大台ケ原:東大台コースに挑戦!

2008/04/29
屋久島に次いで、日本で2番目に広い原生林が広がる、奈良県南東部の大台ケ原。去年8月に西大台のコースを体験して、とても気持ちよく感じたので、今回は東大台のコースに挑戦です。

ちなみに、下の写真は去年8月の駐車場の写真です。
大台ケ原駐車場


大台ケ原に入ることができるのは4月〜11月に限られます。今年も4月22日にドライブウエイが開通したばかりです。この地域は年間降雨量がおよそ5,000ミリと、日本有数の豪雨地帯。雨の降りそうにない気圧配置の日で、しかも予定のないこの日に行くことにしました。

前回、西大台に行ったときに、8時に出発して渋滞に巻き込まれ、帰りがけに立ち寄ろうと思っていた入之波(しおのは)温泉の営業時間(午後5時まで)に間に合わなかった反省があることから、今回は午前7時に上本町でレンタカーを借りて出発しました。

すると、早起きは三文の得と言うべきか、今回は渋滞もなく、9時40分には大台ケ原に着きました。前回は駐車場に入れなかったのに、今回はまだまだ余裕がありました。天気は薄ぐもり。気温は少し涼しいくらいで、15度弱くらいではなかったかと思います。売店でランチ用の柿の葉寿しとめはりずしを購入して、いざ、出発です。

東大台のコースは、西大台と比べて道が整備されて歩きやすいです。自然保護団体や登山会からは「過剰整備」だという批判があるようですが...足下には笹が目立ちます。

さて、出発して約40分で、大台ケ原で最も標高の高い日出ケ岳に着きました。周囲の山が見下ろせて、天気のいい日には太平洋が見えるのだそうです。この日は少しガスがかかっていて、それほど遠くまで見渡すことはできませんでした。

大台ケ原:日出ケ岳からのパノラマ


日出ケ岳から正木ケ原にかけては、地面を笹が覆い、倒れたり立ち枯れたトウヒが荒涼とした印象を与えます。看板には、1959年の伊勢湾台風や1961年の室戸台風の直撃を受けて、トウヒが倒されたり立ち枯れた後に笹が生えたことや、鹿が増えたことによって、この荒涼とした風景が徐々に広がっていることが説明されていました。(これについても、いろいろと議論があるようです)

大台ケ原:正木ケ原のトウヒ


見事なまでに整備された道を歩きます。これならお年寄りでも安心して歩けます。登山愛好家には物足りないかもしれませんが...

大台ケ原:正木ケ原の木製歩道


歩き始めて2時間弱、神武天皇像の前で昼食です。空気がおいしいと、昼食もおいしく感じるというものです。

大台ケ原:神武天皇像


再び歩き始めると、すぐに東大台コースのハイライト、大蛇ぐら(「ぐら」は山カンムリの下に品。大きな岩のこと)に着きます。断崖絶壁の前に山々が連なるダイナミックな風景が広がります。

大蛇ぐら中央


大蛇ぐら右


ところが、視線を下げると、垂直におよそ800m下が見えるのです!

大蛇ぐら左下


岩の上は、無防備なまでに吹きさらされた感じと、足下の岩の滑りやすさ、吹きつける風の強さで、大概の人は立って崖っぷちまで行くことができません。岩にしがみつくように崖先までたどり着こうとしていました。ひゃー。ここで何かを落としたら、おしまいです。

肝を冷やした後は、シャクナゲの大群落を横目に坂を下りて行きます。すると、鹿がすっくと立っているではありませんか!

大台ケ原:野生の鹿


見事なシャッターチャンスを提供してくれた後、その鹿はピョンピョンと軽やかに去って行きました。

坂を下りきると、シオカラ谷と呼ばれる渓谷にあたります。これまたマイナスイオンたっぷりの清水が流れます。

大台ケ原:シオカラ谷


思わず顔を洗ってしまおうかと思ったら、上流にたたずむ観光客の姿が。立ちションされてたら嫌なので、やめときました。

最後は1.4kmの道のりで200mをのぼります。最初は斜度がきつかったのですが、徐々に緩やかになっていきました。こうして、あっという間に大台ケ原駐車場に戻りました。それでも所要4時間。標準タイムと同じです。朝の到着時間が早かったので、大台荘でコーヒーを飲みました。水がいいせいか、とてもおいしく感じました。

帰りがけ、去年8月には行けなかった、入之波(しおのは)温泉、山鳩湯に入りました。全国でも珍しい炭酸重曹カルシウム泉です。最初は無色透明ですが、時間が経つと黄色くなります。お湯の温度は39度とマイルド。このため、ゆったりと浸かるうちに湯あたりを起こす人もいるそうです。すっかりリラックスしてから、大阪に戻りました。それでも上本町に戻った時間は午後7時でした。

東大台のコースは、山あり、谷あり、枯れ木あり、断崖絶壁あり、と変化に富んで面白かったです。一度は行くべし! でも、環境の変化が少し心配になりました。何ができるのかはわかりませんが...
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

立山アルペンルートの旅(2)黒部ダム

2008/04/27
立山アルペンルートの後半は、雪の大谷ウオークから黒部ダム、そして信濃大町へ向かいます。室堂にかかっていた雲が嘘のようなスケールの大きいパノラマを楽しむことができました。

午後0時45分、室谷(標高2450m)からトロリーバスで大観峰(標高2316m)へ。トロリーバスと言っても、1台がピストン輸送するわけではなく、一度に5台が数珠つなぎのように連なって、同じ出発時間で数百人を運びます。そうじゃないと、あれだけのツアー客を運べません。大観峰は、立山の中腹にある断崖絶壁の地。外には出られませんが、ここから黒部を見下ろす景色が、素晴らしかったです。立山が雲に覆われていたのとは対照的です。窓が開いていたので、そこから撮影したら、強い風が入ってきました。食堂の店員さんがムッとした顔をしていました。

大観峰からの眺め


大観峰からの眺め2


ロープウエイで大観峰から黒部平(標高1828m)へ下ります。乗客の9割近くを占める団体客が優先的に乗っていきました。一般客を大事にしてくれえ。ちなみに、下の写真はロープウエイからの眺め。一面の銀世界です。

大観峰ロープウエイからの景色


黒部平まで下りてくると、黒部湖、黒部ダムまでが見えるようになります。

黒部湖から上の眺め


さらに、ケーブルカーで黒部湖へ。ケーブルカーからは全く景色が見えません。乗客の空いた時間を埋めるようにアナウンスが流れます。どの乗り物に乗っても、それができるまでの工期と工事にかかった延べ人数が告げられます。工事の難しさが想像されます。

黒部ダムに着くと、そのスケールの大きさに驚きます。デカイ! 写真ではそのスケールがわかりにくいかも。

黒部ダム1


黒部湖


黒部ダム2


険しい自然の中に「黒部の太陽」や「プロジェクトX」にみられる難事業に挑む男たちの世界が忍ばれます。記念館ではビデオが上映され、黒部ダムに至る関電トンネルを掘り進めていくうちに、大量の地下水が噴き出す大破砕帯にぶつかる場面などが紹介されていました。高度成長期の日本人の底力を感じました。難事業に取り組むときの一体感が素晴らしいですね。今は、環境や人権や経済成長など、様々な主張や権利が交錯するために、国家的プロジェクトの一体感が感じられる場面がほとんどないなあと感じました。

黒部の関電トロリーバス


その難工事の現場を通り抜けるトロリーバスを降りると、すぐに信濃大町行きの路線バスが待っていました。15時55分頃、信濃大町に到着。松本→名古屋→大阪と特急を乗り継ぎ、21時頃に着きました。雄大な自然と大事業の現場に圧倒された旅になりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

立山アルペンルートの旅(1)雪の大谷ウオーク

2008/04/27
真っ青な空を割るかのようにそそりたつ雪の壁。その間を観光バスが通り抜ける...毎年4月になると、週末のニュースで取り上げられる「雪の大谷」の映像です。一度見てみたいと思いながらも、たどりつくまでの遠さに尻込みして、なかなか腰を上げられませんでした。アルペンルートが開通してまだ1週間。まだまだ雪の壁も高いはず。週末の天気予報は全国的に晴れ。しかも自分のスケジュールも調整可能...これだけ条件が揃っていたら、行かないわけにはいかない!

雪の大谷ウオーク


といっても、そう思いついたのが金曜日の夜。そこからリサーチを始めるというドタバタぶり。土曜日に富山に泊まって、日曜日丸一日かけて立山アルペンルートを通り抜け、信濃大町から名古屋経由で大阪に戻るというのが、自分にとって経済的にも時間的にも最短だとわかるまでに結構かかりました。この準備不足が、後々にたたることになるとは、思いもよりませんでした。

***

富山地鉄で、富山7時28分発の立山行きに乗車。立山アルペンルートの通しチケットを購入。運賃だけで10,860円しました。電車には、自分と同じようにアルペンルートに向かうとおぼしき人が30人ほど乗ってきました。さすが、地方の私鉄ならでは、京阪のお下がり車両が活躍してました。

立山駅に着いたのは、ちょうど1時間後。ここでケーブルカーに乗り換えです。すると、数百人!のバスツアー客が整列していたのです。列の後ろに加わって、やっと改札にたどりついたと思ったら、ケーブルカーに乗るには、チケットに乗車時間が刻印されていなくてはいけないとのこと。駅員の指差す乗車予約の窓口には、これまた長蛇の列...がーん。いったいどうなってしまうのか。途方に暮れながら、添乗員がすべてを世話してくれる大勢のツアー客をうらめしげに見つめていたら、これまた地元の係のお兄さんが、直通バスの案内をしてくれました。

本来は、ケーブルカーとバスを乗り継いで室堂に行く訳ですが、特別に直通バスが運行されていたのです。所要時間1時間10分。乗り継ぎの手間もかからずに、上まであがってくれます。同じチケットでOK。これはホームページにも載っていない対応...のはず。こういうところ、現場に行かないとわからないことだな、と思いながら、一人旅のフットワークの良さに快感を覚えてしまうのでした。9時発のバスを予約しました。

立山駅に着いて気づいたことのもう一つは、寒さです。冬そのもの。気温5度くらいでした。しかも目指す室堂の気温はマイナス5度。周りはダウンジャケットを着込むなど重装備なのに、自分の衣装はゴルフに行くようなウインドブレーカーとカーゴパンツ。「これはまずい!」と準備不足をここで自覚して、売店であわてて、長袖のTシャツ、フリースのネックウオーマー、使い捨てカイロを買い込み、準備しました。これでも大丈夫なのかどうか...

室堂行きのバス停に行くと、またしても新たな発見。表示が何か国語にもわたっているのです。

立山駅のバス停表示


そういえば、ケーブルカーの駅で聞こえた言葉も、中国語や韓国語が多かったような気がしました。立山アルペンルートはもはや国際的な観光地だったのです。


誤算と発見を一気に味わった後は、バスでゆっくりと室堂まで登って行きます。上がるにつれて、道の両脇の雪がどんどんと高くなっていきます。視界も悪くなってきました。

雪の大谷 車窓風景


あっという間に、室堂に着きます。最後の数百メートル、そこが雪の大谷の壁が最も高い地点。道路の片側を歩く観光客の数の多さに、またまたビックリ!

雪の大谷 車窓風景2


室堂に着くと、マイナス5度とは言わないまでもスキー場並みの寒さを感じました。ああ、準備不足。この日の壁の高さは最高で16mという表示がありました。

雪の大谷コース案内図


寒いとは言っても、10時30分から始まるという期間限定の地元のナチュラリストによる散策ツアーに参加しました。その時間にあわせて、朝出発したわけだし。これに参加した人はその場を通りかかった約20人。この地を訪れる人の9割以上が団体客。スケジュールに融通が利かないのです。

雪の大谷散策ツアーの看板


その20人が3人のナチュラリストでグループ分けされましたが、結局自分の参加したグループは途中で自分以外の全員が勝手に離れて行ってしまいました。ナチュラリストのおばさんを独り占めできました。とは言っても、ナチュラリストは、自然に詳しいのですが、雪のことはそれほど詳しくないみたいでした。

雪の大谷ウオーク2


立山は、世界有数の豪雪地帯ですが、このエリアは空から降る雪だけでなく、吹雪によって飛ばされた雪の吹きだまりが積もることで、さらに積雪が深くなるというわけです。

雪の大谷ウオーク3:最高点


この日の高さ16mの雪の壁は5階建てのビルに相当します。地表付近の雪にはおよそ8トンの重さがかかっているので、途中で崩れることはないそうです。

雪の大谷ウオーク5


これだけ積もると、道路のある場所を掘って道をつくるのが大変ではないかと聞いてみたら、今はGPSを使って除雪作業をするのだそうです。

雪の大谷ウオーク4:最高点


これだけの雪がすべて解けるのは7月ごろ。それとともに高山植物が一気に花開くのだそうです。その頃の立山もいいですよ〜、と言ってました。

およそ500mの大谷ウオークを歩いた後、室堂までの戻り道は、周囲の山々が見えるというパノラマロード。ところが、この日は、雲がずーっと覆ったまま。視界が悪くて、最もよく見えたときで、こんな感じでした。

雪の大谷ウオーク:パノラマロード


足下はツルツルなところもあって、スニーカーで来てしまった自分は、転ばないようにソロソロと歩きました。

ちょうどそこに、ナチュラリストの顔見知りの、雷鳥を研究している教授が現れました。その教授に雷鳥の生態を聞いたところ、
・この周辺の雷鳥は、あわせて245羽しかいません。
・その数は、縄張りをつくるオスの数でわかるのだそうです。
・雷鳥はオス:メス=3:2の割合で生まれてきます。縄張りをつくれないオスのところには、メスはやってこないのだそうです。金持ちには美女が寄ってくるのと同じような構図です。自然界も人間界もおんなじですなあ。縄張りをつくれないオスは、どこかに消えてしまうのだそうです。
・雷鳥は真っ白な時期と、濃い色の時期と、中間の時期の3色があるそうです。これだけの色変わりをする鳥は珍しいそうです。

雷鳥は人見知りをしない鳥で、近寄っても逃げて行きません。ナチュラリストとツーショットの写真を見せてもらいました。雷鳥は植物の出てきた場所にしか現れないので、植物がほとんど見えない雪の大谷に出現することはないそうです。

さらに、みくりが池周辺を歩いて、空が晴れるのを待ちました。が、最高に明るくなっても、山の頂上が見えることはありませんでした。

みくりが池周辺


1時間半近く外を歩くと、体が芯から冷えていました。日本最高地点にある、みくりが池温泉で温めて、回復させました。湯船につかるまで、かなり時間がかかりましたが、硫黄の効いたお湯でかなり暖まりました。

みくりが池温泉


一面の銀世界にいたので、目が白さに慣れてしまって、デジカメや携帯の画面が見えなくなってしまいました。ホームページにサングラス持参と書いてあったのに、忘れてしまってました。また、後日わかったのですが、最も紫外線の強い4月下旬の太陽に雪が反射して、すっかり雪焼けしてしまいました。いろいろと準備不足の結果が自分におそいかかります。まさに、自業自得...

そうそう、あと、観光客の大半が団体客なのと、外国人客の多さにビックリ! 雪を見ることのない台湾からのお客さんが多いのだそうです。確かに「イー、アール、サン!」といってはしゃぎながら写真を撮ってる人が実に多かったです。

雪の大谷ウオーク、面白かったです。国際的な観光地になるだけのことはあります。晴れれば最高でしたが、山の天気は予測不能。もし次回、来れる機会があったときには、真っ青な空のもとで見てみたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

生命とは何か?

2008/04/24
根源的な質問をされると困ることってありますよね? 「なぜ他人を殺してはいけないのか?」という質問に答えられない大人が多いことが注目されたこともありました。「生命とは何か?」という問いも大人が答えづらいことのひとつです。

「生物と無生物のあいだ」
 (福岡伸一・著 講談社現代新書)

大阪の紀伊国屋書店で「話題沸騰!」と平積みされていたこの本には、分子生物学の最前線で研究をつづけてきた著者が、その研究人生を通して「生命とは何か?」という根源的な質問に向き合った考察が述べられています。

僕にとって生物は苦手科目のひとつ。この本では、研究手法や、細胞の生成プロセスなどについて、事細かに述べられていて、読みこなすのに苦労します。

マウスの実験で、ある遺伝子を欠損させた場合、その体にどのような変化が起きるのか? 

結果は、遺伝子の機能の解明を期待する科学者を裏切るかのように、何も起きない。一部の遺伝子を取り去ったところで、ネズミのある機能がスッポリ抜け落ちたようにはならないのです。抜け落ちた遺伝子の機能を、他の遺伝子が補うように作用するのです。このことから導きだされる答えが、哲学的なのです。

「生命は、動的平衡にある流れである」

生命は受精卵が成立したときから流れる、一方向の不可逆的なプロセス。その生命の何か一部が欠落したとき、生命の中でその欠落を補うような動きが働き、平衡を保とうとするのです。部品を補えば修理がおわる機械とはまったく違うのです。そこで、著者は「動的な平衡がもつ、やわらかな適応力と、なめらかな復元力の大きさにこそ感嘆すべき」だというのです。

自分にとってわかりにくい文章の果てに見えた鮮やかな結論。苦労して読んだ甲斐があったとホッと一息つきました。

無理なアンチエイジングや整形など、人間は生命の自然の流れに抗おうと様々な努力をしますが、それも一時的なことなのかもしれません。そう思うと、ちょっと無力感を感じることもないのですが、生命の偉大さを知る、良いレッスンになりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

最初の2秒の「なんとなく」は正しいか?

2008/04/23
これからは、読んだ本や映画の感想もズラズラと残していきます。

「第1感〜『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい
タイトルが魅力的で、すっと買ってしまった本です。帯もうまい。
「『ひらめき』で判断する驚異の思考法!

あれこれウジウジ悩んで、最初の直感とは違う選択をしたあと、それが失敗に終わったときの後悔...誰にでもあるのではないでしょうか。全米で52週連続でベストセラーになり、34カ国で翻訳されたそうです。確かに、最初の直感が正しければ、これほどいいことはありません。

しかし、著者は言います。その一瞬の直感を切り取る「輪切り」の能力を向上させるには、「熟考と直感的な思考のバランスが大事」で、「情報を節約する(=編集する)力」が必要だということ。人の心を一瞬にして読むには、自分が興奮してはいけないと。

なーんだ、直感は常に正しいわけではなくて、普段から冷静に感覚を研ぎすませ、磨いている者が、直感力を増すことができるということですね。

ところで、自分も仕事柄、数多くのインタビューを見る機会があります。言いたくないことや本音を突かれたときに、インタビューを受ける人の本音は必ずその直後の一言や、ほんの一瞬の表情に現れます。後で気づかれないように発言を訂正しようとしたり、リカバリーをしようとしたりすることがありますが、本音は最初の一瞬に現れるのです。

政治家や芸能人(特に隠し事の多そうな女優)、スポーツ選手のインタビューは、本音を見つけるいい練習になります。その瞬間を見逃さないようにすると、面白いですよね。そうやって、直感力もつけられるといいな、と思いました。どっちかというと、鈍感力の方が自信があるからなあ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT