界に飛び込んできました。「屋台練り」が盛り上がりを見せていたのです。「わっしょい!」と元気な掛け声が聞こえます。「ええのか、ええのか!」という叫ぶ声もあちこちからあがります。先ほどの加茂大祭と比べると、ヤンキーな雰囲気が濃厚に漂います。

提灯祭り宵宮:屋台練り

ほどなく「チョーサ!」という掛け声とともに、神輿が高く掲げられました。これが屋台練りの見せ場。観客から一斉に「いいぞ!」「がんばれ!」と声がかかります。このかけ声の由来はなんでしょうね?

提灯祭り宵宮:屋台練りチョーサ!

祭りの舞台となる魚吹八幡神社ですが、西暦202年に神功皇后がこの地で神のお告げを聞き、319年に仁徳天皇が夢を見て、父・応神天皇の祖母をこの地に祀るべし、と命令を下したという神話にもとづいています。日本の神社でも有数の歴史を誇るのかもしれません。魚吹(うすき)は、魚が群れをなして砂を吹き寄せてこの地ができた、という伝説が元になった名前です。

魚吹八幡神社楼門

提灯祭りの由緒も古く、神功皇后、応神天皇、玉依姫命が乗り移った三基の神輿が、お旅所にわたる際に、道中の灯りにと御旅提灯を差し出されたのがはじまりだとされています。それで提灯には「御神燈」と書かれているわけです。提灯練りが激しさを増したのは戦後以降だということです。

提灯祭り:提灯シルエット

午後7時、いよいよ提灯練りが始まりました。楼門前に近隣の氏子地区の提灯行列が一地区ずつ出てきます。提灯練りは、練り子たちが威勢良く伊勢音頭を歌いながら、あるフレーズに達したところで、中心の大きな提灯に向かって突進し、青竹についた提灯を激しくぶつけ合います。

提灯祭り:提灯練りイメージ

竹がぶつかるのではなく、バスッ!バスッ!と提灯のクッションがぶつかる音がします。上空には埃と煙が立ち上ります。観客からはどよめきがおこります。1分くらい叩き合うと、笛や拍子木でストップの合図が入ります。

提灯祭り:提灯練り2

男たちは再び輪になって伊勢音頭を歌いだします。そして、また同じフレーズになると、中心になって突進していき、青竹を叩き合います。提灯がボロボロになって、青竹だけになっても、時間がくるまで激しく叩き合います。もちろん、練り子たちはお酒でかなりハイになってました。

提灯祭り:提灯練り3

合わせて7地区が登場しましたが、地区によって目玉となる提灯の形に工夫が凝らされたり、たたき方の勢いが違います。練り子もふんどし一丁の男たちだけであったり、20代の女の子が入った地区もあったり。提灯も、小島よしおが描かれた巨大提灯や、星やハッピの形をした提灯などなど、多彩なバリエーションが楽しめました。

提灯祭り:小島よしお巨大提灯

提灯祭り:ハッピ型提灯

提灯祭り:星形巨大提灯

こんなにいろいろな提灯が見られるのは、このお祭りだけでしょう。それらが一瞬のうちに壊れてしまうのも。見ているこちらもスカッとするような、激しいお祭りでした。

提灯祭り:ハッピ型提灯2

提灯練りがすべて終わったのは、午後10時過ぎでした。あたりはすっかり寒くなっていました。JR網干駅へ向かう人はほとんどなく、あれだけ多くの観客はどこへ行ってしまったのか、不思議な感じがしました。

魚吹八幡神社楼門前


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

約950年前のしきたりを守る!加茂大祭@岡山・加茂総社宮

2007/10/21
今週末は秋祭りウィークエンド。全国各地で様々な秋祭りが行われます。祭り好きにはわくわくする週末。しかも天気は快晴。この日はユニークで迫力のある、2つの祭りをハシゴしました。

まず、向かったのが、岡山の加茂大祭。岡山三大祭りのひとつで、およそ950年前(社伝によると1053〜1058年に始まったとされます)に疫病退散祈願のために始まって以来、戦国時代の約200年を除き、昔のしきたりをそのまま踏襲する形で続いています。旧加茂川町内の8つの神社プラス地元の総社宮が集まって行われる寄宮祭です。

加茂大祭の看板1

電車とバスを乗り継いで、祭り会場へ行くのは難しそうだったので、岡山駅でレンタカーを借りることにしました。ところが、祭りの会場とされる「総社宮」へカーナビを頼りに向かうと、誤って総社市の総社宮に着いてしまいました。カーナビの「総社宮」は一箇所しかなかったのです...あわてて、吉備中央町へ方向転換。役場に電話をして位置確認をしました。結局、会場に着いたのは、祭りがクライマックスを迎える直前でした。すでに臨時駐車場には100台を優に超える自家用車が停まっていました。

加茂市場の総社宮は、樹齢400〜600年のスギやヒノキ、銀杏の大木が並ぶ中にあります。この巨木が総社宮に神々しい雰囲気を醸しています。
加茂総社宮1

加茂総社宮2

こぢんまりとした社殿があって、その両脇にハンドボールのコートくらいの境内が広がります。自分が着いたときには、すでに見物客で一杯! 笛や太鼓のおはやしが響き渡ります。

神輿@加茂大祭

広場の中心では「お遊び」という神事が行われていました。そのひとつ「継ぎ獅子」は神社ごとに獅子舞の高さを競います。屋根にまで迫る勢いです。
継ぎ獅子@加茂大祭

これも「お遊び」のひとつ、棒使い。
棒使い@加茂大祭


きょうは、混雑時のお祭り見学アイテムとして、近所の雑貨店で買ったステップスツールを持参したところ、非常に効果的でした。周囲に迷惑のかからないように、背面に壁または高い土台のある場所をキープしました。

加茂大祭スケジュール

クライマックスの「ご神興」は12時30分ごろ。合図の花火が上がったのち、8つの神社が横並びで神輿を高々と持ち上げます。それぞれの神社の氏子たちが、「うぉー」「わー」などと大声を出します。金色に輝く神輿がこれだけ並ぶのは、さすがに迫力があります。
ご神興(1)加茂大祭

ご神興(2)加茂大祭

午後1時半からは、還御(かんぎょ)の行事に移ります。各神社が総社宮を離れて、地元に戻っていきます。そのための儀式。総社宮の正面で、獅子舞や棒使い、奴が、それぞれのしきたりに合わせて、演武を披露したあと、神輿が精一杯高く持ち上げられました。つま先立ちにビックリ!

獅子舞:還御

奴:還御

棒使い:還御

神輿:還御

演武が終わると、各神社の隊列がそれぞれ「家路」につきます。
還御:最後の行列

祭りが終われば、総社宮はあっという間に元の静かな姿に戻っていきました。

1000年近く前のお祭りが、当時のしきたりを残したまま続いているというのは、素晴らしいことです。獅子舞、奴、棒使い、神輿と見どころの多いお祭りで、たっぷりと楽しむことができました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

こんぴらさんと讃岐うどんめぐり

2007/10/20
いま、金刀比羅宮で「金刀比羅宮 書院の美」展が開かれています。円山応挙や伊藤若冲の襖絵が、描かれた当時をほぼ再現するように展示されています。2年前、奥書院が125年ぶりに公開された際に、その価値がわからずに行かなかったことを悔いていたので、今度こそはと意気込んで行くことにしました。讃岐うどん巡りとあわせて、お腹と眼を満たす日帰りの旅です。

金刀比羅宮 書院の美 ポスター

新大阪を9時51分に出発する「のぞみ7号」に乗車。行楽日和のせいか、自由席は満席...立ったまま岡山に到着しました。岡山発のマリンライナーへは乗換時間わずか7分。坂出に着いたのは11時22分。これが大阪から最短のルートでしょう。坂出からレンタカーに乗り、まずは讃岐うどん巡り。うどんは午前中が勝負...という割には、到着がゆっくりめになってしまいました。

讃岐うどん巡りはこれが2回目。前回同様、店のロケーションと営業時間、自分の好みの麺とだしの味などを考えながら、コース設定しました。今回は、金刀比羅宮周辺のお店に絞りました。ということで、まず向かったのが、宮武うどん店。讃岐うどんの代表的なお店です。

宮武うどん店

「ひやあつ 小」を注文。冷たいうどんに、熱いだしをかけたものです。手打ちならではのゴワゴワとした麺。うどんが冷たいと、このゴワゴワ感がしっかり伝わります。
宮武うどん「ひやあつ小」

うどん巡りの一軒目ということで、気分もお腹もハイになっていたため、思わずゲソ天をとってしまいました。これがデカイ!
宮武のゲソ天

まずはすっきり一軒目をクリア。つづいて、ユニークな立地で知られる、やまうちうどんへ。カーナビの指示に従って、店の近くまで行くと、こんな看板が見えてきます。素朴ですね〜
やまうちうどんの看板

小高い山の上に、お店はあります。昭和を思わせる店構え。うどんだけでなく、外観も、いい味出してます。
やまうちうどん外観

「あつあつ 小」を注文。麺はねじれて、エッジが立ってます。が、歯ごたえはやわらか。このギャップがいいですね〜。
やまうちうどん「あつあつ小」


2杯いただいたところで、午後1時を過ぎました。腹ごなしも兼ねて、金刀比羅宮へ。うどんで膨れたお腹を持ち上げるように階段を上がって行きました。「金刀比羅宮 書院の美」展は4カ所に分かれて展示されていますが、円山応挙の襖絵がある表書院と伊藤若冲や岩岱(がんたい)の壁画や襖絵のある奥書院へ直行しました。
金刀比羅宮 書院

