京都の錦秋を満喫@光明寺

2008/11/30
京都の南西部にある光明寺は、紅葉の名所として知られます。とは言っても、東福寺や永観堂ほどの混雑ぶりではありません。ということで、今年の紅葉はどうなっているのか、ちょっと立ち寄ってみました。

場所は、阪急長岡天神駅からバスで10分ほどのところにあります。普段は30分に一本しかバスが走っていませんが、この時期は臨時便が運行されています。

拝観料500円を支払って、境内へ向かいます。実はこの途中の紅葉もきれいなのですが、なかなかカメラのフレームにうまく収まらず、断念。この写真は、境内にあった、黄色から赤へ、見事なグラデーションを見せる、一本の楓です。
光明寺2008紅葉1


光明寺の紅葉が見事なのは、お堂の拝観を終えた後、山門の前後に伸びる参道の紅葉です。
光明寺2008紅葉2


この色の重なりに圧倒されます。これは肉眼のほうが美しく見えるかも。
光明寺2008紅葉3


散り敷く紅葉も美しい!
光明寺2008紅葉4


残念ながら、どのようにフレーミングしても、観光客が入ってしまいます。ま、しょうがないですね。
光明寺2008紅葉5


今年も、猛暑の影響で、大半の紅葉は赤黒く縮れていて、テレビの中継や新聞の写真は、ずいぶんと赤の色補正をしているんだろうな、と思ってました。ところが、光明寺の紅葉は朱色が強くてきれいでした。写真ではその魅力の半分も表現できていません。その分、肉眼に焼きつけました。行ってみてよかった〜!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

仁徳天皇陵を回ってみた

2008/11/29
百舌鳥御廟山古墳の一般公開見学のついでに、仁徳天皇陵に寄ってみました。歴史の教科書で習ったように、日本最大の前方後円墳です。場所は、JR阪和線百舌鳥駅から徒歩およそ5分のところにあります。

仁徳天皇陵の俯瞰図


仁徳天皇陵は、学術的には大仙陵古墳と言います。なぜなら、本当に仁徳天皇の墓かどうか、充分な裏付けが取れていないからです。宮内庁が仁徳天皇の墓だと見なしているだけのことなのです。しかも、宮内庁の管理地になっていて、中に入ることができず、当然のことながら確認することもできません。

ということで、一番近づけるのは、正面の遥拝所です。濠の向こう側に見える山を拝むような格好になります。神社に来た時のような、静寂な空気が流れていました。

仁徳天皇陵遥拝所


この日、風が強くて、墳丘を覆う森がモソモソと動いて、生きているかのように見えました。日本最大だけあって、とにかく大きく、古墳を囲む2750mの周遊路のどこから見ても山でした。

日本最大の前方後円墳でありながら、その全貌がはっきりしない。天皇の陵墓かどうかもわからないところを国が管理して、近づけさせないというのもどうなんだろう? きちんと調査して、その上で国民に見学の機会を与えてもいいのではないかと思うのでした。ああ、一度は中に入ってみたい...別に何もないと思うけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

前方後円墳に最接近@大阪・百舌鳥御廟山古墳

2008/11/29
大阪・堺市には、日本最大の古墳、仁徳天皇陵をはじめ、43の古墳が集まっていて、百舌鳥古墳群と呼ばれています。一度は行ってみたいと思いながらも、「どうせ中に入ることもできないし、見に行っても雑木林の丘が見えるだけで面白くないだろう」と見切りをつけていました。ところが、前日の朝刊で、その近くの百舌鳥御廟山古墳が一般公開されることを知りました。しかも、天皇や皇族の墓の可能性がある「陵墓参考地」の発掘現場が見られるのは、これが初めてとのこと。「これは千載一遇のチャンス!」と行くことにしました。

記事によると「一般公開は29日と30日の午前9時〜午後4時。先着5,000人に整理券が配られる」ということでした。自分が興味をもっていることは、他人も同じように興味をもつのではないかと思ってしまうもので、もし見学希望者が殺到したら、あっという間に整理券がなくなって見られなくなってしまう、と、ちょっと焦り気味に午前9時の配布開始時間に合わせて、集合場所(大仙公園催し広場)に向かいました。最寄り駅の阪和線の百舌鳥駅を降りると、プラカードを持った職員やガードマンがところどころに立っていて、誘導してくれました。

午前9時過ぎ、学校のグラウンドのような集合場所に着くと、整理券配布所のテントと、すでに整理券をもらった見学者数百人がいました。これなら問題なく見学できそう、とひと安心です。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:集合場所


整理券を受け取ります。15分おきに見学者をまとめて誘導することになっていました。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:整理券


