お白石持行事@伊勢神宮(外宮)

2013/08/23
20年に一度行われる伊勢神宮の式年遷宮。何らかのイベントに参加したり、普段見られないところに行ったりすることができないかと思っていたところ、この「お白石持ち」という行事があることを知り、伊勢出身の知人のご協力により、参加することができました。

「お白石持行事」とは、式年遷宮で新たに建てられた御正殿の敷地に敷き詰める「お白石」を、地元の住民たちが運び込む民俗行事です。この行事は、新しい御正殿が建てられてから神様が移るまでの間に、内宮と外宮のそれぞれに対して行われます。この行事に参加すると、伊勢神宮の神域のうち、普段は「外玉垣南御門」の外か、その内側までしか入れないところが、御正殿の正面まで進むことができます。

外宮配置図

一般の人間がここまで入れるのは、この「お白石持ち」しかないという、20年に一度の貴重な機会、というわけです。今回、参加させていただいたのは外宮への奉献です。

この行事に参加するには、伊勢神宮の地元の奉献団の一員に加えていただくか、特別神領民として申し込むことが必要です。また、参加当日は、帽子からシャツ・ズボン・靴まで真っ白で揃え、お白石を包む白い布を用意する必要があります。結構真っ白な服や靴というのはなくて、ロゴや線が入っていることが多く、今回の行事のためにいろいろと揃えなければなりませんでした。



さて、当日を迎え、御白石を載せた奉曳車を拝見しました。今回参加させていただく船江神習組のものです。これだけの石を積むわけですから、相当な重量に耐えられるようになっているはず。重厚感があります。後ろから見ると…

奉曳車1

正面から見ると…

奉曳車2

「エンヤ!」の掛け声とともに出発!この奉曳車を数千人が約2.5kmにわたって引いていきます。奉曳車からグワーンという低音の法螺貝のような音がして、重々しさを感じました。

お白石持ち奉曳1

掛け声とともに、外宮までの道を先導する奉献団の「木遣り」の人たち。ひときわ大きな声で曳航をもり立てます。

奉献団「木遣り」

外宮までの道のりは、普通に歩けばあっという間ですが、途中途中で止まっては綱を練ります。「よーいとこ、よーいとこ、よーいとこへ〜」と歌っては、道の真ん中に2本の綱を寄せます。

奉献団2

引いているときは長く感じましたが、着いてしまえばあっという間にも感じる奉曳でした。外宮の参道に奉曳車が着き、一人一人に白石が渡されます。渡された石の大きさは片手に載るほど。白い布に包みます。

お白石

ここからは一人一人が白石を持って、神域へと向かいます。

お白石持ち1

神域の手前には、こんな注意書きがありました。

お白石持ち但し書き1

お白石持ち但し書き2

写真を撮りたくなる気持ちをぐっと抑えて御正殿へ。ここから先は撮影禁止です。

お白石持ち神域手前

目の前に現れた御正殿。最高の材質のヒノキでつくられた実にシンプルなつくりでした。大きさはそれほどでもないのに、堂々とした迫力と研ぎすまされた世界の緊張感を感じます。神様が移る前とはいえ、張りつめた空気が体に伝わり、少し背筋が伸びました。すべてを超越すると、最後はシンプルになる。神様のお住まいになるところは、そんな世界なのだなということが伝わってきました。

伊勢神宮外宮神域入口

幸い、自分の参加した奉献団が、その日の最後のグループということもあり、御正殿を目に焼き付けようと、ゆっくり、ゆっくりと拝見させていただき、余韻を味わってきました。蒸し暑い夕方の奉曳でしたが、最後に見た御正殿にすっかり心を洗われました。20年に一度の貴重な機会に、感謝の気持ちで一杯になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME