iPhoneをGet!

2008/07/12
アップルコンピュータの携帯電話iPhone、金曜日の発売日に表参道に1500人が並ぶ大人気です。自分も「かっこいい!欲しい!」と思っていましたが、どうすれば手に入るのか見当がつきません。ところが、幸運にも、列に並ばずに、しかも発売の翌日に手に入れることができました!10年を越えるアップル信者にとってはうれしい瞬間でした。

iPhoneの写真


午前10時前から、難波の大型量販店と大阪の電気街・日本橋を歩いてみました。案の定、量販店やソフトバンクのショップには「IPhoneの次期入荷は不明です。予約も受け付けません」という、取りつく島もない説明が貼られていました。

難波の大型量販店では、従業員が「明日30個入荷します。9時45分から受付を始めます。お店の外には午前6時から並べますよ」と、体力的に厳しいアドバイス。ううむ。さすがにそこまではしんどい。

ふらふらと半ばあきらめながら、11時過ぎ、再び日本橋をふらふらと歩いていると、その一角にあるソフトバンクのショップでiPhoneのポスターにお断りの紙が貼られていないことに気づきました。そこで、店員さんに「iPhoneありますか?」と直撃すると、「キャンセルの出た16GBの白ならありますよ!」というお返事。おおお!それはタナボタだ。

早速、前のキャリアのショップに解約手続きをしに行くと、
「メールアドレスは一切残りませんが、よろしいですか?」
「1万4800ポイントが破棄されますが、よろしいですか?」と、後ろ髪をひかれるような確認の嵐。そうだよな。8年以上使っただけに、メリットも思い入れもいっぱいあるんです。


ソフトバンクのショップでの手続きは、料金の確認や、データの引き継ぎ方、メールのセットアップ、電話としてだけでも使えるようになるまでに、およそ1時間かかりました。ショップの店員さんも、実際に触ったりすることがほとんどできないまま説明にあたっているのが気の毒でした。

自宅に戻る途中で、大手量販店で早速液晶保護シートを購入。覗き見防止機能つきは1480円の商品しかありませんでした。ケースはこれから考えようっと。

自宅に戻って、まずはiPhoneを拝見します。美しい!ほれぼれします。

iPhoneの写真2


メールアドレスを決めて、半分までしかされていない充電をフルにしながら、今までの住所録のデータや音楽・写真のデータをiPhoneに読み込ませる作業があります。住所録やスケジュールなどデータの移し替えに関しては、自分はMacを愛用しているし、今までの携帯のデータもバックアップしているので、手間はそれほどかかりませんでした。iPhoneは自分のパソコンを起点にデータのやりとりをするので、パソコンのない人には不便な端末だと思います。


難しかったのは、メールアドレスの設定。なぜかショップで渡されたIDとパスワードでログインできなかったため、2時間ほど設定が進まずにやきもきしました。

メールアドレスが設定できたところで、家族、職場関係、友人・知人などに連絡メールをうつことにしました。いきなり前の契約を打ち切ったので、iPhoneをフル活用しないとメールアドレスの変更が連絡できないのです。まずは入力方法で混乱します。突然変換のスピードが落ちることがあり、誤って消去して書き直さなくてはいけない事態が起きたり、修正したい部分にカーソルを合わせるのに苦労したり。つくりかけのメールを保存する方法もよくわかりません。以前にうった文章を、コピー&ペーストできないのはかなりショック。範囲を決めて削除もできない。これらの問題は修正されるのでしょうか?

iTunesやYouTubeの画像はサクサクとダウンロードできて快適です。画像を自在に拡大・縮小できるのも斬新で面白い。「APP Store」というアイコンをクリックすると、ゲームやソフトがダウンロードできるし(まだ英語版が多い印象)、使い込んでいくうちに機能が充実していく予感がします。あとは、フリーの無線LANが広がるといいですね。職場の近くの喫茶店とかで導入されたら、通っちゃうかもしれません。

確かに今までの携帯に機能的に大きな不満はありません。でも、iPhoneには心奪われるような洗練されたデザインとユニークな機能があります。今までの携帯の「お仕着せ感」がないのがいいですね。iPhoneを手にすると、どこか自由で開放的な感じがするのです。これから、どうやって充実させていくか、楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment

管理者のみに表示
Trackback