世界遺産で舞う・マイヤ・プリセツカヤ with 梅若六郎@京都・上賀茂神社

2008/03/30
「立っているだけで感動する」と言われる、20世紀最高のバレエダンサー、ユダヤ系ロシア人のプリマ、マイヤ・プリセツカヤと、能楽界の第一人者・梅若六郎の一夜限りのコラボレーション。舞台は世界遺産の上賀茂神社です。

上賀茂神社細殿

なんだか、最高の食材を寄せ集めて、骨董の鍋で煮込んだらどうなるか、というような(めちゃめちゃ例えが悪い)イベントにも見えますが、果たしてどうなることやら。数少ないプラチナチケットを友人が取ってくれました。立っている姿を見るだけで感動するという人が生で見られるというだけでわくわくします。

ところが、賀茂別雷大神のお力も届かず、天候は雨。しかも、気温は明らかに10度を下回ってます。会場は上賀茂神社の細殿で、観客席にはテントがなく、配られた雨合羽と毛布で耐え忍ぶしかない、という最悪のコンディションでした。風がなかったのがせめてもの救いでしょうか。

内側にステテコとジジシャツという完全防備で臨みました。これなら大丈夫なはず。上賀茂神社の細殿前には、パイプ椅子がザザッと200席くらい、並んでいました。NHKのハイビジョンカメラが4カメくらいいたでしょうか。テレビの撮影があるだけあって、照明はバッチリです。

演目は、
1)能「羽衣」
2)「アヴェ・マイヤ」:曲は「アヴェ・マリア」で、それをマイヤ・プリセツカヤ向けに振り付けして、編曲されたもの。今回は両手に紅白の扇を持っての上賀茂バージョンでした。
3)笛の独演(曲名は何だったのか、わかりません)
4)ボレロ:能の舞いとバレエのコラボレーション。

このコンディションのため、間に休憩はなく、一気に上演されました。
やはり、印象に残ったのは、マイヤ・プリセツカヤの凛々しいお姿です。今年で83歳になるとは到底思えない体のライン。スラリと伸びた背筋、スッキリとした首筋、昔と変わらぬ(過去の名演をYouTubeで予習しました)しなやかな動き。衰えを感じさせないどころか、逆年齢詐称ではないかと思えるほどです。森光子や由美かおるも及ばない、段違いのアンチエイジングぶりです。確かに「立っているだけで感動する」の意味がよくわかりました。

マイヤ・プリセツカヤのスゴさは、そのストイックな自己管理だけではありません。1943年にモスクワのボリショイ・バレエ団に入団後、父親をスターリンの迫害で亡くし、母親も地方に追放されてしまいます。自らも、共産党体制の圧力の中でもがき苦しみ、海外公演に出てもホテルに監禁されるかのような自由のない生活(ドッグフードを食べさせられたことも時折あったのだそうです)を強いられました。その生き様をどのように想像したらいいのか。僕らの想像を遥かに超えるものでしょう。

そういった背景も、オーラに変換してしまったような舞台でした。ボレロでは、能の装束をふわっと両腕にかけて舞います。そのアレンジも上品で無理のないものでした。途中、向かい風で右腕から装束が外れてしまいましたが、踊りのしなやかさが失われることはありませんでした。

午後6時半開演で、午後8時過ぎに終了しました。見とれているうちに、あっけなく終わってしまいました。周りはあまりの寒さに途中退席する人が続出しましたが、最後まで見れば、そのオーラに感じ入った人は多かったはず。できれば良いコンディションで見たかったなあ。でも、あの83歳はありえない...背筋を伸ばし、徹底的な自己管理をすることの素晴らしさを教えてくれたように思いました。感動しました。
*2008年5月2日、NHK教育「芸術劇場」22時30分〜0時45分で放送されるそうです。事前の稽古についても取材しているということで、楽しみです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

九州の神社めぐり(3)霧島神宮&天孫降臨の地・高千穂峰を登る

2008/03/22
九州の神社めぐり3日目は、鹿児島の霧島神宮です。高千穂峰の山頂に天照大神の孫、ニニギノミコトが降り立ったという伝説の「天孫降臨の地」、そのふもとに創建された神社です。たびたび噴火の巻き添えにあって、焼失を繰り返し、現在の社殿は1715年に鹿児島藩主・島津吉貴の寄進によって建立されたものです。まさにこれぞ九州のパワースポット。天気も良く、気温も18度とコンディションも最高だったので、霧島神宮と高千穂峰登頂を両方チャレンジしてみました。

午前10時、レンタカーで鹿児島を出発。1時間余りで霧島神宮に着きました。朱塗りの鳥居が鮮やかです。
霧島神宮参道


その奥には、装飾のきらびやかな本殿が控えていました。この華やかさは、伊勢神宮や出雲大社、宗像大社にみられるシンプルさとは対照的です。「西の日光」と呼ばれることもあるそうです。
霧島神宮本殿


境内右手前には、樹齢800年、高さ35mという杉のご神木がありました。南九州一帯の杉の先祖なのだそうです。背が高くて威厳が感じられます。
霧島神宮ご神木;杉


お昼に霧島黒豚のトンカツと豚の角煮をいただきました。かなりボリュームがありました。これだけ食べれば、登山でスタミナ切れを起こすこともないでしょう。
黒豚のトンカツ


黒豚の角煮


午後1時すぎ、高千穂峰に登るべく、登山口の高千穂河原に着きました。ここは坂本龍馬が「日本最初の新婚旅行」をした場所だそうです。へえ〜。ビジターセンターで地図をGetして、水分を確保し、すぐに登山開始です。スタートラインの鳥居が神々しさをかもしています。
高千穂峰登山道入口


登り始めてすぐのところに、以前、霧島神宮の社殿があった場所に着きました。宗像大社の高宮祭場のように、そのシンプルさがかえって神様との親和性を感じさせます。
霧島神宮社殿跡地


登山道に戻り、石段が途切れた先には、赤土と赤い石がゴロゴロと転がる道が続きます。
高千穂峰登山の赤石


傾斜は次第にきつくなっていきます。降りてくる中年男女もいるので、自分も大丈夫だと言い聞かせながら進みます。
高千穂峰登山途中の岩場


後ろを振り返ると、なかなか良い眺望が広がっていました。
高千穂峰登山途中の絶景


きつい斜面を登りきると、右手から強い硫黄のにおいがしてきました。一部はまだ泡を吹いていて、グツグツという音が聞こえそうです。
硫黄の火山口


視線を上げると、豚の角煮の断面に似た、地層が現れます。この赤土は何だろう?
高千穂峰の近くの地層


まだまだ山頂までは遠いのです。くねくねとした道が先に見えます。
高千穂峰山頂への道


その前に、山頂を一度拝みます。
高千穂峰遥拝所?


ここから山頂までは、小石と土が混じった軟弱な足下で、踏ん張りがきかず、しょっちゅう足下が崩れます。急な岩場を登ってきた足にはこたえます。
高千穂峰山頂前の軟弱な足場


とはいうものの、なんとか登頂!天孫降臨神話の地に到着です。所要時間およそ1時間40分。時間は標準通りでしたが、想像したよりも厳しかったせいで、思わず「やったー!」と歓声をあげました。標高1575m。
高千穂峰山頂1


高千穂峰山頂2


天孫降臨の看板


山頂には、ニニギノミコトが刺したという青銅製の「天の逆鉾(さかほこ)」が立っていました。これが山岳信仰の舞台なのです。いつからここにあるのでしょう?
天の逆鉾@高千穂峰


360度の展望を楽しむための羅針盤のような台がありました。上には、東西南北の方角と主な山が書かれています。
高千穂峰山頂の羅針盤


しばらく感慨にふけっていると、寒い風が吹いてきました。ふもとは18度の暖かさなのに、山頂では身震いする寒さです。天の逆鉾にもう一度挨拶をして、下山しました。登りで苦労した軟弱な足下は、さらに下りで苦労しました。滑り降りるように下りましたが、バランスを崩さないようにするのが大変。しかもスニーカーだったので、靴の中に石や砂がガンガン入ってきました。

急な登り坂を下るのも大変。登りで使った腿の筋肉は、下りで震え始めました。なんとかふもとまで持ちこたえましたが、日頃の運動不足が祟ったのでしょうか...高千穂河原に戻ったのは、午後4時30分でした。

疲れきった足を癒そうと、そそくさと近くの新湯温泉につかりました。これがすんごい効力があって、しばらく肌はつるつる。カラダもぽかぽかしました。
新湯温泉@霧島


天孫降臨神話の道は、想像以上にきついものでした。でも登った後の充足感と、山頂までの眺望の美しさは、山岳信仰の神の存在を感じさせるものがありました。いい体験をすることができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

火振り神事@熊本・阿蘇神社

2008/03/21
熊本と言えば「火の国」というキャッチフレーズで知られます。「火振り神事」は、この時期の「阿蘇の火まつり」の中心行事のひとつです。火の国のルーツを知るきっかけになるのでしょうか?

火振り神事は、農業神「年祢大神(としねおおかみ)」が姫神をめとる「御前迎え(ごぜむかえ)」の儀式で、氏子たちがたいまつ(カヤの束)を振り、姫神を迎えたことが由来といわれています。一年の豊作を願う儀式で、一般の人間も参加することができます。

火振り神事に使われる茅束


神事の行われる阿蘇神社、その最寄駅・宮地までは熊本から電車で1時間半〜2時間。バスでもほぼ同じ。午後6時に着くように、バスで行きました。途中渋滞に巻き込まれ、少し遅れてしまいました。宮地駅前からは歩いて15分くらいでしょうか。

神社に着くと、立派な楼門に驚きます。すでに観光客であふれ、撮影ポイントは三脚を立てたカメラオヤジで埋まっていました。コミコミで2000人近くはいるでしょうか。外国人観光客の姿も数多く見られました。

阿蘇神社楼門


姫神さまがやってくるまでは、前座として阿蘇の太鼓が演奏されました。火振り神事にぴったりの勇壮でたくましい音があたりに響き渡ります。

火振り神事前の太鼓演奏


神事が始まるのは、姫神のご神体が到着してからですが、予定の午後6時50分になっても着く気配がありません。樫の木でできたご神体は神職らによってつくられますが、それが遅れていたようです。空いた時間を利用して、茅の束のまわし方や注意事項が伝えられました。
・カウボーイが捕り物をするかのように右手を頭の上にあげて、手首を回転させて、カヤの束を振りまわすこと。
・あまり速く回すとカヤの束が飛んでいってしまうので、ゆっくりと回すこと。
・振り回すときは、ナイロン(ポリエステル)の服は脱ぐこと などです。

でも午後7時10分過ぎ、姫神とともに、たいまつの火が阿蘇神社にやってきました。
火振り神事:姫神到着


火振り神事のはじまりです。次々とカヤの束に火がつけられます。この日は観光客が多いせいか、火に当たりそうになる人が続出。あちこちで悲鳴があがっていました。
火振り神事1


火振り神事2


楼門前に次々と炎の輪ができます。じっくり見たいところですが、あいにく風下にいて、ものすごい煙が自分に襲い掛かってきます。目を開けていられず、涙がとめどなく出てきました。楼門のシルエットが煙とライトで美しく浮かび上がります。
阿蘇神社楼門シルエット


本殿では、神事が粛々と進められた後、ご神火と神輿が出て行きました。
火振り神事3


阿蘇神社:御神火出発


さて、自分も挑戦してみました。火をつけたあと、束を回すうちに、縄が手に食い込んできて、意外とすぐに痛くなってきます。火に対する恐怖から、どうしても速く回そうとしてしまいます。すると、束はあっけなく縄からスルリと抜けて周りにズサッと落ちてしまいました。

地元の手馴れたおじさんは、縄を二重にして(その分、長さが短くなるのが恐ろしい気もしますが)、ゆっくりと回します。
地元のおじさんの火振り


すると、驚くほど火振りの時間が長いのです。周囲で見ていた人から「おお〜」と賞賛と驚きのどよめきがあがります。

結局、火振りは7時45分には終わりました。この日用意されたカヤの束、およそ1600束があっという間になくなりました。あっけないほどです。
火振り神事終了後の楼門


20時52分宮地発の普通列車で熊本へ向かいます。乗車したお客の半分近くが外国人観光客だったことにビックリ。まあでも皆さん、楽しまれたようで、口々に「面白かった」といってました。あの激しい煙に包まれたせいで、髪の毛はゴワゴワ、服にはたいまつの焦げた、香ばしいにおいがつきました。心と体にしっかりと神事の記憶が浸み込みました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

九州の神社めぐり(2)宗像大社

2008/03/21
九州神社めぐり、2日目は宗像大社(むなかた・たいしゃ)です。宗像大社は全国の弁天さまの総本宮で、交通安全のお守り発祥の地でもあります。辺津宮、中津宮、沖津宮の3社から成り、中でも沖津宮のある沖ノ島は今でも女人禁制で、島から発掘されるものはほぼ必ず国の重要文化財か国宝になるという歴史の宝庫です。なんというユニークな神社でしょう。これは行くしかない!

宗像大社へは、博多から鹿児島本線で小倉方向に快速で30分、東郷で下車します。そこから1時間に1本しか出ないバスかタクシーで向かいます。とりあえず、タクシーに乗っておよそ10分。1,580円だったかな?

着いたのは、午前8時40分ごろ。朝の光を浴びて、さらに神秘的な感じが増します。
宗像大社鳥居


宗像大社本殿



社殿を横から見ると、とても奥行きを感じます。まるで出雲大社の大社造りのようですが、この様式は「唯一神明造り」と言います。
唯一神明造@宗像大社


境内右奥には、樹齢500年を超すというご神木、楢の木があります。松のような枝ぶりです。
宗像大社ご神木:楢の木


さらに奥へ進むように、入口がつくられています。宗像大社のユニークさはこの先にあるのです。
宗像大社高宮入口


車一台が通れるくらいの広さの参道。玉砂利と雑木林。人も少なくて、神社の参道らしい凛とした空気に満ちています。
宗像大社参道

右手が第二宮(ていにのみや)・第三宮(ていさんのみや)です。
宗像大社第二宮・第三宮

宗像大社第二宮・第三宮入口の礎石

第二宮は、沖津宮・中津宮の分霊をお祀りしています。
宗像大社第二宮


宗像大社第二宮屋根


こちらは、第三宮。
宗像大社第三宮


つづいて、高宮祭場へ。宗像大神が降臨してきたと伝えられる場所です。お祭りの原点とも言える場所。昔の形のまま残っているのは、珍しいそうです。厳粛な雰囲気に包まれて、何かを祈らずにはいられないような気持ちになります。
宗像大社高宮祭場


せっかくはるばる宗像大社に来たのだから、中津宮にも行ってみよう!ということで、中津宮のある大島へ向かうことに。大島に行くには、宗像大社から神湊に行き(歩いて行けない遠さです)、そこから船に乗らなくてはいけません。9時16分発の神湊(こうのみなと)波止場行きのバスに乗ります。およそ10分で着くと、9時35分発の船が待っていました。大島までの所要時間は25分、運賃は片道500円。

前の日まで強風で大変だったというから、ツイてました。快晴。波はそれなりにあるものの、暖かくて気持ちよかったです。
宗像大島


神湊に着くと、戻る船の時間をチェック。なにせ1〜2時間に1便しかない。なんと10時20分発の次の便は13時発!中津宮へはダッシュでお参りです。石の鳥居に風情を感じます。
宗像大社中津宮参道


急な石段を上がると、すぐに境内があります。このレイアウトと雰囲気、出雲の神魂神社とよく似ています。
宗像大社中津宮本殿


宗像大社中津宮本殿横


入って左手奥に進むと、清水が流れていました。
宗像大社中津宮奥の清水


船が出ると、その後の予定が大幅に遅れてしまうので、急いで戻りました。ショートステイで失礼いたしました。
宗像大島を出発


戻りの船は小型で25分で着きました。10時35分に神湊波止場に戻ると、東郷駅行きのバスが10分後に出発です。あっという間です。

「海の正倉院」とまで言われ、女人禁制の沖津宮まで行ってみたい気持ちはありましたが、普段は立ち入ることができないそうです。残念!行ってみたいなあ。

宗像大社には、まさに神様の降りてきそうな雰囲気が満ちていました。自分には霊感はありませんが、神聖な空気を感じることができて、心身がリセットされたような気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

九州の神社めぐり(1)宇佐神宮

2008/03/20
飛び石連休にマイレージを活用してふらっと九州を旅することにしました。九州は去年2月に高千穂の夜神楽に行って以来です。また歴史ある神社を訪れようと、3日間で九州を縦断する旅にでました。

まず初日、宇佐神宮へ。この日は大分空港に着いた後、しばらく国東半島の石仏めぐりをしていたので、車で着いたのが午後3時30分ごろでした。

宇佐神宮入口

宇佐神宮とは、725年に建立された、全国4万社あまりの八幡宮の総本宮です。一之御殿に応神天皇を、二之御殿に比売大神(ひめのかみ)を、三之御殿に神功皇后を祀ります。八幡信仰は仏教文化と神道の融合と考えられ、そのために神仏習合の発祥地とされています。また、東大寺大仏殿の建立に際して、宇佐の女祢宜である大神社女が、八幡神を擁して紫の神輿に乗って奈良に入ったことから、神輿発祥の地とも言われています。

伊勢神宮が外宮→内宮の順に参拝するように、宇佐神宮は上宮(じょうぐう)→下宮(げぐう)の順で参拝します。もっとも、伊勢神宮とは違って、上宮と下宮はすぐ近くにあります。

こちらは上宮。左から一之御殿、二之御殿、三之御殿となっています。本殿は八幡造りで国宝に指定されています。
宇佐神宮上宮

「おや?」と思ったのは、拝礼の方法です。二礼、四拍、一礼。つまり出雲大社と同じ方法なのです。これを採用しているのは、全国でも出雲大社と宇佐神宮だけなのだそうです。しかもその由来は不明なのだとか。日本史のルーツにもからんだミステリーが、ここにありそうです。

上宮の奥には、ご神木のクスノキが立っています。社殿と比べると、その大きさがわかります。
宇佐神宮ご神木(楠)

お土産に「鳳凰ネクタイピン」を購入しました。本殿の外陣と内陣にある襖に描かれた鳳凰からデザイン化されたもので、これぞ宇佐神宮オリジナルのおみやげです。でもネクタイピンを使うことなんてほとんどないんですけどね。いつ使うかな?

つづいて、下宮へ。こちらは産業発展の発展や農業の充実を願う神様がいて、上宮よりも身近なはずですが、立ち寄る人影は、上宮と比べてまばらでした。
宇佐神宮下宮

上宮と下宮の分かれ道はこんなところにありました。
宇佐神宮境内

深々とした森の中にある、宇佐神宮。鮮やかな朱色の社殿や鳥居に歴史の重みを感じる訳ではありませんが、神社らしく、しんと静かで清浄な空間を充分に感じることができました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT