京都検定を受けてみた!

2005/12/11
いったい、どんな検定をするのか、今回、僕も遊びの一つとして、受けてみました。受かれば転勤生活の勲章になるし、落ちてもネタになると考えました。ところが、一夜漬けの勉強で最も簡単な3級の試験に臨んだところ、これが難しかった!

早速ですが、わからなかった問題をいくつかピックアップしてみますと...
Q:豪商・佐野紹益の妻となった吉野太夫が、開創の日乾に帰依したことから、吉野太夫ゆかりの寺として知られる寺院はどこか
  ア)廬山寺 イ)常照寺 ウ)常紹皇寺 エ)立本寺

Q:長岡天満宮にある、八条ヶ池の参道に植えられている花は何か
  ア)牡丹 イ)キリシマツツジ ウ)萩 エ)あじさい

Q:「わたくしたち京都市民は、旅行者をあたたかくむかえましょう」などを定めた「京都市民憲章」は、何年に制定されたか
  ア)昭和21年 イ)昭和31年 ウ)昭和41年 エ)昭和51年

要するに検定という名の京都のトリビアみたいなもんです。知っているかどうかが最大のカギです。体系的に出題されればいいのですが、記憶の片隅をほじくるような問題がほとんどです。どうも10年以上前に受験した、共通センター試験のような感じです。もう少し、京都を体系的に学ぶための問題ならいいかも、と思いました。受験者の6割以上は、観光に携わっているとみられるオッサン。残りが京都好きの女性。僕のような記念受験はごくわずかでした。会場にこれだけ白髪の混じった人が多い試験は珍しいでしょう。

まあでも、この検定をほんまもんの京都の人が受けるとは思えません。1級を取った場合のメリットが未だによくわかりませんし、必要ないですから。結局、彼らに言わせれば、この検定は「田舎もんの証明書」ということになってしまうのかもしれません。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

4ヶ月で10キロやせた!

2005/05/20
今回は本来のテーマ、観光とは離れて、この4ヶ月間、自分がトライしてきたダイエットについて、記しておこうと思います。というのも、今年の初めに誕生日までに10キロの減量をする、という目標をたてて、ちょうど達成することができたからです。でも、このダイエット、ひとりジョーズじゃないとできないと思います。

そもそもダイエットをしようと思ったのは、去年の年末に知人の医師から「このままだと糖尿病ですね」とそっけなく言われたことがきっかけ。運動不足と飽食の正月を終えて、スポーツクラブで体重を量ると、人生で最も重く、10のケタがひとつ多くなっていました。今年で30代も折り返し点ということでオヤジの坂を転げ落ちるという危機感もあり、このままでは糖尿病の遺伝がいつか現れるという恐怖感もあり、自分の食事と時間をコントロールできる今のうちにやせようと思い立ちました。

思い立ったが吉日、でもどうやって始めよう? ということで、3冊の本を読みました。
1)「主食を抜けば糖尿病は良くなる〜糖質制限食のすすめ」江部康二・著 東洋経済新報社
2)「低インシュリンダイエット ハイパー」永田孝行・監修 高橋書店
3)「トータルワークアウト」ケビン山崎・著 KKベストセラーズ

この3冊を読むと肥満のメカニズムがわかります。カロリーをたくさんとっているから太る、減らせばやせる、というふうに考えていましたが、甘かった。本を読んでわかったことは、脂肪分を減らすには、炭水化物や砂糖などの糖質を減らし、糖質の燃焼を抑えないと脂質が燃えないということ。つまり贅肉を減らすには、糖質を減らすことが大事。ただ、現状では3)のような激しい運動はできないし、会社の同僚と行くランチの店を一人で決められない以上、1)や2)のように食事を徹底することもできない。

そこでふと思いついたのが、週末断食でした。今の仕事は土日祝がしっかりと休める。人付き合いの少ない今は、予定を入れなければ週末の食事は自分で決められる。この状況を活用しよう、ということで
・土曜日は水やお茶をひたすら飲んで腹を膨らまし、固形物を食べないことで、自分の体を浄化する。
・日曜日はうすいお粥や、消化が良く糖質が少ないものを中心にする
という週末を2、3週間に一度くらいの頻度で繰り返すことにしました。この方法については、日経ヘルス2005年6月号に詳しい特集が載っています。

最初の週末はすごくきつかったです。腹が減っても何も食べないのは、結構落ち着かなくてイライラしてました。とにかく水でお腹を膨らませました。初日を乗り切ると、空腹に耐える力がつきます。空腹を感じても、すぐに食べようとはせずに我慢ができる。我慢の末にいただく食事は、感覚が研ぎ澄まされているのでとてもおいしい。胃が小さくなっているので、たくさん食べられない。

そういう感じで、すべてが減量の方向に転がっていき始めます。それは宇宙衛星が軌道に乗るまでと似ていて、打ち上げと軌道に乗せるまでの努力が大変ですが、一度軌道に乗れば、体と気力がやせる方向に向かいやすくなり、障害(過剰な食欲)をよけられるようになります。

断食のコツは、夕食の時間の過ごし方にあります。誰かに会ったり、何もやることがないと、条件反射のように何かを食べたくなってきます。ただ、僕の場合はひとりジョーズ、夕食の時間にも街を歩き続けたり、あえてスポーツクラブで汗を流すなど、夕食の時間を用事で埋めることで、さみしさを感じることなく乗り切っていきました。スポーツクラブの運動量は、やせる前と後で全く変わっていません。週に1,2回行ってます。

日常では低インシュリンを心がけながら生活する。朝は塩分なしのトマトジュースとビタミンサプリ。夜の甘いもの、夕食でのご飯大盛りやおかわりをやめる。炭水化物や甘いものはお昼にできるだけ食べる。空腹を感じることに不快感がなくなったので、間食をしなくなる。そうやって、一か月に2?以上のペースでやせていきました。

結果、フェイスラインが出るようになり、9年前に仕立てたスーツが余裕で入るようになり、などと多くのメリットをひとり感じることができるようになりました。ところが関西の人は、見た目が変わったことをネタにするひとが少ないせいか、「やせた?」と聞いてくれる人がいませんでした。

このダイエット、ひとりジョーズだからこそできたと思いますが、大切なのは基本的なルールへの理解と、自分の日常をそんなに変えなくても大丈夫という安心感です。何かモノを買わなくてはいけない、ということではないため、余計なコストも一切かかっていません。自分の生活リズムに合わせて、できることからコツコツと、やっていくことが大事だということですね。





このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

鈴鹿サーキットで耐久レースを観戦

2005/05/15
友人のレーサーが1年半以上のブランクの末に、耐久レースに参加するということで行ってみました。F1が行われる、日本で数少ない国際級のレース場...の割には野ざらし感がありました。

難波から名古屋行きの近鉄特急で一本、1時間40分で、最寄駅の白子(しろこ)駅に着きます。ここからバスで15分、タクシーで2000円。到着すると、目の前には大勢のカメラ小僧が! 人だかりの中心には、ニッコリと微笑むレースクイーンの姿。この日は、あの有名な元イエローキャブ社長の野田氏が来ていたこともあって、レースクイーンもアピールに必死だったかも。

ピットに入れるチケットを入手していたので、レース前の空気を肌で味わうことができました。自分には緊張感よりも、リラックスした空気を強く感じました。逆にこの段階で緊迫感があるとダメなのかもしれません。ピットの外では、レースクイーンを囲む小僧の山。

レース開始1時間半前に、ピットウォークといって、ピットの前に車とレーサーとレースクイーンが並んで、ファンの撮影に応じたり、一言二言話をしたり、というふれあいの時間が40分ほどありました。タレントさんが出ていたり、女優さんが監督をしていたり、チームもいろいろです。この耐久レースは5つの違うクラスの車が「せーの、ドン」で走るので、いろんなタイプの車を間近で見ることもできます。

ここでも8割以上の客はカメラ小僧。レースクイーンの撮影会になっていました。メイドの格好をしたアキバ系から、おなじみのハイレグ、民族衣装っぽいものなど、よりどりみどり。中でも韓国のレースクイーンが黒髪でひときわ美しかったです。それにしても、小僧は何人いるんだろう。派手な女と地味な男が織りなす奇妙な利害の一致。ここから何かが生まれるとは思えないんですが、現代社会科見学としては一見の価値あり。


さあ、レースが始まります。知人が乗っている車があると、応援にも力が入ります。ただ客観的に観戦するよりも、スタート前の緊張感を共有することができます。

レース観戦はすごく歩きます。普通の野球場の一塁側スタンドくらいのメインスタンドがあって、そこを離れて第一コーナーの手前まで徒歩5分以上かかります。レース場を一周するには、1時間以上歩かなくてはいけないわけです。あれだけ速いスピードで走っているわけですから当然といえば当然ですが、普段テレビでしか見ていないもので、この距離感には参ります。メインスタンドでレースの動向を見てから、車のスピードが最も出る第一コーナーの手前へ行くという観戦になりました。

メインスタンドの裏には特設ステージがあって、レースクイーンが入れ替わり立ち替わり踊ったり歌ったりトークをしたりと、ショータイムを披露していました。ここにもたくさんの小僧。こら、少しはレースを見なさい。


耐久レースは先頭の車が82周を走ったところで終了します。所要3時間半ほどかかります。スタートはメインスタンドで観戦。途中、第一コーナーなどで250キロ近いスピードを実感。メインスタンドに聞こえる実況は、とくににぎやか。聞いているとルールをわかりやすく解説してくれていることがわかります。ただ、時々ジャブのように入るダジャレが安っぽくて寒い。

レースを見に来て印象に残るのは、エンジンの爆音。地響きのようなすんごい音がします。防音とか、燃費とか考えなくていいですからねえ。とにかくメカニックのルールのなかで、最も速く走れるように改造するわけです。心の準備ができているせいか、暴走族のような不快感を感じませんでした。観戦中は、隣の人と話をするときも耳に向かってゆっくり大きく話さないと、聞こえません。

結局、友人は2周まわったところでエンジン故障でリタイアしてしまいました。これからだというのに残念でした。耐久レースというだけあって、故障やクラッシュ、運転ミスなど、いろんなことが起こりますが、とにかく完走することが大事だということが、ビギナーにも伝わるレースでした。


スタート前のドキドキ感や、小僧とレースクイーンの関係など、レースを見に行くのは面白いんですが、できれば(1)歌舞伎のイヤホンガイドのように解説音声をラジオで聴けるような仕掛けがあると、レース全般の状況がわかるようになる(2)メインスタンドにすら屋根がない、という野ざらし感を改善すべし。レース場はアスファルトの照り返しもきついので、日陰がないと女の子をデートで連れていきにくいです。あと、(3)レーサーが味わう極限の世界の一端を、どこかで体験できるコーナーがあると面白さがアップする。

日本は自動車メーカーのひしめく自動車大国なのに、モータースポーツがメジャーにならないのは、レースにお金を突っ込むだけの貴族がいないことと、モータースポーツに対する理解が進まないこと、またその楽しさを享受できる環境ができていないことが大きいですね。でも、その楽しさって、テレビでは伝えにくいことが多いんです。見に行くときは、ひいきのドライバーやチーム、かわいいレースクイーンでもいいから、どこかに肩入れする方が面白いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

阪神ー巨人@甲子園

2005/04/13
阪神タイガースは間違いなく関西最強のブランド。その本拠地・甲子園のボックスシートで、ライバル・巨人との「伝統の一戦」を観戦することができました。平日の夜に4万7千人もの観客が入るイベントなんて、ここ関西ではこれ以外に考えられません。確かに、見に来たいと思わせる面白さが、そこにはありました。

試合開始の90分前に、職場の同僚がいきなり「阪神ー巨人のチケットがあるんですけど、誰かもらってくれませんか?」と宣言。ここはひとりジョーズの面目躍如のとき。ひとりでも行きまっせ!とばかりに
チケットをかっさらい、終業時刻と同時に球場へ向かいました。

梅田から阪神電車に乗って甲子園へ。阪神電車に乗るのは初めてだったので、印象について記しておくと、東京の私鉄よりも広告が少ないです。天井の角は広告枠すらありませんでした。スッキリしたもんです。車窓風景についてですが、阪神工業地帯の工場と、住宅や小さなビルが密集しているのが見えます。電車は高架を走るわけですが、その眺めは東急田園都市線ではなく、京浜急行や京成電鉄によく似ていました。甲子園に着くと、電車は両側の扉が開きます。球場に行く人と、それ以外の人で降りるホームが違うわけです。試合が始まって40分以上が経過していましたが、結構な人数が降りてきました。

球場までは歩いてすぐ。この利便性は鉄道会社が球団経営をすることによってファンが享受できるメリットですね。あの有名な、蔦の絡まる壁が観客を迎えます。これは他の球団にはない趣があります。シカゴ・カブスのリグレーフィールドと同じように、守るべき伝統がある、という感じですね。

きょうの席は一塁側ボックスシート。ベンチ横のカメラマン席のすぐ後ろ、2列目という絶好のポジション。先発投手が味方の攻撃終了を前にキャッチボールをしている、そのすぐ近くです。テレビ中継で背景にぼんやり映っていたかもしれません。そんなポジショニングですが、チケットの券面には「2段」と書いてありました。細かいことですが、東京と大阪では表記の仕方が違うことはよくありますが、これもそのひとつ。

井川投手@阪神ー巨人

目の前に広がる土のグラウンド、まさにフィールド・オブ・ドリームのような美しさです。ドーム球場も整っていてきれいなんですが、どうしても人工的に見えてしまうんですよね。雨天中止があると、観客やテレビ中継の予定がおかしくなるのかもしれませんが、この美しさは不便さを乗り越えて守るべきもののように思います。野球というスポーツがもつ素朴さが伝わってきます。

スタンドには大小さまざまなメガホンを持ったファンがいますが、これが老若男女関係なく、それぞれのスタイルで応援しています。観客の9割以上が阪神ファンではないかと思えますが、球場が一体となって、メガホンを叩く様子は圧巻です。味方がヒットを打ったときに、あのメガホンのポンポンという音が、地鳴りに近い音に化けるんです。

ファンのリアクションは、均一な部分とバラバラな部分があって、メガホンは均一なほう。ビーンボールを投げられると、選手の代わりに「オラオラーッ」と柄の悪いオッサンが罵声を浴びせてくれます。他球場でも起こる現象ですが、甲子園は層の厚さが違います。ドスが利いてます。ベンチを出て行く選手に向かうかけ声はいろいろあって、「フジモトさん、かっこいいー!頑張って!」という黄色い声や、「マコちゃん(今岡選手の名前をもじって)!」と馴れ馴れしく呼ぶ酔っぱらい、「コラッ!井川!しっかりせんかい」とストレス解消を兼ねて叱咤激励をとばすサラリーマン。共通して言えるのは、阪神の選手に対する深い愛情です。ビジネスライクな巨人と違って、失敗しても暖かい感じがしました。

ちょっと試合展開がゆるくなると、観客はいろんなものにツッコミを入れ始めます。阪神に不利な審判の判定に「あれは巨人からワイロもろとんのや」「おう、昨日もそうやった」とか、巨人のリリーフ投手のウォームアップに「なんや、あれ。ロボットみたいやな」とか。あとはホームレスっぽいおっちゃんがいきなり空いた席に座ってきたり、グローブを持った子供がファウルボールを取ろうと前に走ってきたり。

壮観だったのは7回裏の攻撃前に飛ぶロケット風船。7回表のワンアウト後から、みんな膨らましはじめます。球場全体が風船で覆われはじめるんですが、風船がおさえきれずにヒューッと先走りして飛んでいってしまったり、空気を入れすぎて割れてしまったりと騒々しくなって、ビジターの選手も「あ、ここは塁に出て伸ばしてはいけない」と思わせる効果があります。甲子園のビジターの7回の得点率って低いんじゃないかな? ロケット風船3万から4万個も並ぶとすごいです。ムーミン谷のにょろにょろか、おびただしい数のコンドームの山か、小腸の柔突起か、何に例えたらいいんだろう。音楽が終わって、一斉にヒューッと飛んでいくのを見るのは、気分が高揚します。

試合の方は、1点をめぐる緊迫した攻防で、結局4−2で巨人が勝ちました。さえないリリーフ陣が踏ん張りました。というか、きょうは寒くて阪神のバッターの振りが鈍かったように見えました。阪神が勝って、ファンが無邪気に喜んで六甲おろしを歌う様子を見たかったのですが、次回におあずけです。

タイガースのファン層の厚さやチームに対する愛情の深さは相当なものがあり、甲子園に来ればそれを味わうことができます。巨人がふるわない今となっては、プロ野球を支える大きな柱になるのかもしれません。メジャーリーグとは違う、きわめて日本的な野球の楽しみ方が、ここには凝縮されていました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

丸かぶり@大阪天満宮

2005/02/03
関西人はよくしゃべります。やかましいと言われてもしゃべります。そんな人たちが一斉に黙る瞬間…それが節分の日にやってくるのです。

丸かぶりとは、節分の日に、その年の(陰陽道で決められる)吉の方角に向かって、願い事を心の中で唱えながら、太巻きを無言でかぶりつくことを言います。巻きずしなのは、福を巻き込むからで、無言で食べるのはしゃべると福が逃げてしまうためなんだそうです。

この日、大阪天満宮では、1000本の巻きずしが配られて、一斉の合図でみんなが黙々と食べていったそうです。僕が現地に着いたときは、残念ながらみんな食べ終わったあとでした。

いろんなところで売られていますが、太巻きがすんごい太いんですよ。直径3センチ、長さ15センチくらいはあって、一本食べるとそれだけでコンビニのおにぎり3個分には相当するくらいです。これを無言でひたすら食べるのは、のども詰まるし、結構大変です。

丸かぶりの太巻き

映像的にみれば、老若男女が同じ方向を向いて、大きな口を開けて巻きずしを食べているさまは、かなりシュールです。ましてや、沈黙は罪とばかりによくしゃべる関西人は多いですから、無言で太巻きを食べる瞬間というのは、年に一度の珍しい静寂だと言えるでしょう。

そもそも、この丸かぶり、27年前に海苔業界が主催したイベントがウケて広がったということです。それもそのはず、大阪天満宮には、ハッピを着た海苔業界の人たちがたくさんいて、10枚150円という海苔の大バーゲンセールをしていました。

▽バレンタインデーと同じように、業界主導でイベントが定着することは、非常に日本的なような気がします。コンビニで巻きずしの予約販売が展開されたことで、このシュールな習慣も、全国化するのかもしれませんね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT