皇室の名宝展(1期)@東京国立博物館

2009/10/06
「皇室の名宝展」は天皇陛下の即位20年と結婚50年を祝して開かれています。1期と2期で展示物がそっくり入れ替わります。お目当ては、1期に展示される伊藤若冲「動植栽絵」30幅。動植栽絵は相国寺の承天閣美術館でお目にかかって以来ですが、当時の人気ぶり、それに展示期間(1ヶ月弱)の短さを考えると、混雑は必至。都合がつく序盤の平日に行くのが一番いいと思いました。台風が近づく中、初日に行きました。

皇室の名宝展@東京国立博物館


午後2時30分ごろ、上野の国立博物館平成館に行ってみると、長蛇の列ができているわけでもなく、かと言ってガラガラというわけでもなく、という混み具合でした。中に入って、まず最初の展示が海北友松や狩野永徳のダイナミックな屏風。唐獅子図屏風は狩野永徳展以来です。

次の部屋に、伊藤若冲の「動植栽絵」30幅がずらっと並んでいました。広い空間に壮観です。ディテールまで細かく描かれ、色彩は鮮やか。動物や鳥、虫の目の表現がコミカル。どの作品も魅力的でした。

さらに、円山応挙「旭日猛虎図」や酒井抱一「花鳥十二ヶ月図」、葛飾北斎の「西瓜図」も素晴らしい! さすが皇室コレクション。江戸時代の名画がインデックスのように出てきます。これだけの絵が、大きく2か所に分けられた展示スペースの前半に集中しています。前半を観ただけでヘトヘト。

後半は、横山大観などの近代の名画。明治以降は帝室技芸員に選ばれた画家が、天皇陛下のために描いた作品が多くなります。七宝焼のコレクションが印象に残りました。

さすがに皇室の名宝なので、世相を皮肉ったような作品はひとつもありませんが、展覧会は江戸中期から昭和初期までの、日本美術のダイジェストのようです。会期が短いのが実に残念!おそらく会期末には大混雑となるでしょう。

ちなみに、午後4時、若冲の「動植栽絵」30幅を再度見に行ったところ、ガラガラでした。天気の悪い平日の閉館1時間前、オススメです!
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

米軍敷地内にあるゴルフコース@多摩ヒルズGC

2009/09/08
東京・多摩市に、一般ゴルファーでは予約ができないゴルフ場があります。その名は多摩ヒルズ。米軍基地のなかにあり、駐在するアメリカ軍の兵士とその家族が楽しむためのコースです。今回、友人のお誘い(チャリティーゴルフ会)で、その中に入ることができました。

多摩ヒルズ


午前7時の集合時間に合わせて向かいましたが、都心から1時間もかからない近さ。便利です。米軍の敷地に入るので、身分証明のためパスポートを持って行く必要があります。

練習場もあります。クラブハウスについたショップで1ドル!を支払えばOK。ドルのないひとは200円でした。もうちょっと実勢レートを反映してほしいものですが...でも安い! 近くにアプローチ練習ができる場所もありました。

ルールもユニークです。日本の一般的なコースでは1番ホールか10番ホールからスタートして、9ホールまわったところで休憩をとりますが、ここでは欧米で一般的な、18ホール通しで回ります。スタートは18ホールそれぞれに1組ずつがまわって、同時にプレーが始まる「ショットガンスタート」。プレーが遅いと全体に迷惑がかかってしまいます。

コース自体は長いとか、イギリスのように深いバンカーやラフがあるわけではなく、日本のコースだなという感じでした。カートにGPSがついていて、グリーンまでの距離が出ていたのと、そのカートにスコアが記入できました。どこかボウリングみたいな感じ。

18ホールスルーなので、お昼にはプレーが終わります。食事がこれまたアメリカン。名物のステーキです。草履みたいに平たくて大きいです。
多摩ヒルズのステーキ


お土産にたんまりとミネラルウォーターのボトルをいただきました。日によっては缶ビール1ケースということもあるようです。とにかく単位が豪快。カルフールみたい。

汗を流すためにお風呂にゆっくり入りたいところですが、あるのはシャワールームだけ。そこがちょっと残念。帰りがけに近くの温泉施設に寄ることにしました。

日本のオッサンたちによって整備されたゴルフ場とは違う、アメリカンスタイル。ゴルフ自体はそんなに変わりませんが、ちょっとした習慣の違いで、すごく新鮮に感じました。ただ、このコースって、日本の思いやり予算で運営されているんだよなぁ...
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ねぶたまつり@青森

2009/08/03
去年のリーマンショック以来の不況をうけて、今年の夏祭りにやってくる観光客の数が減っているという記事を読みました。地方で行われるお祭りは観覧席やグッズの収入によって運営が支えられているところが多く、祭り好きとしては気がかりです。

とは言え、普段なかなか行けないお祭りに行くには、この状況は自分にとっては絶好のチャンス!ということで、東北3大夏祭りのうちの2つに行くことにしました。

青森ねぶた準備風景1


この日、向かったのは、青森のねぶたまつり。客が減っているとは言え、なかなかホテルが予約できません。ようやく予約サイトでラスト一室でおさえたビジネスホテルは、シングル1室1万円を超えていました。ちなみに平時は1室4000円。まさにお祭り料金です。ホテルにとっては稼ぎ時ですから、仕方ないんですけどね...

当日、祭りの開始時間に間に合うように、青森に到着しました。大きなねぶたが通る場所は青森駅前から徒歩5〜10分程度のところにありました。開始2時間以上前から場所取りをしている熱心なお客さんも少なからずいました。その脇を売り子さんがお土産の鈴を響かせながら通り過ぎていきます。
青森ねぶたのお土産の鈴


メインストリートのわき道には、ねぶたがスタンバイ状態で置かれ、近くで太鼓演奏が続いていました。太鼓演奏のばちが長いのが特徴的です。
青森ねぶた準備風景2



午後7時、ねぶたがメインストリートに現れ、打ち上げ花火を合図に一斉にパレードが始まります。参加団体は、大まかに、囃子方・ハネト(踊り子)・ねぶたの三要素で構成されています。大きなねぶたは地元の有力企業が運営したり、スポンサーになったりしているようで、企業ロゴが大きく入ったものが多く、それぞれが地元での存在感をアピールしていました。
青森ねぶた1


小さなねぶたは町や学校単位で運営されていることが多かったです。小さいといっても、迫力はしっかりとありました。
青森ねぶた2


囃子方はいくつも並んだ太鼓とその後ろの笛が中心です。
青森ねぶた囃子方1


青森ねぶた囃子方2


ハネトは「ラッセラー、ラッセラー」という掛け声をかけながら、片足で跳ねるように踊ります。これがねぶたの特徴です。
青森ねぶたハネト


そして、ねぶた。最も大きなもので、幅9m、奥行7m、高さ5mという規定があるそうです。戦国武将や、大河ドラマの登場人物、中国の伝説上の人物などをモチーフにしていました。
青森ねぶた3


ねぶたは当初、灯篭だったのが、昭和30年代に革命が起こって、骨組みが竹から針金に、内側の明かりがろうそくから蛍光灯に変わったそうです。蛍光灯でも、和紙を通してみると、光にやさしさが入るように感じました。
青森ねぶた4


ねぶたの行進は、21時20分頃まで続きました。
青森ねぶた5


交通規制が解除されると、祭の華やぎがスッと消えて、あっという間に静かな街に戻りました。

この夜、登場したねぶたは、合計22台。夜の街をのっそりと進む姿は幻想的で、近くで見るとその大きさに圧倒されました。気温も20度と涼しく、コンディションがとてもよかったです。今度は五所川原の巨大なねぷたに行ってみたいと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

牧歌的!山の辺の道ウォーク

2009/06/21
天理から、石上神宮を通って桜井市の大神神社に至る道は「山の辺の道」と言って、日本最古の道と言われています。およそ15kmの道には、古墳群や古刹、農地などが並び、昔からそれほど変わらぬ景色を楽しむことができます。

山の辺の道11遠景


石上神宮への参拝が想像よりもすぐに終わったことで、すぐに帰宅するのは惜しいと感じました。この日の天気予報は午後から雨でしたが、空を見上げると薄曇り。手元には天理駅でピックアップした「山の辺の道」の地図。天気予報を気にしておそらく誰も歩いていないであろうという予感もあって、行けるところまで歩いてみようと思い立ちました。

午後1時10分すぎ、石上神宮を出発しました。
山の辺の道1石上神宮


道端には歌碑があります。山の辺の道は、万葉集ゆかりの地であることがよくわかります。
山の辺の道2歌碑


農地の間を歩くところも。
山の辺の道3農地


やがて、夜都伎(よとぎ)神社に着きます。常駐の神職がいるわけではなく、ひっそりとしていました。
山の辺の道4夜都伎神社


全行程中、最も華やかだったところが、こちら。
山の辺の道5沿道の花


途中、山の辺の道を外れて、大和(おおやまと)神社へ行きました。692年、持統天皇が藤原京造営のときに、伊勢・住吉・紀伊の神とともに、伺いを立てたという、国家との関わりの深い神社です。参道からして立派な雰囲気。14時15分でした。
大和神社参道


こちらは、大和神社の拝殿。
大和神社拝殿


山の辺の道に戻ると、ここからは古墳が現れるようになりました。古墳の群集地帯らしく、緑が生い茂ってこんもりと小高い山はことごとく古墳でした。これは衾田(ふすまだ)陵。全長230mの前方後円墳です。
山の辺の道6衾田陵正面


山の辺の道7衾田陵


こちらは、燈籠山古墳。
山の辺の道8燈籠山古墳


つづいて、長岳寺(ちょうがくじ)。824年に創建された古刹で、平安初期に作られた鐘楼門は、重要文化財に指定されています。15時33分到着。
山の辺の道9長岳寺鐘楼門


これは長岳寺本堂
山の辺の道10長岳寺本堂


ラストスパートは、古墳ラッシュです、

まずは崇神天皇陵。
山の辺の道12崇神天皇陵


景行天皇陵。よくこれだけ前方後円墳がきれいに集まったものです。
山の辺の道13景行天皇陵


額田王の歌碑。「三輪山を しかも隠すか 雲だにも 情あらなむ 隠さふべしや」と読みます。三輪山の美しさをたたえる歌です。
山の辺の道14額田王の歌碑


この先の道を最後に、山の辺の道ウォークを終了しました。16時46分。最後は、足が結構しんどくなりました。天気予報では雨でしたが、幸運なことに最後には晴れ間さえ見えました。

山の辺の道は、文字通り山のすそを歩く道で、緑の中やアスファルト、古刹に古墳と、バリエーション豊かな景色を楽しみながらも、どこか牧歌的でした。古墳時代以降の時の流れに想いをはせて、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

山の辺の道15眺め

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

鶏は神の使者!?@奈良・石上神宮

2009/06/21
日本で最も古い神社のひとつと言われる、石上(いそのかみ)神宮。今まで行こうと思いながらも、なかなか機会がありませんでした。この神社のもつ歴史的な深みが感じられるのか、たまたま時間のできたこの日、行ってみることにしました。

石上神宮は天理駅から徒歩30分。公共交通機関を利用する場合、奈良交通のバスで「石上神宮前」で降りればいいわけですが、事前に調べてみたところ、日曜日に運行しているバス便は、なんとお昼の12時10分に出発する一本のみ! あと、楽をするなら、タクシーで行くしかありませんが、あえてバスの時間に合わせて向かいました。

バスを降りてから5分ほど歩いた鬱蒼とした森のなかに石上神宮はありました。雰囲気がありますね。
石上神宮1


上賀茂神社を狭くしたような境内に、鶏の鳴き声が響きます。春日大社にとっての鹿と同じように、神の使いとして放し飼いにされているようです。
石上神宮の鶏1


石上神宮の鶏2


こちらは楼門。国の重要文化財に指定されています。
石上神宮楼門


ここをくぐると、拝殿が現れます。拝殿の背後は禁足地になっていて、主祭神である神剣布都御魂(ふつのみたま)が埋められてきました。明治7年に、ご神体が掘り起こされて、大正2年に本殿が造営されました。ひっそりとした空気に包まれています。
石上神宮拝殿


楼門の正面の階段を上がると、摂社の出雲建雄神社の拝殿があります。これは今は廃寺となった内山永久寺の拝殿を大正3年に移築したもので、現在では国宝に指定されています。中央に一間の「馬道(めどう)」(=通路)を開く割拝殿の典型だということです。
出雲建雄神社拝殿


石上神宮は思ったよりも狭く、あっという間に廻ってしまいます。でも、豊かな緑に歴史を感じさせる社殿、神の使者として違和感なく歩き回る鶏...ユニークで厳かな雰囲気を感じることができました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
  HOME  NEXT