金刀比羅宮 書院の看板

書院には円山応挙や伊藤若冲の襖絵や壁画が当時を再現するように置かれてます。これが書院の空間に見事にピッタリ合うのです。薄暗い空間に金色の襖、そこに鶴や虎、滝が浮かび上がります。若冲の壁画も、金色のベースに白い花が立体的に浮かびます。上段の間の床の間にダイナミックな構図で描かれたり、壁面いっぱいに整然と花の絵が並んだりするのを見ると、掛け軸や花、器も必要なくなってきます。豪快です。東京の美術館で見るよりも、ピッタリとフィットします。あるべきところに収まっている感じがありありと伝わります。見終わった後で、図録をチェックしましたが、図録の解説も丁寧ですごくわかりやすいのですが、やはり肉眼で見た印象が圧倒的に良すぎます。建物との調和、空間から浮かび上がる絵、言葉では言い表せない良さがあります。1月いっぱいまでやってますから、もう一度、行こうかな。眼福ごちそうさまでした。

こんぴら参りをすませた後で、締めくくりのうどん。向かったのは、小縣家(おがたや)。製麺所が午後2時ごろに店を閉めてしまうのに対して、午後6時まで営業しているのがいいですね。
小縣家の玄関

「しょうゆ小」を注文。うどんがゆで上がるまでの間、大根を自分ですり下ろします。
小縣家で大根おろし

うどんは、しょうゆのかかっていない状態で出てきます。ここにすり下ろした大根と、すりごまと、ネギをかけ、すだちを搾って、しょうゆをかけます。これで生醤油うどんの出来上がり!
小縣家 しょうゆ小

これが本当にさっぱりとしてうまい。ぶっかけとは違う、さっぱり感です。これにおでんを自分でチョイスして皿にのせてくることもできます。

お腹もすっかりふくれたところで、坂出駅へ。17時25分発のマリンライナーに乗車、夕暮れの瀬戸内海を横目に岡山へ。岡山18時17分発の「のぞみ」で、新大阪に戻りました。慌ただしくも、充実した日帰りの旅でした!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ワイナリーの収穫祭@山形・タケダワイナリー

2007/10/07
10月、全国各地のワイナリーで収穫祭が行われます。自分は3杯も飲めばへべれけになってしまうほどの下戸ですが、ワイナリーの収穫祭にはどういう楽しみがあるのか、ぜひ一度味わってみたいと思い、友人の誘いに便乗させていただきました。

タケダワイナリーの工場

タケダワイナリーは、山形県の国産ワイナリーの名門として知られます。場所は、かみのやま温泉駅からタクシーで10分ほどのところにあります。収穫祭は今年で7回目で完全招待制です。ソムリエ協会の名誉会長、著名な脚本家などなど、全国のワイン愛好家や流通関係など、260人あまりが参加しました。

タケダワイナリーの樽

午後4時からの収穫祭に先立って、午後1時30分からセミナー、その後に、ぶどう畑と工場見学があります。ワインコンサルタント・田中康博さんによるセミナーでは、タケダワイナリーの名作ワインをいただきながら、ワインができるまでの工程、タケダワイナリーの魅力、今年の新製品が紹介されました。

タケダワイナリーの特徴は、
・祖父・父・娘、三代にわたって、酸性の土壌を改良しつづけていること。
・標高190mから260mの斜面に広がる畑を、土質と日照、標高などにより区画わけして、品種をかえて植えていること
・減農薬、有機肥料栽培農法を実践していること。

つまり、土壌から、ぶどう栽培、ワインができるまで、可能な限り自然志向で取り組んでいるということで、「農家のつくる、率直なワイン」というのが特徴です。ワインの日持ちをよくしようと、普通は酸化防止剤が入れられるのですが、タケダワイナリーの商品には入っていないということです。

ワインの産地にとっても、地球温暖化の影響はあるようで、国産ワインの産地、甲府や勝沼は、最近、4月1日から10月31日までの期間の気温(華氏)の合計が4000度前後にまで達して、ワインの名産地としては最も温暖なエリアに分類されるようになりました。暖かくなると、酸味の弱い甘いワインができるのだそうです。逆に、山形のように寒暖の差が激しい場所では酸味の強いワインが生まれます。ちなみに、フランスでも、ぶどうの収穫時期が早くなってきているのだそうです。

今回のセミナーのテーマは、スパークリングワイン。今年発売された「サン・スフル」は微発泡のワインです。「地元のぶどうの特徴を生かした、安くておいしいワインを作れないか」という思いをもっていた岸平社長が、「酸の多い山形のワインは発泡酒にしても味が落ちないのではないか?」と考えて生み出された商品です。瓶の中に滓(おり)が入ったままなので、濁っています。さわやかなどぶろくみたいな感じ。

セミナーでは、タケダワイナリーの代表的なスパークリングワイン「ドメイヌ・ヨシコ」の、2003年収穫のものと、良年(1992年)産をいただきました。香りが高く、泡立ちが細やか。本格的なスパークリングワインでした。新商品の「サン・スフル」とあわせると、テイスティングだけで4杯もいってしまいました。早くも僕のアルコール分解能力は限界に近づきました。

ぶどう畑@タケダワイナリー

続いて、ぶどう畑へ。タケダワイナリーの畑は東京ドーム3個よりも広い面積があるそうです。ぶどうの木の下に雑草がたくさん生えていますが、これはタケダワイナリーの狙いでもあるのです。岸平社長は「毎年、畑で同じ作物をつくることは、自然界にとっては不自然なこと。畑が活性化するには、雑草のバリエーションが自然界と同じように豊かでなければならないのです」と言います。いろいろな雑草がつけば、ぶどうに有害な虫や微生物が移らないかと心配になりますが、冬に積もる雪で見事にリセットされるのだそうです。自然界を再現させた畑は、土がふかふかとして、実にやわらかい。ぶどうの実は小さくて、皮が厚いのが特徴的でした。

タケダワイナリーのぶどう

小さくてしっかりとしたぶどうですが、この大きさで収穫間近なのです。岸平社長の説明によると、酸味のあるワインをつくるときは早めに収穫し、たっぷりとふくよかなワインをつくるときは遅めに収穫するのだそうです。収穫の時期は、その年のぶどうの特徴を、日々ひたすら観察することによって判断する、ということでした。ぶどうは、木を植えて3年〜5年目から収穫を始めるのですが、古木ほどよい味わいが出るのだそうです。

今度は、工場へ。茎と実を分ける機械がこちら。赤ワインは実ごと発酵させます。
ぶどうの実と茎を分ける機械

実をプレスして、果汁をとる機械がこちらです。ここから白ワインが出来上がります。
ぶどうのプレス機

地下には、樽の列があります。気温は15度±5度。湿度80%になっています。樽はすべてフランスの樽メーカー(ナタリエ)から直接買い付けた、ホワイトオークの樽です。メーカーによって、乾燥のさせ方や、焼き方が違うために、最終的な完成度が全く違うのだそうです。ひとつの樽に250リットル、750mlの瓶が300本分も入ります。

ホワイトオークのワイン樽

ワイン作りは、機械に頼ることなく、すべてが手作り。工場をみていると、オートメーション化されていないさまがよくわかります。東京ドーム3個分を越える畑の管理から、ワインの醸造、蔵の管理まで、9人の現場スタッフが行っているのです。雪が溶けたら畑に出て、冬のうちは瓶詰め。忙しい一年を送っています。


タケダワイナリーの岸平典子社長は、3代目にあたります。およそ5年間フランスに留学し、醸造の勉強をしていたそうです。帰国後、その知識を活かして、醸造責任者に就任、2年前から社長に昇格しました。

タケダワイナリー岸平典子社長

去年はぶどうが不作で例年の7割しかとれませんでした。問い合わせを受けても、出荷できるワインがない。そんなときに「外国からぶどうを仕入れて、ワインを作ればもうかる」と各方面から助言されましたが、悩んだ末に誘惑を断ち切ったそうです。そのときに社長の意思を固めたのは「地元でできるぶどうから、ワインを作る」という、父から受け継いだポリシーでした。とにかく真面目です。あざとさのない、まっすぐなワイン。安易に商売に走らない、作り手のこだわりを聞くと、心から応援したくなります。ちなみに、今年は、日照不足の7月を補って余りある8月の猛暑(少雨)のおかげで、当たり年だそうです。よかった、よかった。

収穫祭雑感

収穫祭は、さわやかな秋晴れの空の下で、ワイン畑を眺めながら、ワインと、豚の丸焼きと、ローストビーフと、塩焼きそばをいただきます。例年よりも食べ物の減りが早かったそうですが、肉は大きく豪快にカットされて出てきて、塩こしょうだけでも充分にいけるおいしさでした。

豚の丸焼き@収穫祭

ワインも樽から直接出てくるワインをピッチャーに入れて、いただきました。テイスティングで一度限界を迎えましたが、畑と工場見学で歩いたことで、またアルコール分解能力が復活してきました。渋くてカッチリした味で、僕のような素人には難しい味でしたが、それまでの説明で、このワインが土地と自然が一体化したものであることを知っているので、どこか納得できるものがありました。

樽出しワイン

おおらかで温かさを感じる収穫祭。幸せなひとときでした。また来年来られたらいいなと、心から思いました。

VIPルーム@タケダワイナリー


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT