トリュフ尽くしメニュー@イタリア・アルバ

2011/10/11
イタリア北部の町・アルバでは10月に「白トリュフ祭り」が開かれます。その時期に合わせて、トリュフメニューを出しているというレストラン Osteria dell arco へ、ランチに行きました。要予約です。

こちらがお店の外観。開店時間は12時30分でした。ウロウロしていたら、店員さんが出て来て「きょうは予約で満席だよ」と言ってました。
オステリア・デラルコ外観

こちらがお昼のトリュフメニュー。イタリア語なので、辞書を片手に読みました。40ユーロ。
トリュフメニュー接写


一皿目。この地域の白トリュフメニューのひとつ、牛のタルタル白トリュフがけ。
トリュフメニュー②

白トリュフの香りはそんなにしません。塩・オリーブオイル・胡椒でほんのりとした肉の旨味、さっぱりとした印象。肉自体の食感を残すため、スジを残した切り方をしています。


二皿目。クリームとチーズのソースのニョッキ、黒トリュフがけ。
トリュフメニュー①

チーズは濃厚で、ニョッキはさっぱり。黒トリュフの香りが活きていて、バランスがとてもよい。

お昼のトリュフメニューは以上...ですが、「これで終わりなの?」という感じだったので、アラカルトから追加で注文。このお店の目玉メニューを頼みました。それがこちら、白トリュフの茶碗蒸し。25ユーロ。
白トリュフの茶碗蒸し1

中には半熟卵とチーズ。なぜ器の中にありながら、卵が半熟なのか不思議。これをスプーンでグリグリとかきまぜると、こうなります。
白トリュフの茶碗蒸し2

とにかく濃厚1 チーズと塩味しっかり。白トリュフは負けちゃってるけど、土の香りが立ち上ります。

最後にデザート。グラッパのアイス。大人のスイーツです。甘さが上品なり。
グラッパのアイス

濃厚さの中に、トリュフのもつ香りが入ってきます。そのハーモニーの良さが面白い。ただ、今年の白トリュフは去年より元気がないというのが残念でした。でも、この町ならではのトリュフの季節を味わう、とても良い経験ができました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME