年に一日しか上陸できない島@宗像大社沖津宮現地大祭

2009/05/27
宗像大社の神域として、婦女子の上陸が禁じられ、男性でも年にたった一日しか訪れることのできない島、沖ノ島。福岡県宗像市からおよそ50kmの沖合にあります。この日、宗像大社から上陸を許された、200人余りの男たちが、島内の沖津宮(おきつぐう)で行われる現地大祭に参加します。自分もその一人として上陸することができました。

宗像大社沖津宮現地大祭は毎年5月27日に行われます。1905年5月27日、沖ノ島のすぐ近くで日露戦争の日本海海戦が繰り広げられ、日本軍はロシアのバルチック艦隊を破りました。その様子を、神官のお仕えとして働いていた男が目撃し、その様子を日誌に書き残していたことが(「坂の上の雲(8)」などで)知られています。現地大祭は、この海戦の戦没者慰霊の意味合いもあるようです。


さて、ここからは、貴重な1日の記録です。前日の説明会で、宗像大島の漁港に、午前7時集合、午前7時30分の出発と決められました。前日に渡されたチケットに記された名前の船の近くに集まって、神職が点呼をとりました。こちらが、今回の旅でお世話になる漁船です。
宗像大社沖津宮現地大祭:えびす丸?


前日に渡されたライフジャケットを着て乗船します。海が荒れると激しく船酔いするかもしれない、と注意されていたので、空いていた船底部分に寝ることにしました。外の景色は見られませんが、揺れが少ないことを優先しました。

船が出港したのは、予定より10分早い、午前7時20分。地鳴りのようなモーター音と揺れを背中に受けて、この船のスピードを感じました。目を閉じて、じっとすること一時間。モーター音が小さくなったと思ったら「着いた!」という声が聞こえてきました。日本国旗と海軍旗が共に掲げられていました。海軍と沖ノ島の関係を感じさせます。
沖ノ島1


到着時刻は午前8時20分。事前の案内では2時間かかるということでしたが、この漁船の能力が高く、波が穏やかだったおかげで、あっという間に着きました。船着き場のすぐ近くには、社務所があります。
宗像大社沖津宮社務所


社務所の横には、沖ノ島の上陸心得が書かれた看板が立っています。
沖ノ島上陸の心得


さて、その心得に則って、さっそく禊(みそぎ)です。スッポンポンで肩まで海中に浸かります。沖ノ島:禊


ちょっとひんやりとしましたが、耐えられないほどではありませんでした。持参したタオルで全身を拭いて、社務所の脇の水道で水を汲みます。後ほど沖津宮でお祓いを受けると、ご神水として持ち帰ることができます。

そして、沖津宮へと向かいます。石段は強い波風を受けてきたせいか、削れてなだらかになっていました。
宗像大社沖津宮への鳥居1


鳥居の扁額の字に歴史を感じます。
宗像大社沖津宮への鳥居2


沖津宮に至るまで、素朴な鳥居が3基ありました。
宗像大社沖津宮への鳥居3


宗像大社沖津宮への鳥居4


宗像大社沖津宮への鳥居5


10分ほど歩くと、沖津宮の社殿に着きます。一人ひとりが、ゆっくり丁寧にお参りしていました。
宗像大社沖津宮社殿


現地大祭の開始予定時間、午前10時まで少し時間があったので、周囲を散策してみました。頂上へ至る道の途中は、このように緑で覆われる場所もありました。
沖ノ島の自然1山道


沖ノ島からは、一木一草たりとも持ち帰ってはいけないせいもあって、古来の自然が残っていると言われます。
沖ノ島の自然2


植生は照葉樹林に属しているということもあって、大きな葉の植物が目立ちます。
沖ノ島の自然3


沖ノ島の自然4


巨大な岩も数多く見られました。沖ノ島では、4世紀から10世紀にかけて、このような大きな岩の上や岩陰で祭祀が営まれてきました。このような岩陰から遺跡が見つかり、そこで見つかった遺品が国宝や重要文化財になります。「海の正倉院」のルーツはこういう場所にあるわけです。
沖ノ島:巨石


沖津宮社殿に参拝者が続々とやってきました。午前10時を待たずして、現地大祭が始まりました。
宗像大社沖津宮現地大祭


現地大祭は、30分もかからずに滞りなく終了しました。あいさつに立った宮司さんが「日本古来の信仰がそのままの形で残る、この島の様子を目に焼き付けて、多くの人に語ってほしい」と話されました。

この後、船着き場では直会(なおらい)が行われるということですが、もう少し島を散策しようと、島の頂上を目指すことにしました。枯れ葉でふかふかとした山道を歩いて行きます。
沖ノ島:頂上への道1


頂上への道は原生林の中を進みます。思ったよりも整備されていました。
沖ノ島:頂上への道2


とは言っても、一か所だけ、すべりやすい岩をのぼる必要があります。
沖ノ島:頂上への道3


沖ノ島にも、ドコモのアンテナが立っているのには驚きました。バリ3です。
沖ノ島:頂上への道4


午前10時55分、沖津宮社殿から30分足らずで頂上に着きました。海抜240m。灯台があります。周りは見渡す限りの海。お天気にも恵まれて、爽快な気分です。
沖ノ島:頂上からの眺め1


島の緑、岩の白さ、海の青さ...色彩が深く、くっきりとしていました。
沖ノ島:頂上からの眺め2


船着き場も見えます。
沖ノ島:頂上からの眺め3


頂上には10分も滞在せずに、すぐに下山しました。船着き場までは30分ほどかかりました。
沖ノ島:頂上への道5


船着き場では、直会が終盤を迎えていました。残された料理を少しずついただきました。地元の漁師さんによる、アジやイワシの煮付けがドーンと大皿に載っています。コクがあって、唐辛子が効いてピリッとしてます。
宗像大社沖津宮現地大祭の直会1


その煮汁にそうめんを入れたもの。そうめんのさわやかさと煮汁のコクのハーモニーが素晴らしく、癖になる味でした。
宗像大社沖津宮現地大祭の直会2


食べ終わるか終わらないかのうちに「出港時間は12時とします」というアナウンスがありました。いやー、慌ただしい! 社務所の脇で水をくんでお祓いをうけたり、社務所で御朱印をいただいたり(自分は御朱印帳を持ってこなかったことを後悔しました。とは言っても、一枚紙でいただき、後日、貼付けました)、残り時間でやり残したことのないように、せかせかと動き回りました。
宗像大社沖津宮社務所でお祓い


沖ノ島を出たのは12時05分。帰りは少し波がありましたが、それでも宗像大島に着いたのは13時10分でした。自分が乗った船は一番早かったのです。うれしいことに、船酔いの心配は杞憂に終わりました。午後は時化るかもしれない、という話でしたので、出発が早まったのかもしれません。

宗像大島から神湊(こうのみなと)への船は定刻14時40分発でしたが、帰路につく現地大祭参加者であふれることから、その20分前に臨時便が出ました。柔軟な対応です。神湊から宗像大社辺津宮に立寄り、無事に戻って来たことに感謝のお参りをしました。

年に一日というか、ほぼ半日の上陸。時間のない中で、目一杯、見られるものを見てきました。手つかずの原生林に、巨大な磐座...そこにひっそりと建つ社殿、そして全裸で海水に浸かる禊。日本人の信仰の原点をまさに体感することができ、少し背筋が伸びる思いがしました。
宗像大社沖津宮社殿2
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment

管理者のみに表示
Trackback