さて、これまでの調査で、御廟山古墳は、こういうことがわかっています。
・全長186m、前方部の幅が119m、後円部の直径が98m、高さがおよそ18mで、百舌鳥古墳群のでは4番目の大きさであること
・仁徳天皇の后妃を葬った場所、あるいは応神天皇の初葬地である可能性があること
・現在のお濠の外にも、もう一周、細い濠があった。二重に濠がめぐらされていたこと

集合時間になると、堺市文化財課の職員から、今回の発掘調査のポイントや、見学にあたってのルールについての説明がありました。今回の発掘調査の概要や、見学のポイントはこんな内容でした。
・墳丘部分を宮内庁が、周囲の濠の部分を堺市が調査している。このような宮内庁と地方公共団体の共同調査は、今回が初めて。
・今回の発掘調査で、これまで全長186mと考えられていた築造当時の墳丘の全長が、およそ200mだったことがわかった。そうなると、この御廟山古墳は、大きさが全国で46番目だったのが、30位以内に入ることになる。
・この古墳が築造されたのは、仁徳天皇陵ができる少し前、5世紀中頃と推測される。
・発掘されるものの99.9%は埴輪。その大半が円筒埴輪。
・古墳の周囲に架けられた仮設通路から、発掘現場を見ることになる。墳丘には上がれない。

説明にあたっては、このようなフリップが使われました。この古墳は墳丘が3段構造になっていることがよくわかります。これを見ると、あの大きな古墳を、機械のない時代に作り上げる労力の大きさに舌を巻きます。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:説明フリップ


説明が終わると、集合場所から歩いておよそ5分の御廟山古墳の現場に向かいました。見学コースは、下図のように鍵穴のような形をした前方後円墳の半周分で、およそ300mの通路を歩きます。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:現場地図


現場に着くと、濠に架けられた橋をわたります。まさに、工事現場のような足場です。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:入口通路


発掘現場は、このように四角く削られています。ここに埴輪の列があったようです。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場1


百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場1−B


見学者は、必ずしもコアな考古学ファンだけでなく、地元の人や子供連れ、自分のような物好きなどいろいろといました。撮影ポイントの近くでは、このように列が詰まることもありました。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:見学の列


二番目の見学ポイントです。墳丘が二段にわたって削られています。ここにも埴輪の列が見つかったのでしょう。「葺石」は築造当時の状況を残す貴重な証拠です。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場2−A


百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場2−B


墳丘のふもとには、築造当時の場所から転落した葺石や埴輪があります。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場2-C


三番目の見学ポイント。どんどん発掘調査で削られる幅が広くなっていきます。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場3−A


ちょっとカメラでズームインしてみると、手前にドラム缶のように並ぶ物体があります。これがおそらく円形埴輪ではないかと思います。なにせ現場での質問は禁止なので、具体的なことはわかりません。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場3−B円形埴輪


その近くには「江戸時代の盛土層」とあります。お濠の土を削って、墳丘に乗せた跡です。こうすると、濠の体積が増すのです。江戸時代前期に、周辺の水田開発に対応するために行われたのではないかとみられます。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘現場3−C


墳丘には、樹齢数百年になるというクスの巨木が何本もあります。これだけでも神々しい雰囲気がします。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:クスの巨木


いろいろとキョロキョロ見回しているうちに、置いてけぼりになってました。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:仮設通路2


あっという間に、出口に着いてしまいました。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:出口


今回の見学ゾーンの反対側では、何カ所にもわたって、発掘調査が行われていました。
百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘調査現場1


百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘調査現場2


百舌鳥御廟山古墳一般公開:発掘調査現場3


見学が終わったのは、午前10時50分でした。あっという間でしたが、古墳への興味がわく貴重な体験でした。

宮内庁の調査ゾーンはノータッチで、堺市の調査ゾーンに通路ができていることから、宮内庁と地方公共団体が初めて共同調査したおかげで、今回の一般公開が実現したことがよくわかります。天皇や皇族の陵墓参考地が公開されるのは初めてということですが、宮内庁はそこまで神経質に閉鎖的にならなくてもよいのではないか、と思いました。確かにみだりに公開して現場が荒らされて、日本史における貴重な証拠が失われるようなことはあってはならないことですが、考古学や歴史への関心を広げ、高めるために、このような見学の機会をもっと増やしてほしいものです。

百舌鳥御廟山古墳一般公開:宮内庁の看板
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

紅葉の穴場発見!@滋賀・湖南三山

2008/11/24
11月後半の3連休、京都は紅葉狩りの観光客が押し寄せて大変な混雑です。この混雑を回避しながら、紅葉を楽しむことはできないものか...と考えていたら、湖南三山特別公開の情報を知りました。

湖南三山とは、滋賀県湖南市に点在する天台宗の3つの古刹(常楽寺・長寿寺・善水寺)の総称です。滋賀県湖南市は、2004年に石部町と甲西町が合併してできた新しい市です。したがって「湖南三山」という名称も新しいくくりです。滋賀県にある22の国宝建築物のうち、4件が該当します。湖南三山めぐりは11月15日〜30日の16日間だけに開かれる特別拝観期間で、この期間だけ、石部駅と甲西駅と3つの寺を結ぶシャトルバスが30分おきに運行されています。なかなかこういう機会がない限り訪れないと思い、時間がないなかで、常楽寺と善水寺に行くことにしました。

JR石部駅を降りると、すぐにシャトルバスの乗り放題チケット売り場とバス乗り場があります。そこで湖南三山めぐりのパンフレットとバスの時刻表をいただきました。バスは乗車1回につき250円でした。拝観割引券つきの乗り放題券は1,000円。4回乗ればおつりがくる計算です。バスはJR草津線のダイヤに合わせて、出発します。

1)常楽寺
まず最初に着いたのが常楽寺です。拝観料500円を払って境内に進むと、突然視界が開けます。そこには貫禄のある本堂と三重塔がありました。脇に見える紅葉もしっかりと色づいてきれいです。
常楽寺本堂・三重塔


本堂では、団体客の到着に合わせて、住職がお寺の概要を説明してくれます。常楽寺は奈良時代の708年に良弁が開いたお寺です。奈良にとって鬼門の方角となるために、この地に立派なお寺を建てたということ、内陣に立ち並ぶ二十八部衆像は一部が盗難に遭ったこと、通常の拝観は予約制で、しかも檀家を持たない寺なので財政的に大変なこと、などなど。内陣に入り、仏像をすぐ近くでじっくりと見ることができます。

本堂から庭園を眺めると、額縁がついたようです。
常楽寺の紅葉


本堂と三重塔を眺め、住職の話を聞き、紅葉を愛でていると、あっという間に30分たってしまいます。その次のバスに乗るには、さらに30分も待たなくてはいけない、という慌ただしさ。もう15分くらいゆったりと観られたら、このお寺のさらなる魅力を発見できたのではないかと思うと、残念です。

2)善水寺
本来なら長寿寺に寄るべきところですが、都合により、ショートカットしました。善水寺は、常楽寺からバスで30分。さらなる山の中にあります。たしかにここは自分では行き着けないところです。

こちらでも拝見料500円を支払って入ると、さらに貫禄のある大きな本堂が目前に広がります。
善水寺本堂


ここでも住職のお話を聞くことができました。やはりここも708〜715年に、元明天皇が鎮護国家の道場として、708年ごろに開いたお寺です。桓武天皇が病気になったときに、この付近の水を献上したところ、病気が治ったことから、このお寺の名前がついたのだそうです。内陣の仏像群(梵天・帝釈天・四天王・十二神将)は、未だにカラフルな塗装の一部が残っています。ポーズも独特で、面白いです。

こちらではお寺の入口脇のテントで食材やお土産が売られていたのに、このお寺も時間がなくなってしまいました。このバスを逃すと、やはり次の便は30分後になってしまうということで、かなり緊迫した状況でした。


本当は、レンタカーでも借りて、バスの時刻にとらわれずに自由にまわり、この善水寺の近くにある十二坊温泉に寄って、お昼もゆっくり食べてから...というのが最も楽しい形ではないかと思いました。

どちらのお寺も大きな伽藍と立派な仏像が売りです。奈良のお寺の特徴とよく似ています。見どころの多い、素晴らしいお寺でした。

観光客の群れから逃れようとやってきましたが、湖南三山にもしっかりとツアーバスがやってきます。それでも、東福寺や嵐山の混雑を想像すれば、圧倒的に楽ちんで、紅葉も見事でした。古刹好きならイチオシです。いい穴場スポットを見つけたような、うれしい一日でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

神幸行列は盛りだくさん@熊本・八代妙見祭

2008/11/23
九州三大祭のひとつといわれる、八代(やつしろ)妙見(みょうけん)祭。およそ1300年前、中国から妙見神が亀蛇(きだ)に乗って八代に上陸したという故事に基づいて、江戸時代中期(1635年)から続く祭りです。ハイライトは23日(勤労感謝の日)の神幸行列「お上り」。三大祭のひとつと呼ばれる理由はどこにあるのか、行って見ることにしました。

午前11時半過ぎ、鹿児島本線の新八代駅に着くと、祭りの雰囲気が少しも感じられないほど、がらーんとしていました。日付を間違えたのではないかと不安になってしまうほど。さらに、お祭りの会場までの行き方がまったくわかりません。会場と市街を往復するシャトルバスが走っているということですが、初めて訪れた人間にはわかりにくい場所にあります。やむなく、タクシーで会場の近くまで行くことにしました。露店の列と人ごみが見えて、やっと安心です。

人の流れに沿って進むと、八代神社に着きました。ここが、冒頭の伝説で、妙見神がおよそ3年間仮座したという場所です。大阪の「えべっさん」のような、わやくちゃな混雑ぶりです。
八代神社


祭壇の前に立つと、お祓いをしてくれます。が、途中で、祭りで活躍する「飾馬」(かざりうま)が来ると、道を開けなくてはなりません。スペースのないところに人が密集して、そこに流氷を割るように馬が進んできます。人にかなりの圧力がかかりました。
八代妙見祭:飾馬のお祓い


何頭かいるうちの一頭の飾馬にお祓いをしているところです。
八代妙見祭:飾馬のお祓い2


この混沌を離れようと少し歩くと、水の少ない川(だから水無川)があって、堤防がスタンドのようになっています。ここが砥崎河原という会場です。すでに神幸行列を良いポジションで観ようという観客で一杯でした。
八代妙見祭:砥崎河原会場


ほどなく、雨がパラパラと降ってきました。自分は傘を持っていなかったので、橋の下から見物することにしました。

13時、いよいよ神幸行列が砥崎河原にやってきます。熊本県の無形民俗文化財に指定される、この行列は、総勢1600人にも達する壮大なものです。行列は、何通りもの集団に分かれていて、それぞれが会場で出し物を披露したり、京都の時代祭のように絵巻物の再現のように通り過ぎていったりします。

まず登場したのは「獅子舞」です。子供が獅子を操ります。リズムの取り方や打楽器に、中国大陸の雰囲気が感じられます。が、この出し物が始まったのは1691年。鎖国時代なのです。真っ赤な獅子が印象的ですね。
八代妙見祭:獅子舞


ここからしばらくは、絵巻をもとに復元された行列が続きました。奈良の「若宮おんまつり」で見たような「奴」(やっこ)に続いて、
「木馬」(きんま)
八代妙見祭:木馬


「鉄砲・毛槍」
八代妙見祭:鉄砲・毛槍


「白和幣」(しらにぎて)
八代妙見祭:白和幣


「籠」
八代妙見祭:籠


ちょっと退屈しかけたところで、神馬が登場しました。場内アナウンスの聞きかじりによると、立派な三歳馬です。
八代妙見祭:神馬


水無川の淵にたまった、大きな水たまりのような場所に、馬を連れて行こうとします。あいにく、この日はとても寒くて、馬も水に入るのが嫌だったようです。水のほとりで走り回りました。水しぶきを期待していたカメラマンには残念な展開でしたが、馬のご機嫌はコントロールできませんよね。
八代妙見祭:神馬疾走


続いては、笠鉾「菊慈童」(きくじどう)。最も由来が古いのだそうです。ところが、雨よけのビニールで中がほとんど見えません。
八代妙見祭:菊慈童


「神輿」。10年前に新調されたそうです。
八代妙見祭:神輿


ここからは、笠鉾が次々と8台登場します。京都の祇園祭の山鉾に比べると小さめです。地元の工芸技術を駆使してつくりあげられたものだけに、雨よけのビニールで隠れてしまうのが残念です。
八代妙見祭:笠鉾1


八代妙見祭:笠鉾2


このお祭りで最も人気のある「亀蛇」(きだ)が登場しました。頭と首が蛇、胴体が亀の形をした空想動物です。ガメとも呼ばれます。伝説では、妙見の神様はこの動物に乗って中国からやってきた、とされています。
八代妙見祭:亀蛇1


観客席に近づくと、大きな歓声があがります。
八代妙見祭:亀蛇2


ときおり土手に上がって、グルグルと激しく回ります。よろけるところが、かわいいのです。
八代妙見祭:亀蛇3


さらに、観客席の中へ。長い首を活かして、観客席にダイブするかのようです。
八代妙見祭:亀蛇4


最後は飾馬。馬に乗らず「馬追い」によって、馬をコントロールします。神聖な馬にまたがることはできない、ということなのでしょう。
八代妙見祭:飾馬1


八代妙見祭:飾馬2


八代妙見祭:飾馬5


水しぶきが、馬追いの迫力を増します。
八代妙見祭:飾馬4


子馬だと、かわいいですね。
八代妙見祭:飾馬3


こうして有志の9団体が、相次いで馬追いを披露します。それぞれ最後に餅やみかんを観客席に投げ込みます。
八代妙見祭:飾馬の後


この日の天気は雨まじりの曇りで、気温も低く、見ているうちに身体がすっかり冷えました。最後は気合いで見てましたが、16時30分に撤収しました。

神幸行列は、出し物のバリエーションの豊かさに驚きました。華やかさと勇壮さが同居しています。それこそが、九州三大祭と称される理由なんだろうな、と思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT