吉兆本店(高麗橋吉兆)初体験!

2008/05/31
吉兆は日本の料理界をリードする料亭です。グループ会社の船場吉兆の不祥事で、最近はイメージが低下していますが、料理や器、しつらいなど、総合的に見て日本で最も質の高い料亭のひとつです。今回、伝統未来塾の授業で、一見さんでは入ることのできない吉兆本店(高麗橋吉兆)を見学し、昼食をいただくことができました。そこで見えてくるのは、料理と茶の湯との密接な関係です。

建物の外観。昭和12年(1937年)茶道具商・児島嘉助の店舗兼住居として、当時の数寄屋造りの第一人者・平田雅哉氏によって建てられました。
高麗橋吉兆・外観


吉兆の創業者・湯木貞一氏の手に渡り、高麗橋吉兆としてオープンしたのが昭和24年(1949年)です。ここが吉兆だとわかるような大きな看板はなく、玄関の右上に小さな表札がありました。
吉兆本店の表札


まずは、お食事。1階の新座敷にていただきました。
高麗橋吉兆1階「新座敷」


しつらいは、5月らしく、端午の節句にちなんだ、兜です。
高麗橋吉兆しつらい「兜」


釘隠しは紅白の梅です。
釘隠し「紅白の梅」


吉兆と茶の湯の関係は、創業者・湯木貞一氏が22歳の頃にさかのぼります。16歳から料理の修業に明け暮れ、ひととおりのことをマスターした湯木氏は自分の進むべき道に閉塞感を感じていました。ところが、ある日、茶人大名・松平不昧の茶会記を見て、「目からウロコが落ちた」そうです。器やしつらいに、日本の細やかな四季が表現されていたのです。そんな茶の湯の世界と日本料理を融合させる(旬の料理に器をあわせて出す)こと。これが湯木氏の新たな目標になりました。後年、湯木氏は、「世界の名物、日本料理」をアピールすることが、自分のライフワークだと語っています。

高麗橋吉兆(吉兆本店)の建物も、そんな湯木氏のライフワークを体現したような中身になっていました。駆け足で見たので、写真と記述がずれている可能性がありますが...

1階の廊下に中庭があります。手すりが寝殿造りの特徴を現していて、雅な空間を演出しています。
高麗橋吉兆1階廊下


1階の中庭


1階・火灯窓のある「袋の間」
高麗橋吉兆1階「袋の間」


欄間はなんと一枚板でできているのです!
袋の間の欄間


「袋の間」欄間2



1階・霞棚のある「鈴の間」。床の間の市松模様が、なんともモダン。
鈴の間


鈴の間のしつらい



1階・井筒の間。
井筒の間


井筒の間の棚


井筒の間の軒先


1階・茶室「容膝軒」。広さは5畳台目です。
容膝軒1


容膝軒2


蹲(つくばい)からは湧き水が出る演出になってました。
容膝軒のつくばい



2階・能舞台がある広間「残月の間」。役者さんがお客に見られないような通路も設けられているそうです。
残月の間1


残月の間2


残月の間3


釘隠しは「澪つくし」
釘隠し「澪つくし」



2階・人形の間。ショーウインドーのようなケースが大胆です。
人形の間1


人形の間2


人形の間3


欄間のバックについた照明も、ユニークです。
人形の間4


2階・天神を祀る「手習いの間」。釣り釜がかかります。
手習いの間1


手習いの間4


天神様はこちら。
手習いの間2


手習いの間3


2階・平安朝の「蔀(しとみ)の間」。床の間左手の手すりに雅な演出。
蔀の間1


蔀の間2


蔀の間3


蔀の間7


襖の引き手がおしゃれ!
蔀の間6


でも、引き戸かと思ったら、開いたり。
蔀の間5


市松模様の衝立がダイナミック!
蔀の間4


これだけの部屋を一度に見られるのは、とても珍しいとのこと。きちんと床の間も飾られていて、この授業のために準備されていたことがわかります。素晴らしい!

建築の専門家は「照明の置き方が大胆だ」と驚いてました。侘びと、雅と、モダンがギリギリでせめぎ合う空間。究極の普請道楽ぶりに、ため息をつくばかりでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スペシャルランチ@大阪・高麗橋吉兆

2008/05/31
「一見さんお断り」の吉兆本店(高麗橋吉兆)。なかなか入ることのできない世界に、伝統未来塾の授業で、入ることができました。注目のお料理は、この日の授業のための特別版です。器とともに見ていきましょう。

吉兆の箸


まずは、胡麻だれのあえもの
胡麻だれのあえもの


鱧の椀物(今年初の鱧です!)
鱧の椀もの


松花堂弁当。本家本元です。
松花堂弁当


(ちなみに、松花堂弁当は、去年、松花堂美術館に行った際にも、いただきました。そのときの日記はこちら⇒http://shun.23.dtiblog.com/blog-entry-173.html)

デザート。フルーツゼリーです。錫のお皿が涼感を高めてくれます。
デザート


茶菓子。水ようかんですら、うまい!
水ようかん


お抹茶。素晴らしきクローザー。
お抹茶



こうやって、いただいてみると、吉兆のお料理は、器を見て、盛りつけを見て、料理を味わい、最後にお茶をいただいて、満喫するという、文字通りのもてなしであることがわかります。日本料理と茶の湯の融合、その元祖を味わうことができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

吉兆創業者の美意識に触れる@大阪・湯木美術館

2008/05/31
吉兆の創業者・湯木貞一氏が生涯をかけて集めた茶道具の数々を展示する湯木美術館。今回、伝統未来塾の授業で主任学芸員の方に湯木貞一氏のエピソードを伺いながら、見学することができました。

「上質のものをさりげなく」
美術館の建設にあたって、湯木さんの指示は、その一言だけだったそうです。細々とした指示でない分だけ、当時の施工担当者は大変悩み、苦労したそうです。応接室のカーペットと天井の照明の模様が一致していました。

「穏やかで品があること」
およそ1000点にのぼるコレクションの特徴は「穏やかで品があること」にあるといいます。決して、派手で荒々しいものは選ばなかったそうです。湯木氏の人柄を一言で表すと「こだわりの人」。自分で納得しないものは、どんなに他人の評価が高くても、決して買わなかったそうです。

「刻苦光明 必ず盛大なり」
禅の言葉。苦労は必ず報われる、という意味です。裏返せば、苦労して苦労しないで手に入れたものは、花が咲かない。湯木氏が、妙心寺の森永老師からいただいた言葉です。コレクションにあたっては、初期に集めたものを手放すなど、大変苦労したそうです。そのため、かつて湯木氏が催した茶会を再現するのは、きわめて難しいということです。

湯木氏は、言葉数は少ないものの、本質を見抜き、要点だけを口にするのだそうです。いまひとつ感覚がしっくりこなかった展示の前でしばらく考え込んだうえで、「どうしたん?」と聞いてくる。言い訳をせずに、どういうことを考えて、どういう行動をしたかを説明すると「わかりました」と一言。そして、展示を見終わると、必ず深々と一礼するのだそうです。

この日、最も価値があるという展示品は、井戸茶碗でした。(大井戸茶碗 銘対馬)

大井戸茶碗 銘対馬@湯木美術館


湯木貞一さんが「血の涙を流して」乗用車二台分のコレクションと交換したという貴重な品です。しかし、展示にはそんな背景の説明はなく、特徴が淡々と記された説明書きとともに、さりげなく置かれていました。

開館後2年半して、湯木氏は美術館の方針について、このような要望を出されました。
・よそから借りないでほしい
・見終わったときに、茶の湯の魅力がなんとなく感じられる展示にしてほしい

ゆっくりと展示を拝見した後、ふとお抹茶をいただき、リラックスしたくなりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

衝撃のスケール@大塚国際美術館

2008/05/18
鳴門のうず潮を観て、淡路の鮨を食べた後は、大塚国際美術館です。これでこそ、鳴門日帰り観光パッケージが完成するというもの。とはいえ、あまり下調べをせずに漫然と行ったら、これがすんごい大誤算の嵐。午後二時に入場して、午後五時の閉館時刻には、すっかりヘトヘトになっていました。

****
大塚国際美術館は、大塚製薬が創立75周年を記念して、建てた記念館で、世界の名画1000点あまりを、陶板に原寸大で焼きつけて展示しています。展示された作品の多くは、大塚グループの大塚オーミ陶業が開発した特殊技術によって焼き付けられたものです。
****

まず、美術館に着いて、チケットを買おうと窓口で「大人一枚」と言ったら...

「3,150円です」

おおおお、高い!TDLかUSJかとうなってしまいます。美術館としては破格の料金。まあ、鳴門に来るのも人生初めてだし、今度来るのはいつになるかわからないし、と気を取り直し、首をかしげながらも代金を払います。

<いったい何を見せてくれるんだ?>と、まだまだ高飛車な態度で、美術館に入ります。

まずはバチカンのシスティーナ礼拝堂の実物大が迎えてくれます。

大塚国際美術館のシスティーナ礼拝堂


<ん?デカイなあ。とは言っても、結局はパチもんじゃん。そこに信仰はあるの?>と、まだまだシニカルな姿勢のまま。

ところが、部屋をどんどんと進むにつれて、美術館の大きさと、立ち並ぶ作品の知名度、それに陶板の完成度と、そのボリュームに圧倒されるようになります。

<いま、地下3階だけど、全然見終わらない....これが1階まで続くなんて!>

重い宗教画がガンガンと続きます。ルーブル美術館、ウフィッツィ美術館、プラド美術館、エルミタージュ美術館などなど、世界中の名美術館の名だたる名画の陶板が続々とかかり続けます。受胎告知だけでも4作品はありました。

<確かに、これだけの名画を一度に見るのは、効率がいいなぁ...>

途中からは、自分の目にとまるものだけをきっちりと見て、それ以外は軽く流すようにしました。そうしないと、閉館時刻までにすべてを見終わることができないからです。

なにせ中学の美術の教科書に出てくるような名作ばかり。レンブラントの「夜景」に、モネの「睡蓮」、ダヴィンチの「モナリザ」、ゴッホの「ひまわり」、ピカソの「ゲルニカ」などなど。

<なんだか4番打者しかいない、どっかの打線みたい>

と、さらなる皮肉を言いたくもなりますが、とにかく量が多くて、ツッコミを入れる余裕もなくなってきました。陶板なので、光による劣化がしにくいので、自分を入れこんで記念撮影をすることもできます。自分もお約束のように、ムンクの「叫び」の横で、頬を細め、両手を添えました。

とにかく、スゴいです。美術館の閉館時刻午後5時ギリギリまで、見回っていました。基本的な美術の勉強をするには絶好の場所。なにせ世界中の大美術館に行く必要がないのです。こんな巨大な美術館が、鳴門にあるなんて....こういう展示のあり方というのも、「あり」なのかもしれません。

でも、やはりオリジナリティとか、創造性とか、作品のコレクション、展示の演出力、製作者の意図をくみとった説明など、美術館のソフト力という意味ではどうなのかな、という気がしました。ただ言えることは、一生に一度は見るべし!ということです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

なるほど!鳴門のうず潮

2008/05/18
鳴門の渦潮。一度は見に行きたいと思いながら、なかなか実現しませんでした。天気、予想される渦の大きさなど条件のそろったときに出かけることにしました。

鳴門大橋とうず潮


事前に見に行くスケジュールを検討する際に、観潮船の時刻を調べてみたら、「潮見表」があることがわかります。渦の大きくなる時間帯が何ヶ月も先までわかっているのです。これは渦の大きさが、潮の干満と、太陽・月の引力に左右されるためです。久しぶりに地学の勉強をした感じ。

ということで、この日、大きな渦潮が期待できる時間は、午前11時08分。その時間帯に渦潮に近づく船の出港時間を逆算して、午前8時30分にレンタカーで出発(神戸から淡路島を通る自動車道の通行料は片道5000円と、めちゃめちゃ高いので、高速バスで行くかどうか、かなり悩みました...)、淡路島の南端、福良に向かいました。

福良港に着くと、観光バスが3台あって、乗船できないのではないかと少し焦ります。10時50分発の乗船券を買って、やっと一安心。淡路島名物のたまねぎソフトクリームを食べながら、出航を待ちました。ソフトクリームは、たまねぎの甘さと地元名産の牛乳でつくるバニラの濃厚さがよく合ってました。

観潮船「咸臨丸」はかなり大きく定員500人。天気もよく、家族連れやツアー客などで、混んでいました。座席にはつかず、デッキでさわやかな潮風を受けながら、渦潮の発生場所へと向かいます。

出航しておよそ15分ほどで、「いま、渦潮の一番大きなところにきました!」とアナウンスがありました。ところが、海面には温泉のように海水がボコボコと吹き上がってくるのが見えるばかり。渦も小さく、できてはすぐに消えてしまいます。カメラを向けている間になくなってしまうのです。

うず潮1


うず潮2


洗濯機にできるような大きな渦のまわりを、船がまわるダイナミックなシーンをイメージしていましたが、そんなことは決してありません。テレビや映画のイメージが強すぎるのかもしれません。

うず潮3


うず潮4


その代わりと言ってはなんですが、瀬戸内海と太平洋の段差を発見しました。干潮だったので、左が太平洋...のはず。

鳴門の「滝」


渦は、浮かんでは消え、その大きさもまちまち、発生場所もあちこち...ということで、思うにまかせないままのうず潮ウォッチングになりました。自然の織りなす現象とは、人間が思うほど単純でなく、思い通りになるものでもない、ということを教えてくれたような気がします。ちなみに、物足りなさを感じた人のために、港に向かうまでの間、船内でうず潮のビデオが上映されていました。


正午に福良港に戻って、淡路「寿司一作」の鮨を食べに行きました。淡路と言えば、鯛やウニ。鯛は肉厚で、ウニはどこまでもスッキリとして海苔との相性抜群!あと、さよりは大きくてプリプリとして印象に残りました。写真は上にぎりセット。

上にぎり@淡路島「寿司一作」


これは追加。穴子の押し寿司です。
穴子の押し寿司@寿司一作


やはりローカルの鮨は面白いですね〜。目と舌で、鳴門・淡路を実感しました!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT