皇室の名宝展(1期)@東京国立博物館

2009/10/06
「皇室の名宝展」は天皇陛下の即位20年と結婚50年を祝して開かれています。1期と2期で展示物がそっくり入れ替わります。お目当ては、1期に展示される伊藤若冲「動植栽絵」30幅。動植栽絵は相国寺の承天閣美術館でお目にかかって以来ですが、当時の人気ぶり、それに展示期間(1ヶ月弱)の短さを考えると、混雑は必至。都合がつく序盤の平日に行くのが一番いいと思いました。台風が近づく中、初日に行きました。

皇室の名宝展@東京国立博物館


午後2時30分ごろ、上野の国立博物館平成館に行ってみると、長蛇の列ができているわけでもなく、かと言ってガラガラというわけでもなく、という混み具合でした。中に入って、まず最初の展示が海北友松や狩野永徳のダイナミックな屏風。唐獅子図屏風は狩野永徳展以来です。

次の部屋に、伊藤若冲の「動植栽絵」30幅がずらっと並んでいました。広い空間に壮観です。ディテールまで細かく描かれ、色彩は鮮やか。動物や鳥、虫の目の表現がコミカル。どの作品も魅力的でした。

さらに、円山応挙「旭日猛虎図」や酒井抱一「花鳥十二ヶ月図」、葛飾北斎の「西瓜図」も素晴らしい! さすが皇室コレクション。江戸時代の名画がインデックスのように出てきます。これだけの絵が、大きく2か所に分けられた展示スペースの前半に集中しています。前半を観ただけでヘトヘト。

後半は、横山大観などの近代の名画。明治以降は帝室技芸員に選ばれた画家が、天皇陛下のために描いた作品が多くなります。七宝焼のコレクションが印象に残りました。

さすがに皇室の名宝なので、世相を皮肉ったような作品はひとつもありませんが、展覧会は江戸中期から昭和初期までの、日本美術のダイジェストのようです。会期が短いのが実に残念!おそらく会期末には大混雑となるでしょう。

ちなみに、午後4時、若冲の「動植栽絵」30幅を再度見に行ったところ、ガラガラでした。天気の悪い平日の閉館1時間前、オススメです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Comment

管理者のみに表示
Trackback